カテゴリー
ライフワーク

美学とは何か?

しいたけ占いが好きだ。
なぜなら文章がいいのです。
心に染み入る言葉は芸術的です。

占いが好きというと、「占いを信じていますか?」とか「占いって当たるのですか?」と聞かれることがあるのですが、どちらにも興味はありません。

信じていないし、吉凶を判別することに使いません。

占いってある意味でシンボリックなことです。
そのシンボルを読み解いて、自分の生活に当てはめるかが大事。

占いに書かれていることはキッカケに過ぎず、その後に自分の頭で考えることが100倍大切です。

今のあなたって「自分が感じる美学」を優先したほうがいい時期

しいたけ占い水瓶座

これを読んで、自分の美学って何だ?と思ったわけです。

感情から読み解いてみます。

受け入れることからすべてが始まります。事実を受け入れるのが一番難しい課題でもあります。ここで事実を認知できないと反感の世界が待ってネガティブになったり被害者になったりしてしまいます。まずは事実を受け入れること。

事実を受け入れたら、未来に対して行動することです。それが意欲。自分が思い描く理想の未来が自分だけの世界観です。自分の世界観でしか描けないのが未来だし、そのプロセスも自分の世界観が反映されます。未来に対して行動するぞと決めることが大切。

決めることができたら、好奇心を発揮すること。自分がワクワクすることを探すこと。好奇心が自分を運んでいってくれることを知っているから。好奇心が行動の原点になります。

好奇心を持ったらやってみること。自分が体験しないことはわかりません。頭で想像するだけでは片手落ちなのです。好奇心を持ってやってみたら、ワクワクするのか。激しいワクワクも大事だけれど、静かなワクワクを感じられるかも大切なポイントです。喜びの方向を見ていたいのです。

体験をするから自信がつきます。経験が自信へとつながります。成功するとか失敗するとかは判断にすぎません。それに一喜一憂するよりも、チャレンジしたことを褒めるべきです。経験がないから失敗もするのです。失敗の積み重ねも成功につながります。わざと失敗することには意味がありません。全力を尽くして失敗するからこそ価値があるのです。

周りの人たちとは対等性が重要です。誰かが誰かの権威者になることは危険なことです。なぜなら自分の頭で考えなくなるから。誰かに何かに自分の権威を明け渡すことほど危険なことはない。でも、ここは甘美な世界でもある。考えることを放棄したら楽になるからだ。自分を生きるというという文脈では対等性は重要。対等な人間関係ほど難しいテーマはないかもしれない。

自分と調和し、周りの人たちとも調和し、社会とも調和すること。自分らしくいるということは破壊することはないのです。自分の個性を才能として認めて天才性まで育てること。天才性とは社会に役立つ資質です。無人島に1人でいるなら才能なんてありません。社会的になった時に初めて才能が活用されることになるのです。人は皆違うので、才能を活かしあうことができる社会を作ることが大切。

自分自身の心の声を聞いて、自分自身と一体感を感じること。これがズレていると最初からやり直しになる場合もあります。ズレていることに気づくことが始まりであり、自分と分離していることを感じられるからこそ、自分と一体になれます。

最後とは自分で選ぶこと。自分の頭で考えて、自分の意思で選ぶのです。選べない時に人は不幸を感じます。誰かの選択に従わなければならない時は、自分らしさはどこかに消えています。自分の選択を尊重して、相手の選択も尊重すること。正解はどこにもありません。自分だけの正解を見つけるために選択を続けることが大事になります。

これを一言でまとめるならば、自分の心の声を常に聞いて、その声のするほうへ歩いていくこと。

自分を信じることができる仲間を集めること。対等な関係性を作れる仲間を作ること。

時代の空気を読み、自分の才能を社会に分かち合うことを考えること。そして行動しつつ修正していくこと。居場所は必ずあると信じること。

一言ではまとまりませんね(笑)

美学とは自分へのこだわり。

カッコいい自分を選ぼう。

■新サービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com

フリースタイル
■自分らしく好きなことを仕事にするワークショップ
https://www.asobilife.com
■個人セッションのページ
https://www.yoriyoku.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください