美輪さんと江原さんの鑑定のシーンみたい

・かおよみ、やってもらいました。まず、単純に面白かったです!それはお二人で診断されること。自分の顔を見られながら、二人が「○○だよね」「そうだね」なんて話をしてるのを見るのは面白い経験でした。これ、何かに似てるな~と思ってたら、そうだ、オーラの泉だ!美輪さんと江原さんの鑑定のシーンみたいと思いました(笑)。

指摘していただいた特徴
・実際に話してる印象よりしっかりしている、力強い。
・エネルギーを出したい、自動的に出してしまう。
・ダイナミック、エネルギッシュ。
・男性性の部分がある。

等、自分でも意外!な部分がたくさん指摘をもらいました。職場でも、友人関係でも真逆の、やさしい、物わかりいいキャラで売っていたので(笑)。でも、言いたいことを我慢することってかなり自分の中でモヤモヤすることでもあって、自分に合ってなかったんだな、と実感できました。

鑑定のために普段している眼鏡をはずしていたのですが、眼鏡外した方がいいよ!と言ってもらって、ええ!と驚きの提案でした。眼鏡がないと、見慣れていないためか違和感があったのですが、でも、いいかもと思い始めてます、、、。外してコンタクトにしてみたら何か変わるかも?とワクワクしています。

他には、アイデアを具体的に実現していく部分がある。それがつまるとストレスに変わる。どんどん行動に移していこうと思いました。あと、最近Facebookで考えたことを書いたりしますが、それは良いことなんだな、あってるんだなと分かりました。

逆に、慎重さゼロ。完璧主義の要素なし、と言われてあれ~!?とビックリしました。慎重で、信頼感ある感じだと自分では思っていたので。でも確かに、すごく気をつかって失敗をしないようにしていて、、面倒臭いのを頑張ってやっていることではあったので、そうか、向いていないことなのか~と実感しました。結構、文章とかも推敲したり、手直ししたりするのですが、それはもしかしたら自分の特徴というよりは、人にどう思われるかが怖くてやっていることなのかも。それをブロックを外して思うままに書いてみたら面白くなるかもしれません。

あと、鑑定中に、「自分の仕事である介護現場で認知症の方へのコミュニケーション能力は天才的なので、、、」とつい、口走ってしまい、ありゃ恥ずかしい、と思いましたが実際思っていることなので、こういうことをガンガン言ってみたらいいのかもと思いました。謙遜とか、遠慮とかで隠していたんだな~それはどうしてなんだろうな、という視点も生まれました。そういう職場での「天才的な」コミュニケーションを他の分野でも応用してみようと思います。

あとは自分のライフワークで行っている「介護にかかわる人のための演劇ワークショップ」。自分主催で立ち上げて継続しているのですが、それはアウトプットの場として、大事なものだと改めて気づけました。そこでどんどん実験して、失敗してやらかしていきたいと思います。

あと、感想としては、たくさんの有益な情報が飛び交ってメモするのが(ありがたいことに)大変だったので、項目にわけてもらうと聞きやすいかもしれないな、と思いました。(例えば、全体としては、、、一番特徴的なのは、、、苦手なことは、、みたいなイメージ)

長くなりましたが感想は以上です。どうもありがとうございました。

TYさん 介護士

顔読みの感想をいただきました。
嬉しいです。

早速、顔読みの時にアドバイスされた「人にどう思われるか恐くて慎重で完璧主義になっていた」心理ブロックは外し、本来持っていた才能を活かしていますね。文章に勢いがあります。すぐに動く才能を発揮されていますね。

いただいたフィードバックは次の人たちに生かしていきます。
ありがとうございました。

■新サービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com

フリースタイル
■好きなことを仕事にするワークショップ
https://www.asobilife.com
■個人セッションのページ
https://www.yoriyoku.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください