因果の法則を疑ってみるのもいい

原因があって、結果がある。それを因果の法則という。

人はシンプルなことで理解したい生き物。

脳は省エネを好むので、物事を単純に捉えたいという性質を持っているのだ。

今起きている出来事も、何か原因があった結果だと思っている。

逆に、これをやれば、こんな結果が未来が手に入るだろうと思って行動する。
この原因を作れば、あの結果が手に入るはずだと思っている。
学習経験もあってそれはどんどん強化されていく。

動物の中で人間だけが時間の感覚を持っているらしい。
それは記憶があるから。

これで何が起きるかといえば、科学のような法則性を見つけていくのだ。

科学と対局である文学でさえ、物語という法則性を見つけたがるのが人間だ。

で、実世界はどうかというと、単純化できないことでいっぱいだ。

本当にそれが原因なのか疑わしい。
実際には原因はたくさんあるから。

たくさんの原因が複雑にからみあって結果を得ている。
複雑系なんて新しい学問もあるからね。

風が吹けば桶屋が儲かるという因果の法則だよね。
これが本当ならみんな桶屋になればいいけれど、
実際にはそうならないよね。

何がいいたいかというと、
物事に理由づけをしなくていいということ。
過去の経験を言い訳にしなくていいということ。
未来に叶えたいことがあるなら、それに向かって思いついたことはすべてやること。

過去も未来も幻想であり、今しかないこと。
今を思う存分に楽しめばいいということ。

過去を悔やまず、未来におびえず、今日・明日を生きればいい。

因果にとらわれていると、過去は変えられないし、未来も変えられないという罠に陥ってしまいます。
先祖のことなんか関係ないし、子孫に責任を感じなくてもいいのです。
すべて自分だけの問題しかないし、自分だけを幸せにすればいいのです。

法則としてはシンプルです。

人は法則性を求めてしまうね(笑)

■新サービス「才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com

フリースタイル
■好きなことを仕事にするワークショップ
https://www.asobilife.com
■個人セッションのページ
https://www.yoriyoku.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください