自分に正直に

「自分の好きなことがわからない」

というテーマでセッションを受けに来られる方がいます。

こういうテーマの人は良い人が多いです。

この良いというのは他人にとって良いという意味です。

 

メンタルトレーナーの上田正敏です。

他人に良い人だと思われるためには嘘が必要です。

本音は違っても相手に合わせて自分の意見を変えてしまいます。

それを続けていると自分が何が好きだか、自分が何を思っているのかわからなくなります。

誰かの期待に沿って生きていると自分を見失うのです。

 

自分に正直になるというのが解決策です。

でもね、これに気づいていない場合が多いのです。

言葉で説明してもわかる場合もあるんだけれど、腹に落ちて納得するまではいかないのです。

僕としては説得しても意味がないことは知っていますので、それをやってしまえば僕の期待に答える人になっちゃいますから、説得はしません。

 

自分に正直になるとは、自分と向き合うことです。

誰か他者の期待に応えることを認めて、ある意味で裏切る必要があります。

相手の期待に応えて自分を裏切り続けるのか、相手の期待に応えず自分に正直に生きるのかは、本人の選択になります。

どちらでもいいのです。

自分らしく生きたいのであれば、答えはおのずと見えてきます。

 

セッションでは自分と向き合いしやすくするために、テーマにまつわるストレスを解放していきます。

このプロセスは千差万別。なので言葉で書くとすると、人によって違いますよ、ということ。

過去に自分に正直になることを辞めて、誰かの助けようとしたことがあるのかもしれません。

誰かの期待に応えなくては、生きていけない環境に育っていたのかもしれません。

それから解放されるのです。

今この瞬間に変わることはできます。

 

自分を誤魔化すのは終わりです。

 

これ自分を誤魔化すために人はいろんなことをしているので、いわゆる苦手意識がなくなってしまうことがあるのです。

自分を誤魔化すために、自分の知覚をおかしくしてしまうことがあるのです。

目がよく見えるようになったり、耳が聞こえるようになったり、頭が混乱することがなくなったり、本を読めるようになったり、運動ができるようになったり、苦手意識がなくなったり、悪習慣がなくなったり、癖がなくなったり、様々な恩恵が訪れることがあります。

脳というのは自分の意識に最適化しようとしています。

つまり、脳も自分の味方になるし、体も自分の味方になってくれるのです。

体も変わることがあります。

自然とやせたり、不調がよくなったり。

 

自分に正直にいる。

 

これだけでいいのではないかと僕は思います。

自分に正直にいればゴキゲンになれます。

ゴキゲンでいれば周りの人もゴキゲンになります。

周りの人たちも正直になります。

お互いにコミュニケーションも円滑になります。

 

どれだけ自分に正直になれるかが幸せになるコツなんでしょうね。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です