自分を責める暇はない!

「なんで?できないのだ!」

「なぜ?失敗してしまったのか!」

「なんてダメな奴なんだ!」

と罪悪感から自分を責めることありませんか?

 

プロセラピストの上田正敏です。

罪悪感とは自分を責めるエネルギーを持っています。

自分には罪があり、自分は悪であると感じる感情が罪悪感。

他人から責められて感じる罪悪感もあれば、自分で自分を責める罪悪感もあります。

そして、罪悪感を感じたままで、ゲームオーバーになります。

 

罪悪感が好きな人はこれでいいでしょう。

ただ、罪悪感はひっくり返すことができます。

罪悪感の反対にある感情は、対等性です。

自分が劣っているのではなく、対等なのです。

いつでも対等なのです。

 

対等であるにはどうしたらいいのか?

それはダメな自分を受け入れることです。

 

罪悪感を感じている人は、自分を受け入れずに、ダメな自分を責めているのです。

 

こういう話をしているとポジティブシンキングですね。

と言われることがありますが、そんな楽チンな話ではありません。

ダメな自分を受け入れることは痛みを伴う場合があります。

自分を受け入れるとは、どんな自分であっても受け入れるということだから。

好きな自分は受け入れるけれど、嫌いな自分を受け入れないということではないのです。

どんな自分も受け入れることが大切なのです。

 

ダメな自分を受け入れたら、ダメじゃなくなるように動けばいいのです。

もしくは、あきらめるという技もありますが。

 

ダメだから上手くなりたがるのは、本能的な欲求です。

そして、上達すると喜びに変わるように人はできているのです。

それが特に自分が好きなことだったら尚更ですね。

 

ダメな自分を受け入れること。

それは、自分を責めるよりも大事なことなのです。

 

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です