予防医療セラピストへの道(会社員編)

山本涼子(28歳 会社員)

事務職員として就職してから仕事が忙しくいつも肩こりで悩まされていた。

近所のマッサージに行ったら次の日から体が軽くなり、これは面白いとマッサージ店のスクールに通いだした。

最初は受講生同士で痛みをとるのが面白かったのですが、痛みをとってもまた痛みだし、また痛みをとっても痛みだしというのを繰り返しているのにうんざりしてきた。

なぜなら、これって治ってないということでしょ。

こんなことに意味があるのかと。インターネットで検索をしていると予防医療という言葉を見つけてナチュラルメディカルカレッジのサイトを見た。

骨格?筋肉?筋膜?食事?運動?東洋医学?カイロプラクティック?統合医療?知らない言葉がたくさん並んでいた。

しかも学長は医師免許を持っているわけでもないのに、医師や歯科医がスクールに通っているという。

これはどういうことだとカレッジの体験会に行きスクールに申し込んだ。

知らない知識を学ぶことで体の理解が深まり、新しい技術を学ぶことで人の体が変わるのを体験するのは目からウロコが落ちるかのようだ。

「えっ?体って不思議!」
「普通のマッサージよりも効くよ」
「プロになっちゃえば!」

カレッジで学んだことを体験で友人に練習をさせてもらった感想が嬉しい。

どうしたら自分らしく仕事にできるだろう?

と思っていたら起業のためのコンサルティングをしてくれるという。

好きなことをしようというコンセプトに共感し、ワクワクしながら起業の準備をしています。

場所も貸してくれて、起業へのイメージもでき、どんな道具が必要か最低限のことも教えてくれる。

今度は会社を辞めて新潟に研修に行く。

その後の開業へのステップも明確だし、協力してくれる仲間もいるので安心だ。

 

ナチュラルメディカルカレッジのビジョンストーリーです。

多くの受講者さんの体験を集めて作成しました。

 

受講生募集中です。予防医療セラピストの育成をしています。

ナチュラルメディカルカレッジ(東京・大阪・広島・新潟)
http://www.naturalmedical.org


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください