量子医療が当たり前になる?

週末に量子キネシオロジー講座を開催します。

少数開催になりますので、臨床を中心にセッションをしながら解説する贅沢な講座にする予定です。

意識が覚醒するようなそんな講座になる予定です。

 

プロセラピストの上田正敏です。

量子力学の考え方を取り入れた医療が注目されています。

体と心はつながっているということです。

特に意志はどこから生まれるのか?

ここを解き明かす旅でもあるのではないかと思っています。

 

これで何が起きるかといえば、潜在的に持っている能力を100%にしようという試みでもあります。

医療に使えば自然治癒力の活性化になるし、仕事に使うとすれば才能を発揮するということになるし、応用範囲は広いです。

精神の世界がどのようになっているのか?

感情を超えてさらに奥の世界はどうなっているのか?

欲求はどこからやってくるのか?

意識はどこから生まれどこに消えていくのか?

生きる目的はあるのか?

そんなことがわかる2日間にしようと思っています。

 

今回はリクエストとして、エンドポイントの設定があります。

クライアントさんが望む未来を設定する方法。

体や心の痛みをとるのが目的ではないのです。

そこでセッションが終わるのではないのです。

その先に本当の答えがあるのです。

 

開催が楽しみです。

お席はありますので、興味がある方はどうぞ。

 

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:7月30日(土)31日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


身体性を高めるということ

意識はどこから来るのか?

頭が作っているのか、それとも体なのか?

科学的に答えは見つかっていない。

 

プロセラピストの上田正敏です。

科学的な答えって証明でしかありません。

それが事実なのか否かがわかるということなんです。

科学的な見解も科学が進化していけば解釈は変わっていきます。

科学がどうあろうが、今存在していることは存在しているのです。

もしかしたら気づいていないことなのかもしれないけれど。

 

意識はどこから来ているのか・・・

来年に頭と体を付け替える手術が行われるという話を聞きました。

頭を付け替えるのか、体を付け替えるのか・・・

技術的にはできるそうです。

 

頭にある脳をファースト・ブレイン、腸をセカンドブレインと呼んだりします。

皮膚をサード・ブレインと呼ぶ研究もありますが、脳と同じ外胚葉なので皮膚も考えてもなんら不思議はありません。

進化学を考えると腸が一番最初の生物の器官ですから、何か意思を持っている可能性は大きいでしょう。

 

僕らセラピストは伝統的な考え方や最新の科学まで幅広い知識を総動員しながらクライアントさんと対面するだけなんです。

向き合うことで答えが見つかっていきます。

シンプルなことです。

 

意識は未知な部分が多い。

だからこそ知りたいという欲求が起こるのです。

 
■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:7月30日(土)31日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


選挙は人を幸せにするのか?

東京では選挙が行われます。

いつも言われているのが投票率を上げようというキャンペーン。

僕も今までは投票率を上げることが大事だと思っていました。

 

それって本当?

 

プロセラピストの上田正敏です。

英国がEU離脱を決める国民投票の結果がでました。

人口が移民によって増えて、公共サービスが立ち行かなくなるということが起こっているらしいですね。

東京も参議院や都知事選が行われます。

名前を連呼する車が走りだすと選挙なんだなと。

小学校の時には手を振るのが楽しかったなとか思い出したり。

今では五月蝿いなぁと思ったり。

 

投票率をあげると社会が良くなって、幸せな社会になるのでしょうか?

そんな疑問を持つようになりました。

民主主義って本当にベストな制度なのか疑問に思っています。

ただ、地球上に存在した制度でベストなものは何かと問われれば民主主義なのかなと思ったりもするのです。

 

どうなんでしょうね?

 

社会がどうあれ、個人が幸せであることは、個人が責任を持たなければならないと僕は思っています。

心のあり方だけは自分が自分で決められる唯一のことです。

関係性の中で生まれることは、すべてを自分でコントロールすることはできません。

 

責任という言葉を使うならば、関わる人すべてに平等に責任があるのです。

夫婦関係なら2人、家族関係なら数人、ご近所の関係なら数十人、地域のことなら数百人、国家のことなら1億人、世界のことなら73億人。

地域や国家の辺りからイメージするのが難しくなっていきます。

自分のこと、夫婦のこと、家族のこと。

個人の責任は、このくらいでしょうね。

 

幸せはいつも自分で決める。

 

そうありたいと世界を見て思ったのでした。

外側の現実と内側の真実と。

 

自分が接している世界が現実なんだね。

それが人の数だけある。

 

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:7月30日(土)31日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


正しいことよりも楽しいことをしよう!

正しいことにこだわりを持ってきました。

自分の正しさにこだわり、他人の正しくないことを罰する。

この考え方は、どんどん自分を苦しめる。

うーん・・・若い頃の自分だ。

 

プロセラピストの上田正敏です。

他人が間違ったことをする。

ほれっみたことかと他人を責める。

自分は正しい、相手が間違っている。

みんなそう思っているだろう。だから責めてもいいんだ。

自分は正しいのだ。正義の味方なのだ!

 

これ本当にきびしい生き方なんですよね。

 

他人の間違いにきびしい人は、自分にもきびしいのです。

常に間違わないように全エネルギーを使っています。

他人を監視する以上に自分を監視して裁いています。

その裁きにちょっとでもかかると自分は有罪できびしく罰します。

 

他人にきびしくしている人は自分にきびしい人なんです。

そして、心の奥底で、誰かに罰せられるではないかと恐れを感じています。

自分が間違いにそれだけ責めるのだから、みんなもきびしく自分を責めるに違いない。

きびしい目で見られていると思っています。

 

常に誰かに見張られていると感じている人もいるくらい。

これをやっていると心が壊れます。

 

正しいことなんてありません。

 

時代が変われば、場所が変われば、人が変われば、正しさなんてものは変わります。

正しいってただの基準です。

誰かに定められたか、自分で定めたのか思い込みにしか過ぎません。

 

正しいの罠にはまっているひとの解決策は、正しさにこだわるよりも楽しさにこだわるのです。

頭で考えた思考ではなく、心で感じることに頼るのです。

思考は感情に潜在的に支配されています。

 

正しいは恐怖の感情に操られています。

もし恐れが楽しさに変わればどうなるでしょう?

 

正しいことよりも楽しいことをしたくなります。

自分が裁判官のように誰かを裁いたり、警察官のように正しさのパトロールをしなくてよくなるのです。

それだけのスペースが心に生まれたら・・・

あなたは何をやるのでしょうか?

 

そこに自由があるのです。

恐怖の感情が自由を奪います。

楽しい感情から行動したら世界は平和になるだろうな。

そんな世界を夢見て、実践していきます。

 

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:6月25日(土)26日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


言葉よりも顔は語る@顔学セミナー開催しました。

週末2日間かけて顔学セミナー開催ました。

2日間では語りきれないし、その時に集まった人にしか伝えられないことばかり。

そして、顔は深すぎる。

これをどう伝えるのかが課題です。

 

プロセラピストの上田正敏です。

顔学を極めると言葉という意識と顔という無意識の2つの情報が伝わってきて、その人すべてが伝わって来る感覚を味わいました。

 

言葉は嘘をつく。顔は真実を語る。

 

嘘をつくというよりも真実を語ることができない。

正確に自分が思っていることを言葉で伝えることはできません。

なぜなら、言葉の意味が使っている人たちすべて違うから。

ほとんどの人が辞書に使われている言葉の通りには使っていません。

自分が聞いたり話したりする中で言葉に対するイメージを膨らませていきます。

言葉はニュートラルなんだけど、そこに感情のポジティブやネガティブをのせています。

日本語といえども和文和訳が必要なくらい。

 

言葉は、その人の意識を作っています。

ところが、本音というか感情などの無意識の部分は顔が表現しています。

言葉よりも雄弁に語ります。

それは表情の部分もありますが、顔の形が無意識の振る舞いを語っています。

 

意図、言葉、振る舞い、行動、表情、身振り手振り・・・

その人そのまんまなんですね。

雑談のように聞こえるかもしれないことも、意図が含まれているし、言葉にしていないことを顔が雄弁に語っています。

僕があの場で話したことはすべて顔につながることだけなんです。

 

顔が語ってくれる、今の現状、才能、欠点、過去、未来・・・

すべてが見えたのです。

 

この感覚を伝えたいのです。

セラピストやカウンセラーとしても役立つし、コミュニケーション・スキルも上がります。

 

ストレスがあると、自由な振る舞いができずに、決まった振る舞いしかできなくなります。

これは防衛本能とも言えるし、自分を守るツールでもある。

キラーストレスという言葉もありますが、ストレスは悪いものではなく、外部からの刺激に過ぎない。

その刺激は常に受け続けているからこそ、人それぞれが持っている自動防衛反応をしているだけなんです。

人間は自発的に動いているイキモノだと思っているかもしれないけれど、本当は決まった反応することしかできないロボットのようなものなのかもしれません。

 

人間って顔や体の構造にどれだけ縛られているのだか。

だからこそ、そこから自由になった時に究極の幸せを感じるのでしょうね。

それは一瞬かもしれません。その感覚は永遠です。

ハレとケの関係なのかもしれませんね。

自発的な瞬間は必ずあるのです。

 

顔学。さらに理解を深めて表現していきます。

 

僕が提供しているサービスは深い人間理解のためなんだと再認識。

 

参加者の皆様ありがとうございました!

 

顔学セミナー

 

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:6月25日(土)26日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm

 


自分だけが苦労して、誰かがズルしている

世知辛い世の中の空気を作っている思い込みが

自分だけが苦労して、誰かがズルしている

ではないだろうか?

 

プロセラピストの上田正敏です。

嫉妬という感情は民主主義の生みの親だという説があります。

人間が進化の歴史の中で様々な感情を獲得してきました。

最初に恐怖が生まれ、怒りが生まれ、それから喜びが生まれたと言われいます。

これは人間が生き残るために獲得してきた機能です。

 

嫉妬は後のほうにできた感情です。

人間は群れで行動する動物。

お互いが協力するからこそここまで文明が発展してきたのです。

その中で嫉妬が生まれて、嫉妬をされないように群れの中で行動をするようになった。

一人勝ちの人間は排除され、仲間を大事にする人間が生き残ってきた。

 

今の時代の嫉妬の感情を言葉にすると

自分だけが苦労して、誰かがズルしている

という言葉に象徴されるのではないでしょうか。

 

自分が苦労しているのは、誰かのせいだ。

その誰かが見つかれば、ボコボコにしてもいいんだ。

 

これって本当にそうなんでしょうか?

イジメの構造とまるっきり同じです。

 

大人がイジメはダメだと言いますが、子供は嘘だというのを見抜いています。

だって実際にはイジメを大々的にやっていますから。

 

「あいつむかつくよな。」

「そうだよな。俺もそう思っていたんだよ。」

 

これどちらが問題だと思います?

前者?後者?

前者は、信念を持って「むかつく」と言っているなら問題ありません。

これはある意味でリーダーシップをとっています。

 

後者が問題なのです。

リーダーの言葉に反応して従っているんです。

そこには信念も何もない。気分です。

この気分で一緒にイジメに加担していくのです。

フォロワーですね。

このフォロワーは「自分だけが苦労して、誰かがズルしている」という空気が蔓延しているとすぐに火がつきます。

「俺も」「私も」「僕も」「うちも」「わしも」・・・

いわゆる炎上ですね。

この連鎖の輪が広がっていく。

 

「みんなが悪いと言っている奴のことは、ボコボコにしていいのだ。」

「私たちは我慢しているだから、得をしている人間を糾弾する権利があるのだ。」

「みんなが言っていることが正しいのだ。」

そんなことはないのです。

 

ついついとそれをしがちなんだけど、これを止めるのが知性です。

普段の感情の鬱積を他人を使って解消してはいけないのです。

 

これが昨日のブログでも書いた失敗を許さない社会につながっていきます。

この生贄にされるのを人は恐れます。

ズルをしたとかズルをしていないのかが問題ではありません。

ズルをしているんだと思われたらそれで終わりなんです。

 

もし、成功して妬まれたらどうしよう。

もし、失敗して笑われたらどうしよう。

 

チャレンジしなくなる社会の完成です。

みんなでゆっくりと地盤沈下していくでしょう。

 

他人の嫉妬の感情に、飲み込まれない。

みんなが攻撃しているからといって、自分に攻撃する権利はない。

 

では、どうするのか?

 

何もしないでいいのです。

反応しないのでいいのです。

まずはここからです。

 

何が起きているのか気づいていること。

沈黙から生まれることはとても大切です。

ただ観ること。

ここからしかはじまりません。

 

少なくとも大多数に加担することはしないのですから、これでいいのです。

 

「自分だけが苦労して、誰かがズルしている」という嘘。

この裏にある真実は、それぞれが見つけていきましょう。

 

■顔学講座<ビジネス編>
6月18日、19日
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3850

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:6月25日(土)26日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


失敗してもいいのだ

失敗に不寛容な社会。

これは生きづらさをうみだす。

今まで失敗をしなかった人はいるのだろうか?

いたら教えてもらいたい。

 

プロセラピストの上田正敏です。

失敗って何でしょう?

 

やりたいようにできなかったら失敗?

欲しいものが手に入らなかったら失敗?

目標が達成できなければ失敗?

夢が叶わなかったら失敗?

法律を破ったら失敗?

倫理に反したら失敗?

 

そして、他人が失敗したら、その人を責めていいのでしょうか?

頼んでおいたことをしてくれなかったら怒ったり、

注文したものと違うものが来たら怒ったり、

思い通りにならなければ怒ったり、

感情は動きます。

 

感情が動いたからって、他者を責めることは許されることでしょうか?

今、社会をみると、ちょっとでも失敗したら、徹底的につるしあげられます。

そこまで人を責める免罪符をもらったかのように、徹底的にです。

正義の名の元に人を責めまくります。

絶対に許さないという勢いで。

 

なぜ、そんなことが起きるのでしょうか?

 

失敗を恐れているからです。

失敗しないように、がんばっているからです。

失敗を避けよう避けようとするストレスがたまっているのです。

 

だから、失敗した人を徹底的に責める。

責めれば責めるほど、未来に自分が失敗した時に味わうであろう恐怖はたまっていきます。

 

失敗しない人生とは、何もチャレンジしない人生です。

 

変化を起こさなければ失敗することはありません。

いつもと同じことを繰り返していれば失敗をするリスクは最小限ですみます。

それって楽しいですか?

何時も同じことばかりを繰り返す毎日。

 

たいくつな毎日を繰り返しているからこそ、新しいことにチャレンジして楽しそうにしている人に嫉妬するのです。

自分だけが毎日がまんしているのに、あいつは何なんだ!

 

幸せな社会を作るには、失敗しても許される社会を作ることではないでしょうか?

失敗をしても次のチャンスを与えることができればいいのです。

人を許すことができれば自分も許すことができます。

自分が失敗をすることを。

新しいことをやりたい人は、日本国外に出ちゃうでしょうね。

今までは言語が壁になっていたけれど、その問題は少なくなってきています。

チャレンジしたい人材は海外に行くのが当たり前になっていくでしょう。

このままだとね。

 

変わらないとは退化していくことです。

人類は変わることで生き残ってきました。

僕らも毎日が細胞が死んでは新しくなっていっています。

体は変わり続けています。

 

失敗してもいいんだ。たかが失敗だろう。

また次があるさ。

 

そんなように笑える世界にしていこう。

まずは自分が自分を許すことから。

失敗してもいいんだよ。立ち上がればいいんだから。

 

 

■顔学講座<ビジネス編>
6月18日、19日
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3850

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:6月25日(土)26日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


顔学講座で学べること

6/18,19は顔学講座<ビジネス編>です。

顔っていったいなんなんだろう?

そこから顔への探求が始まりました。

 

だって、目は2つ、鼻は1つ、口は1つ。

それに顔の形があり、髪の毛が乗っかっている。

それなのに、美しいとか醜いとか優しそうとか恐そうとか感じたりするし、同じ顔の人はいない。

昔は誰もが自分と同じように感じるだろうと思っていたら、人はそれぞれ違う感覚なのだということもわかった。

 

プロセラピストの上田正敏です。

一人一人が魂を持っているとしたら、それは顔や体に表現されているのではないかと考えています。

顔や体の形にそれが表現されている。

形が動きを決めています。

構造が機能を表現しているのです。

 

例えば、競馬で走っている馬と馬車の馬。

競馬はスラリとしているし、馬車の馬はズングリしています。

スラリとしているのは早く走るためだし、ズングリしているのは重い荷物を運ぶためです。

形が動きを決めています。

 

人間の世界でも同じようなことが言えます。

プロレスラーとダンサーの体を想像して下さい。

違いますよね。

トレーニング方法も違います。

 

顔学講座で学べることは、先天的に持って生まれた自分の特徴と後天的に発達していった自分の特徴がわかります。

才能と強みと魅力がわかります。

 

マニュアルのように自分の取扱説明書が顔に書いてあるのです。

構造学的な視点、脳科学的な視点、進化学的な視点から人間を深く洞察することができるようになります。

 

さらには心理学的な視点も取り入れていきます。

 

「本当の自分」と「思い込んでいる自分」との差に人は苦しみます。

好きなことや得意なことをしていれば人は幸せを感じ、嫌いなことや苦手なことをしていれば人は不幸を感じます。

 

今回は美の視点も取り入れていきたいと思っています。

美しいとは何か?

それは誰もが持っているのか、それとも流行なのか。

そんなことも探っていけたらいいなと思っています。

 

どうしたら人は輝いていくのか、生まれてきた意味は何かまで踏み込みたいと思っています。

より本質へ。

参加者の聞きたい話をしていきます。

 

顔学リーディングをしてもらい人は個人セッションでも受け付けています。

生かした方が良い才能、眠っている才能を引き出します。

 

■顔学講座<ビジネス編>
6月18日、19日
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3850

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:6月25日(土)26日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm

 

 

 


予防医療ってなんで必要なの?

予防医療って何ですか?イマイチ意味がわからないのです。

と聞かれることがよくあります。

予防医療って新しい考え方だから。

 

プロセラピストの上田正敏です。

僕がずっとライフワークでやっていることは予防医療につながっています。

この言葉で僕の活動の軸になったと言っても過言ではありません。

 

今読んでいる本に的確な言葉がありました。

いまの医療制度は基本的にヘルスケアではなくシックケアです。病気になってから医者にかかって、治療をします。それでは遅いのです。

お金もかかるし、元の健康を取り戻すのも難しい。

シックケアからヘルスケアへ、つまり健康管理、予防医療へと大きくシフトする以外に財政再建は無理です。

その意味で、健康管理と予防医療に重点を置くことは、十年先や二十年先に払わなければならない医療費を削減することになります。

という言葉です。

 

病気にならない生き方をするのが予防医療です。

好きなことをしていれば体も心も元気になり自然治癒力も活性化します。

ワクワクしている感覚が若返ったり魅力が増したりするのです。

生活の質が上がるのです。

 

今の医療費ってどれくらいかかっているかいるか知っていますか?

今現在

70歳未満の人たちの医療費は年間で18.96兆円。

70歳以上の人たちの医療費は年間で17.65兆円。

 

同じくらいの総額が使われていますが、人口で割ると・・・

 

70歳未満の人たちの一人当たりの医療費は17万9千円。

70歳以上の人たちの一人当たりの医療費は80万6千円。

 

さらに未来予測をすると

2035年には

70歳未満の人たちの一人当たりの医療費は 32万6千円。

70歳以上の人たちの一人当たりの医療費は119万9千円。

 

総医療費は

2011年36.6兆円→2035年62.3兆円→2060年87.8兆円

人口は減るのに医療費は増えていきます。

 

ちなみに今回の参考文献はこの本です。



 

経済はすべてではないですが、現代はお金に左右されてしまうのです。

命と金の問題は近い将来にやってきます。

 

健康のためにもストレスを軽減するためにも好きなことをすること、していることを好きになること。

僕が提供しているサービスはすべてここにつながります。

自分らしく自由に生きる。

これが究極の予防医療だ。

 

■顔学講座<ビジネス編>
6月18日、19日
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3850

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:6月25日(土)26日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■NM認知行動療法(熊本地震チャリティ付き)
7月9日(土)23日(土)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3861

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


再受講での学びとは何か?

週末はナチュラルメディカルカレッジでした。

手技もさることながら理論も深まってきます。

体を通じて様々なものがつながっていくのが興味深いです。

中山先生の10年間地域に愛されている施術院での臨床体験の話は興味深いものがあります。

経験から語るということは大事なことですね。

ナチュラルメディカルカレッジ

プロセラピストの上田正敏です。

今回のカレッジの講義で心理学を担当しました。

60分で伝えようとしたら90分もかかり、しかもほんの少しのさわりの部分だけしか話せないという。

体と心のつながりの奥深さを垣間見れて、話した内容が10年後にわかればいいなと思うようなことを含めて講義をしました。

古くから伝わる伝統的な考え方や最先端の科学まで、伝えたいことの幅は広い。

過去から未来へ、潜在意識から意識や脳や体から家族や地域から宇宙まで、この世界観を伝えることは楽しいのです。

伝えれば伝えるほど自分自身の豊かさが増していく感じがしています。

ナチュラルメディカルカレッジ

僕は学ぶことが好き。

本も読むし、セミナーを受けるし、専門家との対話も大好きです。

深めようと思えば再受講、再々受講は当たり前。

ふとその意味を考えてみました。

 

再受講を受講する場合、ついつい新しい情報に目がいきがちです。

情報をアップデートしようと思ってしまう。

今まで学んできたことが、わかっていると信じていると、自分の視野が狭くなってしまっています。

人間の脳はサボります。

わかっていることからは何も学ばないのです。

目に映っているものを見ていない、耳に入っているものを聞いていないのです。

つまり、認識をしていないのです。

 

例えば、髪の毛を切った奥さんが、旦那さんに気付いてもらえないことも、これと同じ原理です。

 

新しい情報も大切ですが、ずっと同じことを繰り返し繰り返し話したり、やったりしていることこそ本質的なことです。

この基本ができていないと、応用を学んでも、知識や技術をバージョンアップしても無駄になってしまう。

もったいないのです。

 

セラピストとしては再々受講くらいになれば、症状と向き合いのではなく、一人の人間と人間としてクライアントさんと向き合うことが必要になります。

そこで初めて癒しが起きるのです。

セラピストが癒しを起こすのではありません。

人を癒したり治せたりすると思っているのはエゴでしかありません。

ナチュラルメディカルカレッジ

メンターが教えてくれたことがあります。

「生徒がどんな質問をするか、よく聞きなさい。

どれだけ理解しているのかがわかる。

伝わっていること、伝わっていないこと。

すべてが質問に表れている。」

と。

この話を聞いてから、メンターに下手な質問ができなくなりました。

メンターに質問をする前に、自分の頭でよく考えて、同期の仲間に質問を吟味して、それから質問をするようになりました。

新規の受講の時は、気軽に思ったままの質問をして、わからないことをハッキリとさせますが、再々受講の時には、よく自分で考えます。

メンターに何を教わっているかといえば、答えそのものではなく、答えを導くための思考法なのかもしれません。

 

答えを教えない教育って学校教育でいうと大学院レベルかも。

だって誰も答えを知らない最先端の研究をしているから。

学ぶことは究極の自己発見なんだと確信しています。

何処でも誰からでも学べる。

我以外皆師。

ナチュラルメディカルカレッジの学ぶの深さに感謝。

大阪8月生、東京9月生募集中
http://www.naturalmedical.org/

■顔学講座<ビジネス編>
6月18日、19日
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3850

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:6月25日(土)26日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■NM認知行動療法(熊本地震チャリティ付き)
7月9日(土)23日(土)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3861

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm