美への飽くなき探求@ナチュラルメディカルカレッジ

ナチュラルメディカルカレッジでは、美という感覚を大事にしています。

美とは何か?

究極の芸術的な問いかもしれません。

 

プロセラピストの上田正敏です。

自分の頭で考える。

現代では難しくなっているのかもしれません。

何かあればgoogle先生で調べるのが、当たり前の時代になってきています。

頭で考えるのではなく、調べるということ。

調べるといっても情報が氾濫しているので、玉石混合な状態でもあります。

ネットを使って調べるって、頭を全く使う必要がありません。

知りたい単語を打ち込むだけ。

そして結果をレポートにコピペするだけ。

 

考える暇もありません。

 

これから先の時代は、ビッグデータをコンピューターが解析するようになると、ますます人は考えなくてもいい時代が来るかもしれません。

自分の頭でどれだけ考えるかがとても大切です。

そういえば、僕が受講生の時に考えたことは、今でも考え続けていることでもあります。

手足を使い、目を使い、耳も口も使って考察しています。

これからは脳をどのように使うかが大事になってくるのでしょうね。


ナチュラルメディカルカレッジ

突然、学長から教えておいてと無茶ぶりをされました。

もう長い付き合いなので驚きもしませんが、自分の頭の中で何をどのように伝えるのか考えます。

ナチュラルメディカルで学んだことは、実践では腑に落ちたことしか使えません。

さらには、深く理解していないと他人に伝えることはできないのです。

 

教えていて感じたことは、誰もが共通に美しいと感じる能力はあるということ。

そして、個別の好みと同じ美の感覚もあるのです。

こっちは多様性を生み出すものですね。

さらには、流行としての美もありますね。

これは時代を反映している場合が多いです。

 

絶対的な美。

人間の本能なのでしょうか。

この感覚は気づいているか気づいていないかの差だけかもしれません。

臨床例をみんなで考えながら伝えたことで、それぞれの感覚が開いたのではないかと思います。

さらに感覚を磨いていくには美しいカラダを見ることをオススメしておきます。

様々なアートにふれるのもオススメです。


ナチュラルメディカルカレッジ

歯科の西浦先生の講義も興味深かったです。

口って当たり前のように使えるから無意識で何も考えていませんでした。

この講義から歯、舌、アゴ、ノドの関係性を意識するようになり、それぞれの動きが連動しているのが面白いですね。

歯が体全体に与える影響は大きいですからね。

と同時に、問題ない歯を治療して、不健康になる例もあるので要注意です。

 

歯の治療も美がとても大切。

見た目の美しい歯を作るだけではダメ。

機能美もなければ、良い歯医者とは言えないのです。

噛み合わせまで見れる歯医者さんは少ないのが実情です。

理由は簡単。歯学部で教えないから。

さらに言ってしまえば、歯の全身への影響を考慮できる歯医者さんはもっと少ないのが現状なんだそうです。

 

「美しい」という感性をもっと磨いていこう。

普遍性に焦点をあてながらも、流行にも感受性を開いていこう。

カラダに対して無意識を意識に変えていこう。

シンプルに。よりシンプルに。

そんなことを思ったカレッジでした。

 

■6月5日事務所開き!
無料セミナー開催
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3870
セミナーや対話をしています。

■ナチュラルメディカルカレッジ
大阪8月期生、東京9月期生募集中です。
http://www.naturalmedical.org

■顔学講座<ビジネス編>
6月18日、19日
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3850

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■NM認知行動療法(熊本地震チャリティ付き)
7月9日(土)23日(土)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3861

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm

 

 

 

 


量子がない施術@ナチュラルメディカルカレッジ

週末はヨガティチャー向けのロータスエイトさんとのコラボのナチュラルメディカルカレッジ。

校長である下條茂の本気の講座です。

講座の内容もグッと真剣さがまし、さらに面白い講座になってきています。

ナチュラルメディカルカレッジ

プロセラピストの上田正敏です。

初めて講座を受けるとまるで魔法を見ているような印象を受けまる。

再受講となると何をしているのかが見えるようになってくる。

再々受講すると裏にある理論体系がわかるようなってくる。

 

そんなことをナチュラルメディカルの技術を極めようとしている歯科の先生と話をしていました。

僕もベースになっているセラピーは再々受講は当たり前。

海外まで学びに行きましたから。

熱量って大事なことだと思うのです。

 

この熱量は「ワクワク」という感覚が流れています。

大人になってからの勉強はしたいからするというシンプルなもの。

僕にとっては、人への興味は尽きませんね。

ナチュラルメディカルカレッジ

今回、卒業生の北田くんが遊びに来てくれていました。

僕は、カレッジ生にキネシオロジーを教えていた関係もあり、多くの卒業生を見てきました。

同じことを学んでいるのに、個性がでてくるのです。

学びの主体性という考え方からすれば当たり前なんですが、自分が本来持っている質を活用している人は、施術家として残っています。

 

カレッジでは量子という考え方を大切にしています。

人間には目に見える肉体と目に見えない精神の部分があります。

実体のある肉体と、実体がない精神。

この精神の部分を科学的な視点で解明できる可能性を秘めているのが量子論です。

簡単にいえば量子とは原子よりも小さな粒。

でも、それは粒ではなく波というエネルギーかもしれないというものなんです。

目は眼に見えるし、波は目に見えません。

ラジオ、テレビ、Wifiなどの電波って見えないでしょ。

 

理系の人たちは実数と虚数といえばわかりやすいかもしれない。

虚数は英語でimaginary numberといい、空想の数字です。

これを使うと携帯やコンピューター、家電などの製品を作るのに使われる考え方なんですね。


 

その理論からすると、肉体と精神は同じものである可能性があります。

体と心がつながっているというのは経験則として知っています。

スポーツ選手がメンタルトレーニングを受けたり、最近は経営者の人たちがマインドフルネスを取り入れたりしています。

山奥で修行するっていうのは同じようなものです。

ジムで体を鍛えてもいいのですから。

 

何が言いたいかといえば、心が体に与える影響はとても大きいのです。

量子を使うことの大切さをナチュラルメディカルカレッジでは大切にしています。

 

ところが、北田くんの施術は量子がないのです。

その施術がものすごく質が高く良いものなのです。

練習の時に、施術をしてもらって実感しました。

 

何にも考えていないのです。

 

これって実はすごいことなのです。

無になって相手と向き合っている。

自分がすることただするだけ。

禅の境地のような施術だったのです。

※ただ何も考えていなければいいというわけではないからね。

 

僕はどちらかというと量子の施術です。

自分が何をしているのかを自覚して施術をするタイプです。

そのためにずっと心を見続けています。

 

量子を使わないなら限りなく量子が0であること。

量子を使うなら限りなく量子が無限であること。

 

量子 = 0

量子 = ∞

が良い施術。

 

0 < 量子 < ∞

がダメな施術と言ってもいいくらいなことなのです。

 

純真無垢であるか、徹底的に気づいているのか、どちらかしかないのではないかと思っているのです。

中途半端であることが一番ダメなんだんと思ったしだいで。

ナチュラルメディカルカレッジ

人間の肉体と精神の関係性は興味が尽きないですね。

 

■6月5日事務所開き!
無料セミナー開催
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3870
セミナーや対話をしています。

■ナチュラルメディカルカレッジ
大阪8月期生、東京9月期生募集中です。
http://www.naturalmedical.org

■顔学講座<ビジネス編>
6月18日、19日
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3850

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■NM認知行動療法(熊本地震チャリティ付き)
7月9日(土)23日(土)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3861

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


うえはらんど3丁目15番地

ワークショップデザイナー育成プログラム卒業生仲間でWSDラボに参加してくれた真理子さんの住み開きスペースが「うえはらんど」。

いろんなところに出没していた彼女。

病気なり思うように動けないなら来てもらえばいい。

ということで地域の交流スペースとしても機能するようにガレージを改造してコミュニティスペースとして活用されています。

住み開きという新しい地域活性化のコンセプトを実践しているんですね。

うえはらんど

ご縁があって代々木上原という土地に事務所を開き、ご近所さんとして、気が向いた時にふらっと立ち寄っています。

最初に訪れたのはまだちょっと寒い3月。

うえはらんど

そして今回5月にも訪れました。

うえはらんど

なんか元気になっているのは気のせいか。

他者と話をしたり触れ合ったりするのは元気の源ですね。

代々木上原だけでなく、渋谷の昔の写真もあったりして、タイムスリップしたみたいな感覚なる空間です。

うえはらんど

まりこさんの旦那さんは詩人で有名な方みたいだし、この家も外国から見学に来るほど有名な建物らしいし、多くの人たちに影響を与えている鎮守の杜のような存在なのかもしれませんね。

 

WSD育成プログラム仲間でお掃除隊が結成されているそうで、その隊員になれば家の中を見学できるらしい。

ご奉仕みたいに参加してみたいな。

 

まぁ、僕の使い方は、気が向いた時にふらっと訪れる。

そして、たわいもない話をする。

そんな気軽な場があるのってステキですね。

また遊びにいきます!

 

うえはらんどは週3日ほどオープンしていて、土曜日にはイベントも企画もやっているそうです。

■うえはらんど3丁目15番地
毎週 火・木・土 13:00〜16:00
場所:渋谷区上原3-15-(地図

 

■ナチュラルメディカル東京
場所:渋谷区上原2-32-3(地図

 

■6月5日事務所開き!
無料セミナー開催
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3870

セミナーや個人相談をしています。

■ナチュラルメディカルカレッジ
大阪8月期生、東京9月期生募集中です。
http://www.naturalmedical.org

■ソース・ ワークショップ
発見編:6月25日(土)26日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■顔学講座<ビジネス編>
6月18日、19日
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3850

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■NM認知行動療法(熊本地震チャリティ付き)
7月9日(土)23日(土)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3861

■ナチュラルクリーニング講座(安心・安全・簡単な掃除術)
6月2日(木)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3818

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


出発感謝祭@後悔ゼロで生きるため、いまのうちやっとくこと

日曜日に出版記念パーティーに参加してきました。

以前にブログでも紹介した医師と僧侶の共著である「後悔ゼロで生きるために、いまのうちやっとくこと」ですね。

長田夫妻と齊藤夫妻の温かくたおやかな時間と空間を味わってきました。

こうやって自分たちがしたことをねぎらうことって大事ですね。

そして、応援している僕自身もなんだか幸せな気分になっていたのでした。

ブルーブックスカフェ

プロセラピストの上田正敏です。

歌あり、お酒あり、料理あり、対話あり、棺桶イベントあり、自由なイベントっていいですね。

この会のお陰で、事務所開きイベントやっていいんだと許可が自分にでたから。

自分に許可を与えていくことが、後悔しない生き方につながるんですね。

 

やってみたいことをやる。

 

ただ、それだけでいいのかもしれないね。

シンプルにしないと動けないからね。

単純なほうが幸せなのです。

 

 

途中でね、母親からの手紙を読むコーナーがありました。

母親からの手紙をパートナーの奥様が読むというコーナーがありました。

命のつながりを感じて感動しました。

 

長田夫妻@後悔ゼロで生きるため、いまのうちやっとくこと

親から認めてもらう。

齊藤夫妻

パートナーに認めてもらう。

そして子供を認めていく。

命のバトンを見ているようでした。

後悔ゼロ

死というのはそれを感じる儀式なのかもしれませんね。

写真は抽選で当たった参加者が生きたままお経を唱えられている図。

お経を読んでいないというのはおいておいて、とっても良い声でした。

脊柱に響くお経を唱えるって、きっと意味があるのでしょうね。

 

長田整形外科のスタッフの方とお話をして、共通の方の知り合いがいることにビックリしたり、

フリーの出版プロデューサーの方から「切り口が大事」という言葉が耳に残っていたり、

帰りの月がキレイだったり、

こんな時間もいいなと改めて思いました。

 

で、すっかり一緒に写真を撮ったりサインをもらったりというミッションを忘れて帰宅。

そんなものです(笑)



■ナチュラルメディカルカレッジ
大阪8月期生、東京9月期生募集中です。
http://www.naturalmedical.org

■ソース・ ワークショップ
ワクワクという切り口から自分を知るための現代版自己探求プログラムです。好きを軸に仕事・パートナー・ライフスタイルを手に入れます。
発見編:6月25日(土)26日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■顔学講座<ビジネス編>
6月18日、19日
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3850

■未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座
7月2日(土)3日(日)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3854

■NM認知行動療法(熊本地震チャリティ付き)
7月9日(土)23日(土)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3861

■ナチュラルクリーニング講座
6月2日(木)
http://www.uedamasatoshi.com/?p=3818

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム(個人向け)
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


事務所開き@ナチュラルメディカル東京

6月5日(日)にナチュラルメディカル東京の事務所開きをします。

それに伴い記念無料セミナーを開催します。

皆さんと集まって対話ができたらいいなと思っています。

 

日時:6月5日(日)
時間:10時〜18時
場所:ナチュラルメディカル東京(地図
東京都渋谷区上原2-32-3 Y-2 ビル202
(時間内はオープンしていますのでお気軽にお立ち寄り下さい。)

(1)10時〜11時 NM量子キネシオロジー講座(担当:上田)
内容:キネシオロジーを使って自分と家と地域の関係性を良くします。自分の意図である量子が変わると見える景色と住み心地が変わります。

(2)14時〜15時 NM代表の下條に何かやってもらいます。

ご縁がある方が集まりますように。

参加される方は人数の確認がありますので、下記のフォームからお知らせ下さい。



 

顔学講座<ビジネス編>



未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座



熊本地震チャリティ付きNM認知行動療法



ナチュラルクリーニング講座@ナチュラルメディカル東京


熊本地震チャリティ付きNM認知行動療法

ナチュラルメディカル式認知行動療法のセミナー開催が決定です。

臨床治療家歴20年、クライアント数18万人超え、セミナー数も600回を超えたナチュラルメディカルカレッジ校長の下條茂が講師の認知行動療法セミナーです。

 

プロセラピスト&ナチュラルメディカル東京支社長の上田正敏です。

このセミナーに、僕は主催者として参加します。

実は認知行動療法は僕の専門分野のひとつでもあるのですが、ホリスティックに体に触れながら人をみている施術家がどのようにメンタルの部分をあつかうのか。

とても興味があります。

 

認知行動療法は、厚生労働省のページをみるとうつ病対策のひとつだと考えられています。

うつ病は今や国民の4人に1人はかかるとも言われています。

 

ただ僕の認識では、病気の人が受けるのではなく、メンタル・トレーニングのひとつという位置付けです。

人はそれぞれに、考え方の癖や考え方の癖を持っています。

もちろん行動の癖もありますね。

照れると髪の毛を触ったり、怒ると腕を組んだり、焦ると挙動不審となって周りにバレバレになったり。

 

それと同じで考え方の癖もあったりします。

コップに半分の水が入っている。

それを見た時に、コップに半分も水が入っている、と考える人と、コップに半分しか水が入っていない、と考える人がいます。

この考え方の裏には、感情があり、前者はポジティブな感情が隠されていて、後者にはネガティブな感情が隠されています。

脳の思考は感情に大きく左右されているのです。

その感情は、その人が体験してきた経験から作られています。

事実は、コップに半分の水が入っている、だけです。

 

人は事実を事実としてみることはできません。

 

主観で物事をとらえています。

半分も入っていていると嬉しくなったり、半分しか入っていないと悲しくなったりするものなのです。

なんだ水か・・・という人もいるかもしれません(笑)

 

ひとつの物事を見ていても考えたり感じたりすることは千差万別です。

 

ただ、この時に心が折れそうになるような考え方ばかりしていると疲れ果てて病気になったり、いつも同じような失敗を繰り返したりする人がでてきます。

これを認知のゆがみと呼んでいます。

このゆがみを健全なものに変えていくので、それをメンタルトレーニングのようだと僕は考えています。

思い込みとか信じ込みとか自分の中にある常識が自分の首を絞めているようなことたくさんあるのです。

もっと自分自身を自由にすることは可能なのです。

 

認知のゆがみがニュートラルになることで、生きるのが楽になるし、幸せを感じる時間が長くなります。

自分自身がクリアになるし、正直な気持ちもわかるので、夢が叶いやすくもなるのです。

 

今回のセミナーは、自分自身がクリアになるだけでなく、周りの人たちにも認知行動療法をすることができるようになるセミナーです。

 

認知行動療法(バイオフィードバック)など基礎を学び、ストレスの軽減、睡眠、不安、トラウマを軽減してストレスから来る症状や痛み、ブラキシズ(歯ぎしり、食いしばり)の改善を最新の脳科学、心理学を駆使して行う新プログラムです。ご興味のある方はお知らせください。メディカルコーチングの技術も取り入れますので臨床等でも使えるようにします。

また、トレーニングでお互いの状態を取扱いますので御自身の問題もクリアになってまいります。

精神系の投薬をうけている方は御相談ください。

再受講の方もお気軽にご相談ください。

 

医療関係者やセラピストだけでなく、一般の方もご参加できます。

 

日時:7月9日(土)23日(土)
時間:9時30分~15時30分(変更あり)
参加費:56,000円(カレッジ割引8000円)
講師:下條茂
場所:ナチュラルメディカル東京(東京都渋谷区)
http://www.naturalmedical.org/mapTokyo.html

お申し込みはこちらのフォームから


未来を創りだす量子脳キネシオロジー講座

心の声を聴く。

本音を知る。

感情を感じきる。

ということを言いますが、言うは易し、行うは難しで、どうやるのかさっぱりわかりませんでした。

えぇ、20年前の私です。

言葉ではわかります。でも、できない。

あれっ?これは心の声かも?

これって本音なのかな?

感情ってこんな感じ?

と自信を持って言えない自分もいました。

 

これが実感としてわかるようになったのはキネシオロジーのお陰です。

それから20年近くこの興味深さにはまり現在も探求の日々です。

キネシオロジーを簡単に言うと、心で感じていることが、体の反応でわかるということです。

心、無意識、潜在意識と目に見えない世界のことが体を通じてわかるのがキネシオロジーです。

具体的には、筋肉の強弱で反応がでるのです。

 

スポーツの世界でもメンタルが強いとか弱いとかいいます。

これって心の状態が体にでてしまう典型的な例です。

本番に弱いとか、お腹が痛くなるとか、実力を発揮できないのも心の状態が体に影響を与えるからなのです。

 

本来、心と体はつながっていると考えられていました。

17世紀に活躍した哲学者デカルトが心と体は関係ないと二元論を提唱し、このことから現代科学は発展しました。

ニュートン力学が発展したのはデカルトのお陰です。

 

ところが20世紀に量子力学がでてきて、心と体は関係しあっているんじゃないということが唱えられてきています。

人間の意識がどこから生まれるのか?

心はどこにあるのか?

未だにわかっていないことです。

最新の脳科学でもハッキリとはわかっていない分野なのです。

量子力学と脳科学が心と体の解明に一役買いそうだという仮説が今現在です。

 

ホリスティック医療の分野では、この体と心がつながっているというのは常識。

臨床の現場では結果がすべてです。

体のことは心からアプローチ、心のことは体からアプローチする。

体の声を聴くことができるキネシオロジーは多くの現場で使われているのです。

 

アプライド・キネシオロジーは、体のバランスの歪みは筋力の低下している筋肉が原因だと体へのアプローチとして発展していきました。

タッチフォーヘルスは、筋肉と経絡(東洋医学である気のエネルギー)の関係を明らかにして発展していきました。

さらにスペシャライズド・キネシオロジーは、筋肉と脳や心の関係に踏み込んでいきました。

これは意図であり量子であると考えています。

量子力学から心をとらえて、どのような影響が体に与えているのか。

体・気・心の関係性を量子脳キネシオロジーの見地から解説していきます。

 

そして、このキネシオロジーの理論を、自分が望む未来へつなげるために使います。

過去・現在・未来というタイムラインを量子脳キネシオロジーで読んでいきます。

 

脳や心の仕組みを量子キネシオロジーで明らかにしていきます。

自分が望む未来に焦点を当てた時に何が起きるのか?

施術効果が200%上がるカウンセリングモデルもお伝えしていきます。

 

自分が望む未来へ動き出した時に起きる、心のブレーキを外す心理療法もいくつか伝えます。

これは人間が持つ自分を守るための防衛本能があるので、優しく解放する方法を使っていきます。

 

18年のセラピスト&講師経験を出し惜しみなく伝える講座です。初心者から上級者までおススメな講座です。

 

日時:7月2日(土)3日(日)
時間:10時~17時
参加費:43,200円
講師:上田正敏
場所:ナチュラルメディカル東京(東京都渋谷区)
http://www.naturalmedical.org/mapTokyo.html

お申し込みはこちらのフォームから


顔学講座<ビジネス編>

実は、人見知りはあなただけではありません。

ある調査では「日本人の98.3%」が、人見知りなのだそうです。

 

どうすれば人見知りを克服できるでしょうか?

そして、相手とコミュニケーションをとり信頼関係を築くことができるでしょうか?

 

プロセラピストの上田正敏です。

 

第一印象が大切と言われるほど、出会って3秒でその人がどんな人間か判断しています。

 

見た目で人を判断するなとも言われますが、実際には9割は見た目で決めてしまいます。

その判断は正しいのでしょうか?

感情的には正しいのかもしれません。

自己防衛機能でもある好き・嫌いの印象で決めてしまうのは余りにももったいないのです。

 

自分が経験をしてきた思い込みから人を判断するのではなく、にその人自身の情報がすべて書き込まれているとしたらどうでしょうか?

誤解なく相手を理解し、自分を理解してもらうことができます。

 

顔学の歴史を紐解くと古代エジプト時代から研究されていてたそうです。

動物の顔に例えられて表現されています。

ライオン顔の人とシマウマ顔の人では、印象も違うし、振る舞いも違います。

肉食系、草食系で顔の形が違いますね。

目の位置や顔の形を想像していたただけるとわかるかと思います。

 

今でもハリウッドでのキャスティングに使われています。

二枚目とか三枚目、はたまた悪役顔っていますよね。

顔の印象と違うと違和感があって物語に集中できなくなるからです。

その人の人生そのものが顔に書かれているのです。

顔から性格を読み解く方法を教えます。

さらには活用の方法まで。

 

顔学を学ぶことで、

1)自分を知ることができ、

2)相手を知ることができ、

3)コミュニケーションがスムーズにすることができます。

顔を見るだけで、その人が持つ才能や特徴がわかるようになるのです。

顔にその人のすべてが書かれているのです。

共に学び仕事に活用していきましょう!

 

日時:6月18日(土)19日(日)
時間:10時~17時
参加費:43,200円
講師:上田正敏
場所:ナチュラルメディカル東京(東京都渋谷区)
http://www.naturalmedical.org/mapTokyo.html

お申し込みはフォームより

お名前、メールアドレス、携帯、をご記入の上お申し込みください。
コメント欄にはご質問などご記入下さい。



 


施術で大切なたったひとつのこと@ナチュラルメディカル

ナチュラルメディカルカレッジで大切にしているたったひとつのことって何でしょうか?

それは検査です。

 

プロセラピストの上田正敏です。

広島でカレッジをしていた大社長と東京でミーティング。

ナチュラルメディカルは、当たり前の医療。

その当たり前が検査なんです。

とても地味なことですが大事なことです。

 

クライアントさんが来た時に、検査をして怪しいと感じたらすぐに医療機関に行ってもらうことなんです。

僕たちはお医者さんではありません。

病気かどうかの診断も治療もすることはできません。

 

でも、簡単な検査方法はあるし、することはできます。

これはクライアントさんの安心安全を担保することが第一で、次に自分たちを守るためにも検査は大切です。

法律的な問題もありますが、専門分野が違うという認識はプロだったらしっかりと認識する必要があるのです。

守備範囲が違うからこそ、チームを組むことが重要になるのです。

代替医療を支持している人たちの中には、西洋医学を敵のように思っている人たちもいますが、それは了見が狭すぎます。

クライアントさんがよりよい人生を歩めるようになることが重要なのです。

 

世阿弥の言葉があります。

ぜひ初心忘るべからず
時々の初心忘るべからず
老後の初心忘るべからず

何事も初めての時は怖いし、慣れてきた時も怖いし、成熟した時にも怖さを忘れてはいけないのです。

怖いという感情はネガティブさは、ダメではないのです。

危険信号を知らせる大事な感情なのです。

ネガティブのポジティブな側面は現実的だということなんです。

リアリストですね。

 

カレッジの校長はとても臆病です。

臆病だからこそ検査を必ずします。

そしていつも確認をしています。

習慣として確認作業を組み込んでるのでしょう。

体に染み付いた動きになっています。

 

検査が大事なのです。

自分たちが扱えること扱えないことをハッキリとさせて、疑わしきはクライアントさんに伝えることが大事です。

いつもテスト!テスト!テスト!なんです。

手技に関しては自信を持ってすることが大事なのですが、こと検査に限っては怖さを大事にすることが必要です。

 

検査をして大丈夫となってからようやく施術をします。

これがプロとなる場合に必要不可欠なことなのです。

様々な施術家やボディワーカーはいますが、検査をして大丈夫かを確認する人は少ないのが現場です。

下手をすると自分たちが何をしているのか理解していない人も多かったります。

僕たちの基準からするとそれはダメ。

そしてこの検査が大切という情報を知っちゃったがために、クライアントさんに対して不誠実なことはできません。

 

カレッジではたくさんの検査方法を学びます。

整形外科的な検査も含まれます。

丸ごと人を見る目線を学びます。

 

そして、僕たちは痛みや症状をあつかう人ではないのです。

もちろん痛みをあつかう人であるのですが。

それはまた別のお話。

 

検査は大切です。

時々の初心忘るべからず。

自戒を込めて。

 

■ナチュラルメディカルカレッジ
大阪8月期生、東京9月期生募集中です。
http://www.naturalmedical.org


ヨガと手技と脳科学@ナチュラルメディカルカレッジ

週末はナチュラルメディカルカレッジでした。

東京と広島と開催していました。

この勢いで全国で開催していきたいですね。

主催者さんとのご縁がありますように。

ナチュラルメディカルカレッジ
僕の講義は、脳科学とキネシオロジーの部分を担当。

脳って完璧にできていると思いがちなんですが、アホな部分も多かったりするものです。

脳の思い込み癖が、人を不幸にしたりすることが多いのです。

人間の体から見ると脳は道具にしかすぎないので、特性を知り、どう使うかが大事になります。

そんな話をクイズ形式で行いました。

 

そして、右脳と左脳の性質の違いをロールプレイを交えて話をしました。

セラピーの領域に踏み込んで、脳内で起きている右脳と左脳の葛藤について理解を深められるような場になったかな。

基本ワークショップ形式なんで、知識だけでなく体感からくる気づきが人それぞれに起きたことでしょう。

知識を増やすというよりもセンスを磨く講座でした。

ナチュラルメディカルカレッジ

群馬から野口夫妻がヨガセラピーの講義もありました。

アイソメトリック理論に基づいた負荷の低い安全なヨガ。

ヨガというと人間とは思えないような柔軟性を発揮するポーズをするイメージ強いのですが、それには意味はありません。

ヨガを広めるための興味を引くための見せ技と言っても過言ではないくらい。

そもそもポーズができるとかできないとか人と比べるものではないのです。

動きを通じて自分の体を感じることが大切なのです。

体に気づくことで、体感と感情を取り戻すというもの。

ストレスがあると人は、体の感覚を麻痺させて失体感状態になっているし、心の感覚も麻痺させて失感情状態にもなっています。

これを取り戻すための動きとナチュラルメディカル的には筋肉を維持して健康を取り戻す運動療法の要素を学びました。

呼吸と感じること。ここから始まります。

野口夫妻の講義は、落語に似ていました。

芸の世界です。

きっと何十回、何百回も伝えてきたのでしょう。

そこから生まれる深みがありました。

さすがです。

ナチュラルメディカルカレッジ

新潟からナチュラルメディカルの技術部長こと中山先生のナチュラルメディカルの基礎を学びました。

野球に例えると、投げる・打つ・走るというような基本の基本。

これが理論の根幹を成しています。

カイロプラティックの考え方です。

これを言葉に分解するとカイロは手、プラティックは技です。

直訳すると手技がカイロプラティックです。

 

余談ですが講座後カフェで野生コーヒーをいただいている時に、その店主さんにナチュラルメディカルについて説明をしていた言葉が印象に残ります。

「ナチュラルメディカルカレッジで教えていることはカイロプラティックではありません。

カイロプラティックだと来ていただくクライアントさんの2割しか改善させることはできないのです。

だからこそ、他の手技であったり、食事だったり、メンタルだったり、運動であったり、歯のことであったり、ホリスティック的に人間を丸ごと伝えている学校です。」

と。

「2割しか・・・」にそうなんだよなぁと実感しました。

この謙虚な姿勢からカレッジはスタートしていることが大事なのです。

ナチュラルメディカルカレッジ

さて、本題に戻ります。

 

人間の体の基本中の基本は、背骨と筋肉。

体が整っているかを見るのに姿勢が大切になります。

姿勢を作っているのが背骨と筋肉。

専門用語を使えば、脊柱と大腰筋を整える方法を学びます。

背骨の中には神経が通っています。

背骨が曲がると神経伝達がうまくいなくなり、様々な症状がでると考えています。

例えば、肩こりや腰痛などの痛みがでたりするのです。

医学の世界では、背骨のどこがズレるとどこに症状がでるというのは明らかになっています。

ズレているなら元に戻せばいいのです。

シンプルなことです。

これは基本的な考え方。

 

補足しておくと応用になっていくとズレているのが悪いわけではないという場合もでてきます。

これが人間の体を多角的に見ることが大切な理由になってきます。

 

また体のゆがみの位置から起きやすい病気や症状も見えてきます。

体って正直にできているんですよね。

ナチュラルメディカルカレッジ

中山先生の講義はアクティブラーニング。

実習を基本として理論を後から生徒が考えることできるような方式。

手技のように技術から学ぶほうが学べる人、理論から学べる人、人それぞれ得意な学習方法が違います。

どんなタイプの人にもわかるような工夫がところどころに散りばめられています。

 

ナチュラルメディカルカレッジでは、クライアントさんと共に歩めるセラピストを育てています。

この自分の興味の追求と社会貢献のバランスがとれたセラピストの仲間が増えていくのは嬉しいことですね。

ナチュラルメディカルカレッジ

カレッジ屋上から新宿方面を。美しい。

■ナチュラルメディカルカレッジ
大阪8月期生、東京9月期生募集中です。
http://www.naturalmedical.org

■ソース・ ワークショップ
ワクワクという切り口から自分を知るための現代版自己探求プログラムです。好きを軸に仕事・パートナー・ライフスタイルを手に入れます。
発見編:5月21日(土)22日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム(個人向け)
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm