アラフォー世代のためのファミリー・コンステレーション

週末はワークショップに参加してきました。

ファミリーコンステレーションとはもう10年くらいの付き合いになるでしょうか。

うちの奥様が第1期生である関係でよく参加していました。台湾で行なわれた国際会議まで参加したりして。

僕のセラピー観にとても大きな影響を与えてるワークです。

 

演劇というものに興味を持ったのもこのワークの影響が大きいです。

舞台の上で、どこに人が配置されるのか、どの方向を向いているのか、姿勢は表情は・・・

そこにはたくさんの意識的、無意識的な情報が入っているのです。

それを丁寧に読み解いて行くのがファミリーコンステレーションです。

特に家族関係や人間関係をはじめ組織の無意識の力学を読み解きます。

癒しというよりも自分の中にある真実を見つけるワークだと僕は思っています。

 

今回のファシリテーターであるチェトナ小林さんは、日本での第一人者のひとりです。

海外から講師を招聘して後進を育てることに注力されている方です。

彼女は僕の心に残る名言をよくいうのです。

「逃げられるうちは逃げたらいいのよ。」

 

今回も

「私はファシリテーターとして提案するだけ。
自分で調べて下さい。
自分の腑に落ちたことが真実。
自分なりの価値観を持って下さい。」

という名言を残しました。

自分の中に答えがあるといいますが、自分の腑に落ちることが真実ということは、人の数だけ真実があるということなんです。

それを尊重することがいろんな問題を解決する鍵になります。

 

で、今回のテーマは日本のミッシング・リンクです。切れてしまった関係性です。

何が切れているかというと、戦前と戦後です。

 

「いい国作ろう鎌倉幕府」と僕は学校で習ったんですが、今は違うみたいですね。

歴史認識って変わります。なぜなんでしょう?

終戦したのは、終戦記念日の1945年8月15日なのでしょうか?

国際法的にはどうも違うようです。

第2次世界大戦と大東亜戦争という呼び方も2つあります。なぜなんでしょう?

学校の授業では近代史を習った記憶がないし、興味を持ちませんでした。

あまりにも近すぎてタブーがたくさんあるからかもしれません。

 

日本史も世界史もどちらも勝者の歴史です。

セラピスト的な視点で見るならば、勝者と敗者、加害者と被害者というどちらの立場からも見なければ真実は見えてきません。

どちらの側面から見ても見えないのかもしれませんが。

 

ファミリーコンステレーションは体で感じるワークです。

体感がすべてだといってもいいのです。

参加者が自分の場を作りましたが、確実に戦前と戦後の間に深い溝があります。

何かに邪魔をされて伝わるべき物が伝わっていないのです。

このことが、漠然とした、無価値感だったり罪悪感だったり、劣等感を感じている原因になっています。

戦争を体験した年齢に深く関わっています。

幼年期や青年期に戦争を体験した人や戦後生まれのベビーブーマー達はこの影響をものすごく受けています。

そして、それはその子供たちである僕たち世代に影響を与えています。

戦争を知らない子供たちなんだけど、戦争の影響を受けているんです。

僕も無自覚だったんですが、この影響は計り知れないです。

さらにいってしまえば、僕らの子供たちの世代にも影響を与えています。

命のバトンを先祖から受け継ぐだけでなく、習慣や文化、価値観なども受け継いでいきますから。

親の世代で2人、祖父母の世代で4人、曽祖父母の世代で8人、その上では16人の人が関係しています。10代遡ると1000人の人がいなければ自分が生まれて来なかったんですよね。

その影響を受けています。

 

世代についての問題は僕も個人セッションで提供していますが、とても深く大きなテーマです。

研究を重ねている分野です。

 

このワークショップで言われたことは100%同意していません。

僕の真実は違ったりもするからです。

ただ、起きたこと感じたことは100%受け入れています。

本当にすごかったな。

ワークショップの翌日に、心の中の霧が晴れたんだよね。

自分の中にへばりついていた嫌な感覚がなくなったんだよ。

形を変えてここで学んだことは伝えていきます。

興味がある方は個人セッションの3回コースで対応します。

これはうちの奥様と二人掛かりで対応すると効果抜群だな。

新しいメニューを作らないといけないかも。

 

このワークショップの興味深いことのひとつに自分の感じたプロセスを人に話さないこと。

少なくとも3日間は自分の体験を噛み締めることが大切なんだそうです。

近頃流行の対話とは違うのです。

深い世界では、話して楽になるだけで本当の意味では自分のためにならないこともあるのです。

そんな世界もあるんですね。

 

このワークショップはアイデンティティを取り戻すという僕にとっては位置づけです。

自分の軸を取り戻すワークが僕の中でまたできました。引き出しは増えていきます。

ファシリテーターのチェトナ小林さん、主催の方、トレーニング生の皆様、参加者の皆様ありがとうございました。

ファミリーコンステレーション

ファミリーコンステレーションを知りたい方は以下のリンクを参考に。

ヘリンガー・インスティテュート・ジャパン
http://www.hellingerinstitutejapan.com

 

僕が提供しているものはコチラです。

■ソースワークショップ発見編
ワクワクという自分だけが持つ才能であり個性を見つけていきます。
自分自身がどんな人間なのかを知り、それを人生に活かす方法を学びます。
第69期 11月16日(土)17日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

■ソースワークショップ活用編
自分自身のワクワクする感覚を世界に表現していくが活用編。
理想の人生を歩むマニュアルは自分で作ることができるのです。
第25期 11月23日(土)24日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

発見編・活用編同時お申し込みの方へお得な割引制度を導入しました。
この二つのワークショップを受けることで自分らしい人生を引き寄せましょう。

■個人セッション
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

 


スリーインワン創始者ダニエル・ホワイトサイド氏逝く

友人から昨日連絡がきました。

僕の大切なメンターのひとりであるダニエルが亡くなりました。

Daniel Whitesideダニエルと初めて会ったのはいつだろうか。

調べてみると1999年の4月だった。2008年まで毎年セミナーを受講していました。

アメリカにもいったしね。バーバンクにて

セミナー中にみんなの前で「あなたは頼れる人間なんだ。自信を持ちなさい。」というようなことを言われたこと。

またあるセミナー後に挨拶にいくといきなり自分の目から涙が吹きでてきた。後にも先にもあれだけ気持ちの良い気分の良い号泣はしたことがない。それを優しくハグしてくれたこと。

「テダン テダン」とご機嫌良く会場に現れたと思ったら、一人一人の目を見て挨拶をしていたこと。

自分の作ったテキストを無視して、今興味があることをゴキゲンに語っていたこと。

哲学や芸術にも精通していて、様々なことを学ぶ大切さを教えてくれたこと。

膨大なテキストからたくさんの叡智をもらったこと。

タバコを吹かしながらたたずんでいる姿。

たくさんのギフトをいただきました。

 

いろいろ言葉があふれてくるかと思ったら言葉にならないものですね。

ダニエルは構造機能という顔の構造からその人の本質的な機能を知るスペシャリストでした。

顔をみればその人がわかるものです。

言葉にならないこともたくさん学んだんですよ。きっと。

 

ダニエルからの学びを多くの人に伝えていきます。

誰よりも自由で誰よりも崇高で誰よりも我がままだったダニエル。

ご冥福を祈ります。


好きを生きている人たちとの再会

僕もワークショップで提供しているソース・プログラムの統括本部の元担当者のSさん、現担当者のKさんとランチ。

Sさんにはトレーナーになってから本当にいろいろとお世話になっていました。

数年前に彼女は外国で仕事をするという夢を叶えるためにシンガポールへ。

さらにダンスをしたいという夢を叶えるために本場のNYへ!。

ソースというのは自分の内面にあるワクワクの感情に従って生きる生き方。

ワクワクの原型は人それぞれ違い、自分だけのオリジナルの人生を自分らしく生きる方法なんです。

体現者として生きているんですよね。

ソース・プログラムを統括しているヴォイス社の歴代担当者は、ワクワクを生きている人たちなんです。

現担当者も日本の伝統に基づく探求をやり続けているし、そして何より表現者としても素晴らしい。

自分のワクワクを分かち合う人は表現者でもあるのです。

こんだけ楽しいことを自分だけのものにするだけではもったいないから人に分かち合いたくなるんです。

ワクワクという感情は、愛と同じで与えれば与えるほど湧いてくるものなんですね。

 

芸術のこと、教育のことまで、今興味のある話がつきませんでした。

また次なるステップに進むという。

ワクワクしながら楽しんでね!

■ソースワークショップ発見編
ワクワクという自分だけが持つ才能であり個性を見つけていきます。
自分自身がどんな人間なのかを知り、それを人生に活かす方法を学びます。
第67期 10月19日(土)20日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

■ソースワークショップ活用編
自分自身のワクワクする感覚を世界に表現していくが活用編。
理想の人生を歩むマニュアルは自分で作ることができるのです。
第25期 11月23日(土)24日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

発見編・活用編同時お申し込みの方へお得な割引制度を導入しました。
この二つのワークショップを受けることで自分らしい人生を引き寄せましょう。

■個人セッション
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm


現代における修行とは何か。

修行は苦行を想像する人もいるかもしれません。

修行とは己の道を究めるということ。

あっさりいうとライフワークを生きるということです。

 

現代においてこれ以上の修行はないですね。

 

今の日本においては、好きなことを仕事にして、好きな人と共にいて、好きなライフスタイルを送るということが修行なんです。

これは簡単なようで難しいのかもしれません。

  • お金のためだけに仕事をしている人。
  • みんなが仕事をしているから仕事している人。
  • なんとなく仕事をしている人。
  • 好きな人と生活をしていない人。
  • 好きな人と一緒になったのに関係性が破綻している人。
  • 自分が望む理想の生活をしていない人。
  • がまんをしている人。
  • 社会のせいにしている人。
  • 親のせいにしている人。
こういう人は、苦しいかもしれませんが修行さえしていないのです。

これはただの苦行です。

 

自分が好きなことは何か?

自分が一生をかけて極めたいことは何か?

共に歩みたいパートナーはどんな人か?

パートナーとどんな関係性を築きたいのか?

理想のライフスタイルはどんなものか?

それを丁寧に自分を見つめて気づいていくこと。

 

自分を見つめて実践しさらに自分を深く見つめて気づいてくサイクル。

これが修行です。

楽しいけれど楽ではありません。

これは、現在のところ裏メニューで提供しているサービスです。

興味がある方は連絡下さいね。

 
■ソースワークショップ発見編
ワクワクという自分だけが持つ才能であり個性を見つけていきます。
自分自身がどんな人間なのかを知り、それを人生に活かす方法を学びます。
第67期 10月19日(土)20日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

■ソースワークショップ活用編
自分自身のワクワクする感覚を世界に表現していくが活用編。
理想の人生を歩むマニュアルは自分で作ることができるのです。
第23期 10月13日(日)14日(月祝)
http://www.yoriyoku.com/source/

発見編・活用編同時お申し込みの方へお得な割引制度を導入しました。
この二つのワークショップを受けることで自分らしい人生を引き寄せましょう。

■個人セッション
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

 


子供の頃の夢を思い出した。

今、家で断捨離中です。

片付けるだけでなく、夫婦関係も断捨離中(笑)

様々な感情をぶつけあい、和解しながら前に進んでいます。

パートナーシップはケンカしながらもキチンと向き合うことが大切ですね。

 

生活していると自然と物が増えて行きます。

特に僕は本や知識に関する物が増えるのです。

クライアントさんのためにと思って必要なものを集めているんだけど、増えて行くと家の中の居心地が知らず知らずのうちに悪くなっていきます。

断捨離をしていたら、子供の頃に、どんな生き方がしたいのかを思い出した。

「座って半畳、寝て一畳」

 

小学校の頃から縁があって地域の倶楽部に入って、山登りやキャンプなどの冒険をしていました。

山登りって自分が背負えるものしか持てないのです。

必要最低限のものしか用意できません。

山の中では売ってませんからね。

山の中で調達できるものは調達しますが、ほとんど不可能に近いです。

厳選したものしか持ち歩きません。

 

それに比べると海外のバックパック旅行は楽です。

物が売っているから。なければ買えばいいのです。

お金があればなんとかなります。

山の中ではお金があっても火のたき付けにしか使えません。

 

単独で山の中に入る時には、衣食住のすべてを背負って歩きます。

そんな時に感じたのは「座って半畳、寝て一畳」という言葉なのです。

人間って自分が持てるだけのもので生きていけるのです。

 

バックパックひとつで世界も放浪出来るし、自然の中にも入っていける。

青空は世界中につながっている。自由にどこにでもいけるんだ!

そんなことを思ったものです。

 

なので、仕事も道具がなくても自分に身につけたものでできるものがいい。

場所もどこでもできるものがいい。

 

頭に知識を入れて、手に職をつけて、足でどこにでもいけるもの。

それにハートに熱き想いと、冷静な目があればいい。

人の話をよく聞ける耳があり、自分が進む道を選べる鼻があればいい。

たまにも美味しい物に舌鼓を打ちながら、いろんな話ができる口があればいい。

 

人間である自分を100%楽しみたいんだ!

 

高校生だか大学生くらいの時に思ったんだよね。

今でもそれは何一つ変わっていない。

 

断捨離をしながらそんなことを思い出しました。

 

あっ!その時と違うことがひとつあった。

 

奥さんというパートナーがいること。

今はちょっとだけ考え方も進化しているようです。

それも言葉にしておかなくっちゃ。

 
■ソースワークショップ発見編
ワクワクという自分だけが持つ才能であり個性を見つけていきます。
自分自身がどんな人間なのかを知り、それを人生に活かす方法を学びます。
第67期 10月19日(土)20日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

■ソースワークショップ活用編
自分自身のワクワクする感覚を世界に表現していくが活用編。
理想の人生を歩むマニュアルは自分で作ることができるのです。
第23期 10月13日(日)14日(月祝)
http://www.yoriyoku.com/source/

発見編・活用編同時お申し込みの方へお得な割引制度を導入しました。
この二つのワークショップを受けることで自分らしい人生を引き寄せましょう。

■個人セッション
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm


金木犀とアデニウム

秋の雨と金木犀の香りと久保田利伸の音楽がいい感じの週末です。

アデニウムも成長がゆっくりとしてきました。

葉っぱは伸びなくなってきていますが茎はイモ化してきています。

植物の成長はゆっくりですが確実に育って行くのですね。

季節は実りの秋ですから砂漠育ちのアデニウム君たちも日本に気候に従った成長をしていくのでしょうか。

今日は秋の長雨と急な冷え込みのため家に避難させて撮影しました。

雨が上がって気温が上がるまでは室内にいてもらいましょう。

IMG_0957

横からみると育っているのがよくわかります。

アデニウムの地下で根が育ってる!

傾いている赤レンジャー君の鉢の変形してるでしょ。そして根っこが太いです。そのせいか幹も傾いています。

一番太いアデニウム

一番大きな緑レンジャー君は、身長は90mm、ウェスト146mmです。

 

特徴を生かして盆栽風に育てていこうかなと思ったりしています。

個性を生かして育っていくといいな。

2年の冬越えが日本でアデニウムを育てている人たちのひとつの山場だそうです。

見守りつつ楽しんで行きましょう。

 

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


「パートナーシップ」の本質とは?

あなたにとって「パートナーシップ」ということはどんな意味を持っていますか?

 

昨日のブログでは「はたらく」ことについて書きました。

その時にはハッキリとパートナーシップって、「こうだ!」という確信があったのですが、忘れました(笑)

イメージは頭の中にあるのですが、言語化されていません。

僕の頭の中は、いろんなことを考えるのに絵を使っています。

考えているフリをしている時には、言葉が湧いてくるのを待っています(笑)

うんうんとグルグルと思考が回っている時には考えているのではなく悩んでいるのです。

書いてみます。答えがでるかも。

 

働くことは矢印が外側に向かっています。パートナーシップは内側を向いています。

はたらくことは「社会につながる」ことなんですが、パートナーシップは「自分とつながる」ことに大きく関係しています。

生まれてからの人間関係、特に父親、母親の影響を大きく受けて育ちます。兄弟姉妹がいる人も影響をたくさん受けます。

祖父、祖母も直接的にも間接的にも影響を与えています。

これは血縁関係という宝物と呪縛を受け継ぐともいえます。

人間関係の基本を学ぶのが家族です。

この辺りのもつれを解消して、今を生きることは個人セッションで扱う大きなテーマでもあります。

 

そんな人間関係の基礎を学び、実際に実践するのがパートナーシップです。

パートナーシップは人間関係の中で最も濃いものになります。

ここに自分の内面と向き合い、幸せや豊かさを手に入れる鍵が眠っています。

 

自分の精神を成長させたいという人は、自発的に仕事をしたり、積極的にパートナーと関わることが一番の近道です。

近道なんだけど一生のライフワークでもあるのです。

 

パートナーは自分と合わせ鏡のようなもの。

お互いが与えあう関係になった時に、気づけることがあるのです。

それは何度でもやってきます。

 

■ソースワークショップ発見編
ワクワクという自分だけが持つ才能であり個性を見つけていきます。
自分自身がどんな人間なのかを知り、それを人生に活かす方法を学びます。
第67期 10月19日(土)20日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

■ソースワークショップ活用編
自分自身のワクワクする感覚を世界に表現していくが活用編。
理想の人生を歩むマニュアルは自分で作ることができるのです。
第23期 10月13日(日)14日(月祝)
http://www.yoriyoku.com/source/

発見編・活用編同時お申し込みの方へお得な割引制度を導入しました。
この二つのワークショップを受けることで自分らしい人生を引き寄せましょう。

■個人セッション
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm


「はたらく」ことの本質とは?

あなたにとって「はたらく」ということはどんな意味を持っているでしょうか?

 

 

僕は「はたらく」ことの本質は、「社会とつながること」だと思っています。

社会も分解していくと人なんです。人が集まると社会になる。

家族はちょっとだけ違います。血縁は除きます。

 

仕事が嫌いという人も多いのですが、

もし、仕事をしなくても良くなったら、何をするのでしょうか?

1人リゾートでのんびりしたいという人もいるでしょう。

それを一生続けることはできるのでしょうか?

 

巨万の富を稼いだ人を見ていると、次に何をするかといえば慈善事業をする人も多いです。

これも社会とつながることと同じです。

はたらくという行為は、お金を稼ぐだけではないのです。

人と人がつながるからこそ、お金の流れが出来るのに過ぎないのです。

体に血液が巡るように、お金も人と人の間を流れていくのです。

人が作ったものはすべて人と人をつなぐものだと言っても過言ではないでしょう。

それが働くことの本質です。

 

自分を外の世界に向けて開いていくということ。そして、つながっていくこと。

それが「はたらく」ことの本質です。

 

今、はたらくことを応援するサービスを立ち上げ中です。

楽しく働く、自分らしく働く、働くためのマインドをバージョンアップする。

メンタル面からはたらくについてサポートします。

最後は在り方にたどり着きます。

それは美しいんだよね。

 

■ソースワークショップ発見編
ワクワクという自分だけが持つ才能であり個性を見つけていきます。
自分自身がどんな人間なのかを知り、それを人生に活かす方法を学びます。
第67期 10月19日(土)20日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

■ソースワークショップ活用編
自分自身のワクワクする感覚を世界に表現していくが活用編。
理想の人生を歩むマニュアルは自分で作ることができるのです。
第23期 10月13日(日)14日(月祝)
http://www.yoriyoku.com/source/

発見編・活用編同時お申し込みの方へお得な割引制度を導入しました。
この二つのワークショップを受けることで自分らしい人生を引き寄せましょう。

■個人セッション
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm