やりたいことがないという悩みの解決法

やりたいことがない。

こういう問題がある人がいます。

僕でした。

プロセラピストの上田正敏です。

やりたいことがないということには二つのパターンがあります。

ひとつは、やりたいことをやっていない、もうひとつは、やりたいことをやっていることです。

書くと当たり前なんですが、これ意外と重要なのです。

 

やりたいことをやっていない人の場合の解決策は、やりたいことをするということなんです。

でも、やりたいことがわからない、ということが問題になったりします。

原因はなんでしょうか?

やりたいことを我慢してきたことが大きいです。

もしかしたら、親が我慢するように言っていたのかもしれません。

もしかしたら、社会が我慢するように言っていたのかもしれません。

もしかしたら、友人との関係で空気を読んで我慢していたのかもしれません。

もしかしたら、我慢が良いものだと思っているかもしれません。

もしかしたら、自分で我慢をすることを強制しているのかもしれません。

 

やりたいことをすることをどこかで禁止しています。

 

最初はちょっとした我慢かもしれません。

そのうちに禁止してしまうことがあります。

しかもそれは禁止したことも忘れてしまっていて、禁止している状態がずっと続いていることがあるのです。

この禁止を解くのが僕の専門の仕事です。

 

どうしたらいいのか?

ちょっとでも、やりたいことをやることからスタートです。

自分にとって特になることではないかもしれません。

例えば、体に良いものではなく、悪いものを食べるようなことなのかもしれません。

自分にとって全く何の役に立たないことを、することなのかもしれません。

小さなところからスタートです。

 

もうひとつの、やりたいことをしているから、やりたいことがないという人もいます。

例えば、好きなことを仕事にした人たちです。

やりたいことをやっているから、やりたいことがなくなってしまうというもの。

 

なので、まずはじめに、やりたいことをやっている、と自分を認めることから始まります。

現実とは潜在意識が望んでいる結果であるからです。

 

面白いもので、好きなことをしていると、それだけになりがちなのです。

一人の人間は多様性を持っています。

やりたいことや好きなことってひとつではないのです。

様々な分野で、様々な好きなことをすることが大事になります。

ちょっとでも、やりたいことがあるなら、やってみることが大切です。

 

それでもやりたいことがない場合はどうするのか?

絶対に嫌だということをやることです。

ここに大きなヒントがあります。

この「絶対に嫌だ」というものから始めるのをオススメします。

そして「嫌だ」と思っていることもやってみるといいですね。

好きと嫌いって同じ感情ですから。

 

やりたいことがない時は、チャンスでもあります。

それは自分の枠を広げることになるから。

違う分野に進出するという合図なのかもしれません。

 

「やりたいことがない」というテーマはずっと研究しています。

ワクワクすることから人生を組み立ていくライフデザインが僕がやりたいことだから。

 

本当に好きなことって、ずっとやっちゃうことなんですよね。

逃げられないテーマといってもいいですね。

 

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

 


成功している人は◯◯力がある

幸せに成功している人たちの特徴を見つけました。

起業してうまくいく人の独自のノリというものがあります。

これはコミュニケーション能力とも関係していることです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

僕は起業の基本は小学校ですべて教わっていると思っています。

答えはシンプル。

 

コール&レスポンス。

 

つまり反応力です。

返事をするということです。

 

この返事が気持ちががいいのです。

こちらまで明るく元気になるような反応。

愛嬌力もあるといいのでしょう。

返事をするというのは、相手の言葉を受け取ったよという合図。

これ、ボーッとしていたり、話を聞いていなければ、返事はできません。

 

気持ちが良い返事をする人に出会い確信しました。

気持ち良い返事をする。

コールされたらレスポンスする。

 

カウンセリングの傾聴もレスポンスのバリエーション。

コミュニケーションの基本も返事ですね。

 

基本を思い出しました。

ありがとう。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


簡単に専門家になるためには○○をするだけでいい

その道の専門家になるためにには何をすればいいでしょうか?

そんな問いをいただきました。

僕はこの方法をオススメしています。

 

プロセラピストの上田正敏です。

では、答えをいきなりいいます。

その分野の本を10冊読んでください。

 

著者も様々な分野で人であり、様々な切り口で書かれている本がオススメです。

本は著者が人生をかけた集大成ともいえることを惜しみなく伝えています。

学術的なものから怪しいそうなものまで、読むとその業界が見えてきます。

 

本を買ったら積んではいけません。

全部の本に目を通します。

読まなくてもいい。

パラパラと全ページめくります。

それを10冊すべてに行います。

 

そして、著者のプロフィール、目次、前書き、後書きを読みます。

これだけでいろんな気づきが生まれます。

 

最後に気になった本から読んでいけばいいのです。

1冊ずつでも、複数冊を平行でもお好きなように。

読まなくてもそれは選択の自由です。

 

10冊の本の知識を頭に通したら、その道の専門家になれます。

普通の人たちよりも知っているレベルにはなれます。

ちなみにプロになれるかは別です。

プロは実践家ですから、行動が伴わないとなれないから。

 

どの分野でもすぐに専門家になりたいなら本を10冊読む。

僕の場合、数冊は漫画になったりもしますが、それでいいのです。

 

ブログではダメですかと聞かれますが、ブログよりもきちんとまとまった本がオススメです。

編集者の人たちの仕事は素晴らしいことがわかります。

 

専門家になりたければ、その分野の本をまず10冊読む。

シンプルな方法です。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


上田正敏というユニット

人は一人ではできていません。

パートナーがとても重要になってきます。

特に夫婦のパートナーシップです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

多くの人が実はユニットという考え方をしています。

 

例えばユーミン。

松任谷由実という個人の才能だけではありません。

もちろん彼女の才能はずば抜けています。

旦那さんである松任谷正隆さんという存在があり、二人でユーミンというユニットを作っているというのが正確なところでしょう。

 

例えば、岡本太郎。

岡本太郎は「自分が岡本太郎である」と決めて演じていたという話があります。

彼の言った言葉は、パートナーの岡本敏子さんが常に側にいてメモをしていて、文章として残していました。

岡本太郎は、岡本太郎と岡本敏子のユニットであるということです。

 

二人でいる時間が多いということはお互いが影響を与え合っているということです。

表に出る人は一人かもしれません。

その裏には鍵を握る大切な人が隠れていることが多いです。

光と陰のように2つで1セットのような関係性があるのです。

 

一人の人間の中でも右脳と左脳があり、一人の人間の中に二人のような関係性があると言われています。

左脳が質問を作り、右脳が答えるという仕組みあるのです。

これは一人の内側で起きていることですが、外側でも起きていることに注目することは大切です。

それがパートナーなのです。

 

お互いが質問をしあい、答えあっている。

お互いの話がさらなる深淵にいくような対話をしている。

同じ経験をしていくことで、それぞれが感じあい、シェアをしあっているのです。

一人で経験していくよりも二人で経験していくことは、豊かさが2倍どころの騒ぎではありません。

何倍にも豊かさが増えていきます。

 

僕、正敏がブログなので表現者としていることが多いのですが、うちの奥様である恵子の存在は必要不可欠です。

彼女のビジョンと洞察があるからこそ、ブログが書けているし、プロセラピストとして仕事ができているのです。

彼女がいなければ、人生はまた違った道を歩んでいたことでしょう。

 

表現者の裏に支えている人がいます。

パートナーに感謝です。

けいちゃん、ありがとう。

 

自分を支えてくれている人に感謝をすることも大切です。

憧れている人の裏にいる人はどんな人なのだろうかと観察してみるといろんなことがわかります。

僕が尊敬している人たちの多くはステキなパートナーがいる人が多いです。

一人ではいけない高みに達するために、パートナーが必要なのかもしれませんね。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 

 

 


やる気がくるのを待っていたら人生終わってしまう!

やる気がないからできない。

そんな話をよく聞きます。

これ順番が逆なのです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

やる気っていったいなんでしょうか?

気という文字を使っているのでエネルギーですね。

衝動的なエネルギーでしょうか。

思ったことを現実に変えていくエネルギーがやる気。

 

やる気がないからできない。

やる気がでたらやる。

やる気がでるまで待っている。

 

これを言っているうちに人生が終わってしまいます。

なぜならやる気というものは、やらないとでないからです。

脳の仕組み上、やるからやる気が起きるスイッチが入るのです。

 

これ進化学から考えるとわかりやすいのだけれど、生物は、頭ができる前に体ができています。

やる気はホルモンにも関係していて、ホルモンは脳からの信号ではなく、体からの信号です。

つまり、体を動かさないとやる気ホルモンはでません。

 

体が動いて、頭が体が動いているのを認識するのです。

これは実験でも証明されています。

 

頭で未来を予測することはできるけれど、実際に体を動かさなければ現実することはありません。

頭はイメージすることはできるけれど、現実の影響を及ぼすことはできません。

必ず体の助けがいるのです。

 

そして、体はとても賢くて、自分がやりたいことをやりたがる性質を持っています。

つまり、直感的に動いている人や体の声を聞いている人は、体優先で動くので実現していくのです。

頭優先の人は、考えているだけで、何もしないから現実は変わりません。

シンプルなことです。

 

やる気は、動くまででません。

やる気がないなら動くこと。

動いているうちにやる気はでてきます。

 

えっ?動いてもやる気がでない?

それは・・・やりたくないことなのかもよ。

 

さらには、やりたくないと勘違いしているだけかもね。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 

 

 


心も体も扱える信頼できるセラピストを探してたらすでにいたんだよね

体の問題を解決したいと古くからの友人がセッションを受けてくれました。

体の問題といっても病気ではありません。

とある目的のためにもっと体のパフォーマンスをアップしたいというものでした。

ロルフィングやアレキサンダーテクニークや様々な代替療法を探していたんだけどピンとこない。

あっ!そうだ!まぁちゃんがいた!

と思い出してもらったのです。

 

心と体と魂をひとつにするというコンセプトの代替医療の中でも心からのアプローチが得意だったな。

でも予防医療など体からのアプローチも学び、さらに総合的になったのを思い出したと言ってセッションを受けてくれました。

今まですべての知識と技術の総動員のセッションで充実した時間を過ごせました。

ありがとうございます。

 

プロセラピストの上田正敏です。

クライアントさんが、覚えていてくれること。

クライアントさんが、もしもの時に思い出してくれること。

クライアントさんにとって、専門家として認知されていること。

これほど嬉しいことはありません。

 

何時でも何処でも誰かの役に立てることは、社会の一員としてつながっていることが嬉しいのです。

人は誰かの役に立っています。これには例外はありません。

どんな人でも必ずです。

 

どのように役立てるかを選ぶことも可能なのです。

それを自覚していることは幸せなことだと思っています。

 

信頼を作るには時間がかかります。

プロとして継続していくことは、信頼を得ていく時に必要不可欠だと思っています。

この仕事を続けていて良かった。

そう思います。

 

出会いというチャンスは偶然かもしれません。

ただ続けるという行為は自分自身で選ぶことができます。

続けているからこそ幸運もやってくるというものです。

 

セッションなんですが、体の構造のことから、体と心のつながり、必要な栄養や運動のこと、武道的な体の使い方やイメージでの体の動かし方・・・

質問されたら次から次へと質問に答えている僕がいました。

そしていつもながら、自分の答えに自分で感心していました。

 

自分の体で実践していることしか話をしないので、ちゃんと伝わるんですね。

相手が受け取りやすい言葉で自然と話している。

ちょっといつもと表現が変わってくるので、自分の理解の幅が広がるのです。

 

このセッションの効果がどのように実践の場で生かされるのか楽しみです。

潜在的な能力がアップしているはずなので、結果がでるはずなのです。

報告を楽しみにまた精進を重ねていきます。

 

体のセッションは今現在、裏メニューになっています。

詳細はお問い合わせください。

ちゃんとメニューにのせるように頑張ります。

更新しようねWebサイト >俺

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 


起業家のマインドセット

サラリーマンのマインドセット。

起業家のマインドセット。

それぞれの生き方によりマインドセットが違います。

 

プロセラピストの上田正敏です。

マインドセットって、簡単にいえば、思い込みや信じ込みです。

思考や考え方といってもいいでしょう。

 

人は、自分の思考が自分自身だと思っていますが、それは本当ではありません。

思考は、入れ替えることが可能です。

知識が入ることや、気づきが起きることで思考は変わります。

 

仕事によってはマインドセットは違うし、生き方によってもマインドセットは違っていきます。

人はそれぞれ、自分が意識的に無意識的に選んだマインドセットで活動しているのです。

感情も深く関わってきますが、それはまたの機会に。

 

僕が起業をしてから一番苦労をしたのはマインドセットを変えるということ。

新しくセットする必要なものもあれば、書き変える必要があるものまでありました。

 

教育もマインドセットするツールと言っていいでしょう。

文化もマインドセットになっていきます。

生まれた国や時代でもマインドセットは変わってきます。

 

サラリーマン時代のマインドセットは、お金は時給で稼ぐもの。

起業してからのマインドセットは、お金は相手が喜び応じた感謝。

 

全く違うものなんですね。

 

サラリーマン時代の考え方をしていたら、起業して上手くいかないことが多いです。

僕自身は、おのずとうまくいかないから、専門家の知恵や技術を借りて、マインドセットを変えてきました。

自分ではよきものとしているマインドセットが邪魔をしているということもありますから。

多忙は怠惰の隠れ蓑といいますが、良いものの中に悪いものがあり、悪いものの中にも良いものがあります。

 

考え方を変える。

 

言葉で言うのは簡単。実際に変えるのは難しいですね。

僕自身はセラピーの技術を覚えて、よきメンター達に恵まれてマインドセットは変わっていきました。

起業家のマインドセットに変わりたい人は、その知恵を伝えていきます。

こうやって、マインドは伝わっていくのだと感心している今日この頃。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 


自分で価値を決めるということ

昨日のブログ「時間を売るのか?価値を売るのか?」の反響が大きかったです。

反応の温度差もあり興味深いテーマですね。

ここには大きな壁があると思っています。

僕自身もこれが腑に落ちるまでに3年くらいかかりました。

 

プロセラピストの上田正敏です。

仕事とは相手に価値を提供することです。

時間給のバイトも時間という価値を与えています。

 

仕事の対価のお金を考えると2つの要素があります。

料金 = 量 × 質

 

バイトは時間をお金に変えています。

これも経験値が上がって必要だと思われると時給がアップします。

それは質が上がるからです。

 

時間というものは有限ですが、質は無限に大きくすることができます。

しかも時間だけは、誰もが平等に与えられているものです。

1年365日は誰もが決まっています。

 

質に焦点を当てて欲しいのです。

 

それにはどうしたらいいのか?

その答えは、自分で価値を決めるということです。

 

僕たちは消費のプロです。

毎日、何かを買って生きています。

今までどれだけ物やサービスを買ってきたでしょうか。

これだけ続けられるということはプロも同然です。

 

自分で買ったものを、自分で値段をつけてみましょう。

自分の満足度だけで値段を決めるのです。

それと実際に買ったものとを比較します。

 

自分がつけた値段 > 実際の値段 ・・・お得です。

自分がつけた値段 = 実際の値段 ・・・妥当な値段です。

自分がつけた値段 < 実際の値段 ・・・損をした。

 

ということになります。

もちろん、自分には価値を感じなかったけれども、他の誰かには価値がある場合もありますので、あくまでこれは、自分査定です。

 

自分にとって価値があったのか?

 

これが大切です。

ついついリピートしちゃうものって、最初の自分の感じた価値が実際の値段よりも安かった時なんですよね。

あまりに嬉しくてチップを渡してしまったりすることもありますから。

 

この視点で自分の何にお金を使っているのか?

何に価値を感じているのか?

感じて考えてみる。

 

これが価値を売る人になる最初の一歩にオススメです。

起業したい人にはとっても大事だし、生産性をあげたい人にもオススメです。

お金って面白い!

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


遊ぶとは悪なのか?

僕は遊んでいないとダメな人間になってしまうと書いたら、こんな質問を受けました。

 

「遊びは悪だ。遊びを断って、頑張れ」と言われた。

遊ぶことは悪いことなのでしょうか?

 

あなたはどう思いますか。

 

プロセラピストの上田正敏です。

遊びとは何か?

僕は人間にしかできない知的好奇心を満たすものだと思っています。

創造力の源になっています。

 

生物学的にみると、動物って無駄なことはほとんどしないんですよ。

お腹がいっぱいなら寝ています。

お腹が空いたら狩にでます。

シンプルです。

 

ところが人間は、無駄なことをしたがるのです。

無駄とは余計なことです。

ただ、この余計なことをしているから文化や文明が発達してきました。

今現在、地球は人間の時代といえるくらいになっています。

 

遊びというのはとても大切だと思っています。

余裕があることも遊びを作るという言いますね。

 

「遊ばずに頑張れ!」

これほとんどの人が受験の時に言われるんじゃないかな。

 

赤ちゃんに遊ぶなとは言わないでしょう。

幼稚園の時にも遊ぶなとは言われないかも。

「遊んでいないでご飯食べなさい。」はあるかな。

小学校に入って、「遊んでないで宿題しなさい。」とか言われたりしますね。

この辺りからでしょうか。

遊ぶなと言われるのは。

 

受験も大きく関係してきている気がします。

「試験に受かるために、遊んでいないで、勉強しなさい。」

親や先生がよくいう台詞です。

 

 

中学校の時には試験1週間前だと早く学校が終わって、市民プールに遊びに行ったら、担任から怒られて学年でも問題になったようなことがありました。

うちでは、試験一週間前になって、どうしても山に行きたいと思っていた時に、親に言われたのは「行ってらっしゃい」という言葉です。

「お前は飽きっぽいから、山に行って気分転換したほうが、勉強にも集中できるから。」

と背中を押してもらったことを覚えています。

 

聞いた話によると、デモクラティックスクールでは、ゲームだろうが、遊びだろうが、禁止はしないそうです。

「ゲームはしないの?」

「もうゲームは飽きちゃったよ。」

「なんで?」

「だって1日中寝ないでやっていたら、目が痛くて開けられなくなっちゃったんだ。思う存分にやったから、もうそれで卒業だね。」

「へぇ。」

何をどれくらいやるかは自分で決めるのです。

勉強もどれくらいやるのか自分で決めるのだそうです。

 

違うエピソードも。

今まで算数も数学も勉強をしたことがなくて、「突然に数学が勉強したい」と15歳くらいなって初めて思ったそうです。

そうしたら約3ヶ月で小学校の算数、中学校の数学を学び終えたそうです。

しかも楽しかったとさらに高校数学まで学ぼうという意欲を持っていたそうです。

 

普通の親は、「遊んでいないで、勉強しなさい。」というような言葉を言うのではないでしょうか。

この「遊ばない」という禁止や否定は脳科学的には言ってはいけない言葉です。

 

「すっぱい食べ物を思い出さないでください。

みずみずしいレモンを半分に切ることを想像しないで下さい。

果汁が滴り落ちたのが口に入っていること想像しないで下さい。」

と言われたらどうでしょうか?

 

これを書きながら、口の中は唾液でいっぱいです(笑)

禁止は欲求に火をつけます。

禁止されればされるほどやりたくなってしまうのです。

 

右脳は禁止を理解でいないので、「やめろ」というのは「やれ」と変換されてしまいます。

がまんを続けすぎると心や体を壊しちゃったりしますからね。

 

犬がおいしそうな餌を前に「待て」と言われ続けたらどうなるでしょうか?

数秒?数分?数日?数年?

 

遊ばないで勉強することが大切なのではありません。

これは方法です。

目的は何でしょう?

受験なら、合格するのが目的です。

合格すれば何でもいいのです。

 

ひとつの戦略として、「遊ばない」はありかもしれません。

それは人に言われて選択するのではなく、自分で感じて自分で考えて自分で選ぶことが大切なのです。

 

そういえば大学院の助手の先生から色紙をもらったことを思い出します。

「よく遊び、よく学べ!」

どちらもバランスよくすることが大切です。

そのバランスも自分がベストなパフォーマンスをだせるように工夫することが大切になります。

 

僕は会社員時代に仕事が嫌いでした。

ところがある時から決めたのです。

仕事は遊びなんだと。

 

遊びは仕事と違って手を抜けないな。

手を抜かないようには楽しくなるように工夫しようと。

それを話したら上司に怒られたんだけど、遊びの意味を力説したら理解してもらいました。

 

今でも面白いと思ったら、トコトンのめり込みます。

興味を持って面白いと思ったセミナーもいきます。

そうすると「宿題か。嫌だな。」という人がたまにいます。

「嫌ならお金払ってまで来なければいいのに。自由参加なのに。」

とついつい思ってしまいます。

僕の場合は、面白いと思ってのめるこんでいるうちに、遊びが仕事になっていきます。

お金のために勉強しにいくのはありません。

面白いから勉強にいくのです。

面白いから学び、学んだらもっと面白いからもっと学んでいく。

そのうちに、それを仕事にしないかと他者に誘われるのです。

僕の場合、遊びが仕事になっていくプロセスをたくさん体験しています。

 

宿題が嫌だと言っている人は、

勉強は嫌だという強迫観念があるのでしょうか?

仕事は嫌だという脅迫観念があるのでしょうか?

 

脅迫観念は外すことが可能です。

それが僕の仕事です。

観念が変えられるというのに興味を持ち続けて、ずっとのめり込んでいます。

人間の面白さは僕の好奇心をいつも刺激してくれます。

 

遊びは悪だと決めつけないこと。

だからといって

遊びは善だと決めつけないこと。

 

善悪二元論では物事は解決しません。

 

遊びは遊びにすぎないのです。

 

よく遊び!よく学べ!

そのバランスは自分で見つけろ!

 

これで答えになっているでしょうか。

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 


他人の未来に必死で頑張れる人

映画を見ていて感動した言葉。

先生みたいに他人の未来に必死で頑張れる人になりたい。

(たしかこんな言葉)

あぁ、今も僕の仕事の本質はこれだと思ったのです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

この映画を見たのは、先日も登場したまんちゃんの影響です。

スカイプをする前に、9タイプのテストをしてみてということだったのでした。



この本の著者はあのビリギャルの著者であり



そんで映画を見ようと思ったわけです。



 

この9タイプってエニアグラムなんだよね。

エニアグラムはスフィーを起源にしているから何千年かの歴史がある考え方です。

以前も別のコーチの人が、エニアグラムと全く同じなのにも関わらず、「これはだれだれ先生のオリジナルのものだ。」と言ったりしていて、なんだかなぁと思っことにもつながっています。

なんで、オリジナルと人は言いたがるのでしょうね?

 

エニアグラムは個人セッションにも使っています。

僕の使い方は、人によってその人の持つ要素は変わると考えています。

9つのタイプすべて持っているのだけれど、相手によって表現される性格は変わると考えています。

 

今現在、主流のエニアグラムはテストを受けて、性格を判定します。

9タイプテストを受けて見ました。

以前のテストでは僕は5の知識の人だったと思ったんだけど、今回は、楽天家としてでました。

これは7なのかな?

時と共に変わるものなんでしょうね。

 

で、映画ビリギャルを見たのです。

その中ででてきたフレーズが

他人の未来に必死で頑張れる人

というもの。

 

僕の中では、自分自身の探求と他人の未来に対して頑張れる人が同居しているのです。

人間を探求していると、最後は探求したことを表現していくことになる。

自分を発見したら、それは表現されるものなのです。

そういう意味では、いつでも自分探しはしているし、いつでも自分を表現していくことになります。

自分探しというよりも知らない自分と出会うと言ったほうが伝わるでしょうか。

 

クライアントさんが気づいていない自分に気づき、その自分を表現するために行動をしていくことをサポートすることが、喜びなのです。

ライフチェンジの本質的な部分です。

 

人との出会いから新しい何かに出会います。

それがご縁というものなんでしょうね。

ピンときたらやってみることは大切ですね。

 
■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/