生まれて出会い別れて死んでいくだけのこと

世の中にはドラマがある。

喜怒哀楽すべての感情が揺さぶられるのがドラマだ。

自分の中で作られた物語を自分が体験しているだけなのです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

人の一生をニュートラルに書けば

 

生まれて出会い別れて死んでいく

 

ということだけなのです。

ここに幸せや不幸のドラマを作り出すのが人間。

きっと集団を維持するために感情から生まれるドラマが必要だったのでしょう。

これは良い面もあれば悪い面もあるのです。

 

良い面は感動でしょう。

喜びにつながるものです。

 

悪い面はストレスです。

それによってひどい時には病気になったりもします。

それに落ち込んだり、混乱したり、幻滅したり、引きこもったり、失望したり、嫉妬したり、様々な感情がドラマを生み出します。

ドラマは一人で起こることは少ないのです。

ほとんどのドラマは相手がいることです。

出会いと別れにはドラマがつきものです。

 

人は出会って、そして別れる。

 

これが事実であり、そこに感情がドラマを生み出し、人によって様々な意味づけがされていきます。

ドラマは事実ではなく、幻想です。

脳内が作り出す夢幻です。

 

ただ、この感情があるからこそ他人に共感ができるという側面があったりもするのです。

 

僕ら夫婦でやっているセラピーは、このドラマを作り変えます。

事実は変えることはできませんが、ドラマは変えることができるのです。

様々な脚色されたドラマを、できる限り事実に近づけていきます。

そうすることで、問題が解決したり、新しい夢が見つかったりするのです。

心の世界はとても興味深いものがあります。

 

事実は本当にシンプルです。

 

人は生まれて、出会い、別れ、死んでいく。

 

その中で、どれだけ幸せを感じていられるのかが大切だと思っています。

今この瞬間を楽しみながら、自分の生まれてきた目的を忘れずにいること。

これができるだけで、充実感を感じている人生になるのだなと確信しています。

 

さよならだけが人生さ。

確かにそうかもしれません。

日常です。

 

I was born to love you.

こんなことを言うとドラマが始まりますね。

そんなの幻想だよと野暮なことは言いませんよ(笑)

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■未来を変えるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 


頭の中を書くこと

悩んでいる時に何をやるのか?

グルグルと頭の中で考え続けても答えは見つかりません。

それは考えているのではなく、ネガティブな感情でグルグルと反応をしているだけです。

森の中を彷徨い続けるようなものです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

悩んでいる時の解消法のひとつに、紙に書き出すというものがあります。

ルールはありません。

ただ書く。

文字だけでなく絵を描いてもいいです。

実際にセラピーの現場では子供は絵を描いてもらうこともあります。

大人も同じで、言葉だけでは表現できない場合、絵も描くことで問題の本質が見えて来ることがあります。

 

ノートに思いついたことを書き出すのです。

書いたものはとっておくのがいいです。

なので、ノートがオススメ。

自分の変化がわかるために保存をしておくのです。

未来の自分が読めば、また違った見え方をするからです。

 

頭の中に言葉をとどめておくのではなく、紙に書き出すという表現をおこなう。

もちろん誰に見せなくてもいいのです。

自分だけに表現するだけでいい。

実際に紙に書く行為はストレスの軽減にも役立ちます。

 

もっと自分を掘り下げたいと思った時には山田ズーニーさんの本がオススメです。

僕はこれで書くことがさらに楽しくなりました。

ブログを書き続けていることも書くことの強さを知っているからです。

 

実際に文章を書くときの実践的な書き方が書いてあります。

これは読むだけでなく書く本です。



 

書くとは何かを知りたければこの本かな。

彼女の書くことへの熱意が伝わって来ます。



 

これも面白かったな。



 

最新刊はこれかな。これ読んでないけど、これから社会にでる人に読んでもらいたいね。



これから社会にでる人たちへはこれもオススメ。



 

究極の自己表現って、働くことだからね。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■未来を変えるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


好きなことを仕事にするために必要な力

好きなことを仕事にするために必要なことは何でしょうか?

 

稼ぐ力?

うん、それはあるけれど一番ではありません。

 

続ける力?

うん、それも大事だけれど一番ではないな。

 

好きなことの技術を磨くこと?

うん、それも大事だけれど一番ではない。

 

人を笑顔にすること?

うん、これは仕事の定義で当たり前のこと。

 

応援されること?

うん、これも大事。仕事=人間関係といってもいいからね。

 

さて、僕の答えはなんでしょう。

 

プロセラピストの上田正敏です。

僕は「夢を見る力」が一番だと思っています。

 

自分の好きを極めていくとどんな姿を想像すること

自分の好きが誰かの役立っている場面を思い描くこと。

リアルに思い描くことができるかが大切です。

 

実際にできるか、できないかなんて考える必要はありません。

できるようにするために後から考えればいいのです。

それが健全な思考の使い方。

 

損得で物事を考えてもいけません。何が得かなんてね。

どっちかといえば損をするのが大事だったりもするから。

実際には損も得もないのです。

好きだからするというシンプルな動きになるからです。

 

あれやろう、これやろうという好奇心も大切です。

好奇心とは、自分がそれを実際に手に入れたら、それをやったら手に入る感情を味わっているのです。

好奇心は未来思考です。

 

未来を想像することで創造できるようになるのです。

未来を思い描くこと。

人はイメージしたことしか実現できません。

 

キラキラ目を輝かせながら夢をみること。

その夢をみたら人に語ること。

実際に言葉にしたり写真を集めたりしてもいい。

頭の中にあるイメージを外の世界に表現するのです。

 

夢を見て語りましょう。

そんな自由な場を作りたいな。

(妄想中)


■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■未来を変えるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


上田正敏47才ゆとり人間(情熱大陸風に・・・)

「ゆとり世代が・・・」という言葉をよく聞く。

実際に小学校や高校にワークショップに行って、「最近の子たちと僕らの時代」を比較して考えてしまう。

僕らの時代の人たちと自分自身も比較してみえたことがある。

俺、ゆとりだ。

 

プロセラピストの上田正敏です。

ナチュラルメディカルカレッジでのワークは技術だけでなく、人間性を育てるために様々なワークを行なっています。

自分に気づくということがよく起こります。

僕がそこで気付いたことは、「俺ゆとりかも」ということ。

 

今のゆとり世代の人たちと同じような考え方をしているということがわかったのです。

当たり前なことなんだけど、すべて同じだとは思いませんがある思考パターンは似ているということ。

がんばるということができないのです。

がんばることができないから、どうしたらがんばれるかと考えて、好きなことをしているのです。

がんばるって無理してやるというニュアンスがありますが、面白いからついついやってしまう状態を作ることを心がけていたら、がんばることができなくなってきました。

もっと正確にいえば、能力がないことは全くできません。

努力すれば多少はできますが、時間もエネルギーも過剰に使います。

本当に自分マニュアルをどれだけ作るかが大事ですね。

 

ゆとり世代の特徴である一から十まで言われなければやらないと言われていますが、僕もそうです。

僕は自分で考えろと言われても自分で考えられない。

だって、あなたの頭で考えていることと僕の頭で考えていることが違うし、考える思考法も違うし、気付いていることも違うし、わかっていることも違う。

お互いの知恵をだしあって、新しい思考を作ろうぜと考えているのです。

 

僕の場合、一から十まで言われないと、好き勝手にやってしまうので、いつまでたってもできません。

一から十まで言われても、その通りにできることもありません。

こう書くとまるでダメ人間だな(笑)

 

それでも生きられます。

大丈夫!

 

人それぞれ、自分の得意なパターン、苦手なパターンを持っています。

これが思考の癖を作っています。

この癖はちゃんと認識する機会を作ることをオススメします。

癖に気づけば、変えることを選択することも可能です。

 

まとめます。

 

ゆとり世代の人たちとゆとり人間の僕の差は何かと言えば、時代の流れでゆとりになったのではなく、ゆとりを自分の意思で選んだということ。

先人は自分でものごとを選ばなくてはいけません。

次世代の人たちは時代の流れで自動的にその良さを受け取れる。

 

でも、世の中には完璧なことはなく、自分で選ぶ人間がでてくる。

それがまた次の時代を作っていく。

これが延々と繰り返されて人類がよくなっていくものだと僕は信じている。

 

自分の思考癖に気づき、自分の今の自分に最適な思考を再インストールすれば、自分の好きという感情や身体感覚を中心にした生き方ができるようになります。

僕はここにこだわりを持ってます。

 

そのうちに悟り世代と言われているように僕も悟れるのか、それとも悟っているのでしょうかね。

 

40代から自分らしい仕事ゆとりのある生活をしたい人は個人セッションやワークショップで具体的なことを伝えています。


■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


面白いと思ったらやってみよう!

高校に自分の好きと社会の仕事をつなげるワークショップ開催してきました。

自分自身の高校生の時なんて、そんなことを考えずにのんびりと過ごしていたような気がします。

時代の流れの先端を知りたいと当時の時代の流れで電子工学の道を目指しました。

本当は人間に興味があったんだけど、医学系の道は学力と金銭の問題であきらめていました。

 

プロセラピストの上田正敏です。

選んだ道は、もちろん僕の好きな道です。

理科が好きで、特に実験が大好きで、そんな理由で理系に行くぞと決めました。

さらにいえば、国語って何が面白いのかさっぱりとわからなかったからです。

そして新しいことも好きだったので、時代の先端を味わいたいと新しい学問の分野を選びました。

高校時代の動機なんてそんなものです。

 

職業までは見ていませんでした。

後からわかったのは、電気業界は給料が安い。

さらに今わかるのは、電気メーカーは軒並み買収の対象になっているし、大きな事故で大問題になったりとしています。

でも給料が安いとか、結局は文系の人間が出世して、理系の人間は報われないとか知っておきたかったですね。

 

教育って社会の一員として仲間になる準備のようなものですから、子供の頃から実際に社会に役立つことを学んでもいいのかもしれませんね。

あまりにもアカデミックすぎて、何に使えるのか実際にわからない学問は意味がないのかもしれません。

興味を持った時に学べばいいことですから。

無理やり学ばされているから勉強が嫌いになる子が多いのです。

 

僕は仕事を選ぶ時に大切なことは、「好き」という感情だと思っています。

この感情は、自分が持って生まれたユニークな感覚です。

 

「才能」「強み」「特徴」というものは、他者との比較にすぎません。

誰かと比べた相対的なものです。

「好き」とか「ワクワク」という感覚は自分だけの絶対的なものです。

 

何かが「好き」って、自分にとっては当たり前すぎて、それには価値がないと思いがちですが、ここにこそ本当に価値があるのです。

高校生のワークショップをしていて感じたのは、自分の価値を知らず、認めず、気づかず、受け入れずというような気がしました。

キラキラとトキメクような輝きを持っています。

 

授業でその芽を摘んでいるのはもったいなという気もします。

本当に好きなことを追いかけて、それにまつわる知識を学んでいったら、もっと輝くのだろうなと感じました。

 

これからの時代、体を使った仕事はロボットが全部やってくれる時代がやってくるかもしれません。

人間より力があり、器用であり、機敏であるロボットがでてくるでしょう。

さらに、頭を使うことはAIが全部やってくれるようになるかもしれません。

人間よりも正確で、公平で、優秀なAIがでてくるでしょう。

 

そうなった時に人間は何をするのか?

仕事がなくなるという人もいます。

僕はそれでいいと思います。

仕事がなくても食べていければいいじゃないですか。

ただ、暇で暇でしかたがないということになるでしょう。

その時に、人間の持つ可能性が生まれると僕は思っています。

暇が人間の創造性を生み出す源だと思っていますから。

 

その社会をみたいなと僕は夢見ています。

芸術と哲学が充実した世界になるのかなとワクワクしています。

 

もしもそんな世界になるなら、これからの子供達に伝えたいことがあります。

 

    気になることがあれば、実際にやってみましょう。やってみなければ興味があるかわかりません。
    やってみて好きになればトコトン追求してみましょう。やめられないくらいに好きなことに出会えたら幸せですね。
    その好きなことで誰かを笑顔にしてみましょう。他人を笑顔にすることは仕事になる可能性があることです。
 

「面白そう」と思ったら「やってみる」。

自分の好奇心のままに、体を動かすことが大切です。

頭ではやった気になることができますが想像にしかすぎません。

実際に体を使って感じることが大切です。

頭よりも体のほうが正直です。

身体感覚を磨くことがとっても大切です。

この感覚は誰のものでもなく自分だけのものです。

ここに確信が持てるのか。

自己肯定感も体から生まれるものは本物です。

自分を知ることからすべてがはじまります。

 


■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


仕事が大嫌い!

僕が会社員の時に「こんな仕事いやだ!」と思っていました。

新入社員の頃は燃えていたような気もしますが3年も経つと何が面白いのかわからなくなっていました。

仕事は大嫌いなものだと思ってたんですね。

 

プロセラピストの上田正敏です。

働くことそのものに希望が持てなくなっていた会社員時代。

そうすると「仕事大嫌い!」と強く思っていました。

 

周りも普通に仕事の愚痴を言う人も多かったし、話を聞く人も仕事を嬉々としてやっている人はいませんでした。

 

義務と使命だけでやっている人が多かったのかな。

 

仕事や嫌なもので、人が嫌がることだからお金がもらえるものなんだと思い込み続けていたら今はありません。

仕事は面白くなかったのですが、趣味は楽しかったのです。

スキーやバイクで遊ぶのは楽しかったですね。

楽しいことはあったんです。

 

ある時に、ふと思ったのです。

仕事も遊びにすればいいんだって。

天と地がひっくり返ったようなアイデア。

自分でも驚きました。

 

仕事が遊びになったら楽しいのではないか。

 

そんな仮説が頭をよぎって実践してみました。

あるプロジェクトで他部署の変わった先輩と仕事をしました。

社内のコンピューターネットワークがおかしくなってその調査をするためです。

 

その時になぜか遊ぶように仕事をしますメールで書き、怒られた経験があります。

出張で調査にいったので、電車の行き帰りとその先輩と話をしたのです。

僕は、遊ぶように仕事をしなければアイデアは浮かばないと言ったのです。

 

自分で言って、あぁそうなのか、と納得しました。

ストレスは自分で自分を縛ってしまうもの。

本来の持っている良さや実力を発揮できなくなるのがストレス。

 

そこから心理学など心に興味を持ってのめり込んでいきます。

さらには、遊ぶように仕事ができないのか、と探求の道が始まります。

 

自分の思い込みやストレスを取り除くこと。

ワクワクすることを仕事にすること、仕事をワクワクするものにすること。

 

この2つの柱が僕の中にできました。

今でもライフワークとして取り組んでいるテーマです。

それが仕事になっています。

 

自分が面白いと思ったことはトコトン追求していく。

そうすると人に頼まれるようになる。

しかもお金までくれるようになるのです。

誰かが喜ぶことは仕事になる可能性を秘めています。

 

会社時代の仕事は好きになれずに辞めてしまいましたが、新しい仕事が僕を待っていてくれました。

今は仕事が好きかと言われたら、好きな仕事と嫌いな仕事がありますと答えるでしょう。

でもね、ほとんどの仕事は大好きですと答えます。

 

自分を知ることからすべては始まります。

何が好きなのかを徹底的に追求する必要があるから。

 

僕が体験してきたプロセスを仕事にしています。

だから今でも面白くて探求してしまうんですね。

誰に頼まれるわけでもなくやってしまうのです。

だからこそ人に頼まれるという不思議さ。

順番は逆なのです。

 

「好き」ってみんな単純だと思っているかもしれませんが、大人になっての「好き」はこんがらがって複雑になっています。

子供の頃のような純粋な好きに分解整理する必要があるのです。

それがソース・ワークショップという形になっています。

詳細→http://www.yoriyoku.com/source/

 

ストレスを解除したり、心のブレーキを外したり、思い込みを取り除くのは個人セッションで対応しています。

詳細→http://www.yoriyoku.com

 

特に人生を変えたいというくらいの人にはライフチェンジプログラムとして半年間の個人サービスを提供をしています。

詳細→http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

 

好きなことを仕事にしたいという人も支援しています。

詳細→http://www.yoriyoku.com/LIfeworkConsulting.html

 

全部が自分がワクワクしながら追求した結果です。

仕事を好きになることを研究していたことが、全ての始まりです。

自分の経験からスタートして多くの方をサポートをしているうちに専門家になってしまった感じなのです。

 

今の探求テーマは予防医療の知識を使ったダイエットです。

心も体も健康な体になるダイエットです。

ちまたには不健康なダイエットが多いですから。

 

好きなことを仕事にするという新しい考え方。

新しい生き方を広めていくことが喜びになっています。

これからの時代は仕事がどんどん楽しくなるんじゃないかとワクワクしています。

人類のテーマでもあると思うんですよね。

 

仕事が大嫌いだった人間がいつのまにやら仕事が大好きになっていたという話でした。


セラピストは何をしているのか何時でも自覚していること

セラピーの技術を学んだり教えたりしていて気づいたことがある。

上達が早い人は、自分にセラピーの技術を使っているし、他者にもセラピーの技術を使っています。

学ぶ人は積極的に使っていますね。

 

プロセラピストの上田正敏です。

今、セラピーの技術を教えていて、吸収力の早い生徒さんがいるのです。

なんでなのかなと観察していると、自分で使っているのです。

自分にも使って効果を感じて、周りのスタッフにもその技術を使っている。

 

しかも、毎回、実際にやってみて、うまくいかないことは気軽に聞いて来ます。

こちらも喜んで経験してきたことを伝えます。

時にはお互いに考えて意見交換してみたり。

 

実際に使った人の質問は答えるのも楽しいです。

特に知りたいのは、状況判断の理由です。

臨床で、どのように考えて、どのようにしていくのか。

実際に自分がやっていることを全部説明できるくらいではないと先生失格ではないかと思うくらいに僕もよく考えます。

 

何を見て感じとり、何を考えて、何を選択しているのか?

 

なぜ、その技術を使うのか?

 

この問いが自分を育てる一番の質問ですね。

先生がそう教えてくれたから、教科書に書いてあったから、っていう答えは、答えではありませんね。

 

改めて学びを深めるコツがつかめました。

ありがとうございます。

 

自覚って大事なことです。

反応ではなく選択。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


最近のセラピストは・・・

僕がセラピストとして起業したのは約17年前。

みんなアホみたいにセラピーの勉強をしていました。

養成講座に行くのはもちろん、再受講もするのは当たり前、さらには勉強会を開いて学んでいました。

あまりにも知的好奇心を満たすために勉強しすぎて、起業に失敗する人も多かったのは事実です。

セラピーの勉強を初めて起業するまでに3年ほどかけています。

 

起業してから学んでいたのはもちろんなのですが、何を学んだかといえば、ビジネスのことを学びました。

会社員時代は研究開発職でしたので、ビジネスの常識も全く何も知らなかったから。

特に営業とは縁が薄かったですね。

 

プロセラピストの上田正敏です。

友人のコンサルタントと話をしていて、納得したことがあります。

「最近の起業する人たちは、本業の勉強はそれほどせずに、ビジネスのこ

とばかり勉強して、実力がなくて起業に失敗する人が多いんだよ。」

という話です。

 

僕が最近学んでいるのがナチュラルメディカルでの予防医療。

そこのメンターがよく言っているのは、

「何をしてはいけないのかを知らないセラピストが多い。

そのせいでクライアントさんが体を壊したり、

大病のサインを見逃して取り返しがつかないことになったりしている。

自分のために相手のために社会のために学びなさい。」

ということ。

 

自分の技術や知識を高めること、自分の仕事を人に伝えること、どちらも必要です。

これは両輪です。

僕がオススメする方法は、自分がワクワクするような方法を見つめること。

 

技術を身につけるのにワクワクする方法は何だろう?

知識を身につけるのにワクワクする方法は何だろう?

人に伝えるためにワクワクする方法は何だろう?

 

ワクワクすることを見つけるのは、プロフェッショナルに必要不可欠な継続するためです。

継続は経験の積み重ねになっていきます。

自分づくりの基礎になります。

 

好きなことを仕事にするためには、好きなことを続けるために、自分の好きなシステムを構築することでもあります。

日々工夫の連続です。

昨日と同じ今日はないのです。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


やりたいことがないという悩みの解決法

やりたいことがない。

こういう問題がある人がいます。

僕でした。

プロセラピストの上田正敏です。

やりたいことがないということには二つのパターンがあります。

ひとつは、やりたいことをやっていない、もうひとつは、やりたいことをやっていることです。

書くと当たり前なんですが、これ意外と重要なのです。

 

やりたいことをやっていない人の場合の解決策は、やりたいことをするということなんです。

でも、やりたいことがわからない、ということが問題になったりします。

原因はなんでしょうか?

やりたいことを我慢してきたことが大きいです。

もしかしたら、親が我慢するように言っていたのかもしれません。

もしかしたら、社会が我慢するように言っていたのかもしれません。

もしかしたら、友人との関係で空気を読んで我慢していたのかもしれません。

もしかしたら、我慢が良いものだと思っているかもしれません。

もしかしたら、自分で我慢をすることを強制しているのかもしれません。

 

やりたいことをすることをどこかで禁止しています。

 

最初はちょっとした我慢かもしれません。

そのうちに禁止してしまうことがあります。

しかもそれは禁止したことも忘れてしまっていて、禁止している状態がずっと続いていることがあるのです。

この禁止を解くのが僕の専門の仕事です。

 

どうしたらいいのか?

ちょっとでも、やりたいことをやることからスタートです。

自分にとって特になることではないかもしれません。

例えば、体に良いものではなく、悪いものを食べるようなことなのかもしれません。

自分にとって全く何の役に立たないことを、することなのかもしれません。

小さなところからスタートです。

 

もうひとつの、やりたいことをしているから、やりたいことがないという人もいます。

例えば、好きなことを仕事にした人たちです。

やりたいことをやっているから、やりたいことがなくなってしまうというもの。

 

なので、まずはじめに、やりたいことをやっている、と自分を認めることから始まります。

現実とは潜在意識が望んでいる結果であるからです。

 

面白いもので、好きなことをしていると、それだけになりがちなのです。

一人の人間は多様性を持っています。

やりたいことや好きなことってひとつではないのです。

様々な分野で、様々な好きなことをすることが大事になります。

ちょっとでも、やりたいことがあるなら、やってみることが大切です。

 

それでもやりたいことがない場合はどうするのか?

絶対に嫌だということをやることです。

ここに大きなヒントがあります。

この「絶対に嫌だ」というものから始めるのをオススメします。

そして「嫌だ」と思っていることもやってみるといいですね。

好きと嫌いって同じ感情ですから。

 

やりたいことがない時は、チャンスでもあります。

それは自分の枠を広げることになるから。

違う分野に進出するという合図なのかもしれません。

 

「やりたいことがない」というテーマはずっと研究しています。

ワクワクすることから人生を組み立ていくライフデザインが僕がやりたいことだから。

 

本当に好きなことって、ずっとやっちゃうことなんですよね。

逃げられないテーマといってもいいですね。

 

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

 


成功している人は◯◯力がある

幸せに成功している人たちの特徴を見つけました。

起業してうまくいく人の独自のノリというものがあります。

これはコミュニケーション能力とも関係していることです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

僕は起業の基本は小学校ですべて教わっていると思っています。

答えはシンプル。

 

コール&レスポンス。

 

つまり反応力です。

返事をするということです。

 

この返事が気持ちががいいのです。

こちらまで明るく元気になるような反応。

愛嬌力もあるといいのでしょう。

返事をするというのは、相手の言葉を受け取ったよという合図。

これ、ボーッとしていたり、話を聞いていなければ、返事はできません。

 

気持ちが良い返事をする人に出会い確信しました。

気持ち良い返事をする。

コールされたらレスポンスする。

 

カウンセリングの傾聴もレスポンスのバリエーション。

コミュニケーションの基本も返事ですね。

 

基本を思い出しました。

ありがとう。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/