やりたいことがないという悩みの解決法

やりたいことがない。

こういう問題がある人がいます。

僕でした。

プロセラピストの上田正敏です。

やりたいことがないということには二つのパターンがあります。

ひとつは、やりたいことをやっていない、もうひとつは、やりたいことをやっていることです。

書くと当たり前なんですが、これ意外と重要なのです。

 

やりたいことをやっていない人の場合の解決策は、やりたいことをするということなんです。

でも、やりたいことがわからない、ということが問題になったりします。

原因はなんでしょうか?

やりたいことを我慢してきたことが大きいです。

もしかしたら、親が我慢するように言っていたのかもしれません。

もしかしたら、社会が我慢するように言っていたのかもしれません。

もしかしたら、友人との関係で空気を読んで我慢していたのかもしれません。

もしかしたら、我慢が良いものだと思っているかもしれません。

もしかしたら、自分で我慢をすることを強制しているのかもしれません。

 

やりたいことをすることをどこかで禁止しています。

 

最初はちょっとした我慢かもしれません。

そのうちに禁止してしまうことがあります。

しかもそれは禁止したことも忘れてしまっていて、禁止している状態がずっと続いていることがあるのです。

この禁止を解くのが僕の専門の仕事です。

 

どうしたらいいのか?

ちょっとでも、やりたいことをやることからスタートです。

自分にとって特になることではないかもしれません。

例えば、体に良いものではなく、悪いものを食べるようなことなのかもしれません。

自分にとって全く何の役に立たないことを、することなのかもしれません。

小さなところからスタートです。

 

もうひとつの、やりたいことをしているから、やりたいことがないという人もいます。

例えば、好きなことを仕事にした人たちです。

やりたいことをやっているから、やりたいことがなくなってしまうというもの。

 

なので、まずはじめに、やりたいことをやっている、と自分を認めることから始まります。

現実とは潜在意識が望んでいる結果であるからです。

 

面白いもので、好きなことをしていると、それだけになりがちなのです。

一人の人間は多様性を持っています。

やりたいことや好きなことってひとつではないのです。

様々な分野で、様々な好きなことをすることが大事になります。

ちょっとでも、やりたいことがあるなら、やってみることが大切です。

 

それでもやりたいことがない場合はどうするのか?

絶対に嫌だということをやることです。

ここに大きなヒントがあります。

この「絶対に嫌だ」というものから始めるのをオススメします。

そして「嫌だ」と思っていることもやってみるといいですね。

好きと嫌いって同じ感情ですから。

 

やりたいことがない時は、チャンスでもあります。

それは自分の枠を広げることになるから。

違う分野に進出するという合図なのかもしれません。

 

「やりたいことがない」というテーマはずっと研究しています。

ワクワクすることから人生を組み立ていくライフデザインが僕がやりたいことだから。

 

本当に好きなことって、ずっとやっちゃうことなんですよね。

逃げられないテーマといってもいいですね。

 

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

 


潜在意識の自動防御システムは人を幸せにするのか?

本能のひとつに「生き残りたい」と欲求があります。

これが人間の持つ最大限の欲です。

自分を攻撃しているものに対して、潜在意識が自動的に自分を守ろうと様々な自動プログラムが発動します。

 

プロセラピストの上田正敏です。

心理学を学ぶということは、人間の潜在意識を学ぶことと同じようなものです。

潜在意識とは、意識していない意識です。

 

例えば自転車にのる時に、たくさん練習をしたでしょう。

ペダルに足をおいて、地面を蹴って、ハンドルはしっかりと握って・・・

自動車も同じですね。

ハンドルを持って、ブレーキ踏んで、エンジンをかけて、ハンドブレーキを外して、アクセル踏んで・・・

何をするのか意識的に考えながら行動をしていたはずです。

初めてのことをする時には必ず意識的にやることになります。

だから行動をゆっくりになりますね。

 

それが慣れてくると、意識しないでできるようになります。

自転車、自動車も「あそこに行こう」と意識的に考えるくらいです。

何をどう動かしてなんて考えもしないでしょう。

 

 

人間が持つ自動防御システムも潜在意識がやっているものです。

これは経験的に学んで、人それぞれの防御システムを持っています。

子供の頃に他者から攻撃されたと感じた時にした行動で、うまくいったと感じたことを学習しています。

この学習は、生き残れば、成功したと判断されます。

あまり深く考えた学習ではありません。

本能的な反応に近いことなので、生き残ればその方法が一番だと学習していきます。

とても反応スピードが早い防衛反応です。

 

攻撃された時に、人はネガティブな感情を感じます。

この感情が引き金となって、行動を起こします。

この行動には思考も入ります。

 

人から攻撃されたと感じた時に、あらゆる言い訳を考えつきます。

頭に浮かんだ言葉すべてが防衛反応です。

 

人から攻撃されたと感じた時に、いろんな振る舞いをします。

逃げたり、戦ったり、引きこもったり、感じなくなったり、自分を責めたり・・・

様々な振る舞いを行います。

 

これすべて自動防衛反応です。

 

これ幼少期に本能的に生き延びた方法で、大人になっても同じように反応します。

上書きしなければ、ずっと子供のような反応をしてしまいます。

 

これ脳科学的には本能に近いところなので、学習をしても変えることはなかなかに難しいことです。

本を読んだり、話を聞いたりしたくらいでは、変わることは難しいのです。

 

そんな研究が20世紀終わり頃からさかんに研究され、心理学やセラピーの分野が発展しました。

 

僕らの仕事のひとつは、この自動防衛反応を書き換えることです。

今の自分にふさわしいものに変えていくのです。

これは脳科学の分野でもあり、量子力学なども入ってくるのでとても興味ふかいものがありますね。

 

無意識にやってしまっていることは潜在意識に刻まれていることです。

それは心の傷でもあります。

その傷を癒し、無意識の反応パターンを手放し、今の自分にふさわしい感情や未来を意識して、変えていきます。

それは本人の選択が鍵を握っています。

 

自分が変わって良いと感じているところまで、自分が変わることができます。

セラピスト側がどれだけがんばっても変えることはできません。

そういう意味では洗脳は不可能なのです。

すべてはクライアントさんの選択で、自分自身が変えることを選んだ時に変わります。

セラピストは共にいることだけです。

 

自動防御システムは、昔の自分には役立っていたのかもしれません。

ただ、それはもう古いもので、今の自分には役立たないものかもしれません。

今の自分が幸せになりたいのなら、新しいシステムを導入することも必要です。

それを選ぶことができるのは、あなたです。

自分らしさって選択できる意志があるということなんです。

 

人間の潜在意識は多様ですばらしい。

 

■ザ・脳科学。7月 8日(土) 9日(日)
脳科学をベースにしたセラピーの技術を使い自動防御システムを解除し健全なものにしていきます。
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


悪口を言わない

「悪口を言わない。」ことを心がけている人がいる。

僕もそれをやってみようと心がけても、悪口を言ってしまうことがある。

悪口って何が問題なのでしょうか?

 

プロセラピストの上田正敏です。

人間の性なのでしょうか?

他者の噂話として陰口をついつい言ってしまうことがある。

 

これの何が問題なのでしょうか?

 

僕の感情的には、気持ちがよくなりません。

言った時にはスッキリしたような気もするのですが、後からなんだかモヤモヤしてくるのです。

言わなきゃよかった・・・

そんな後悔をしてしまうのです。

 

そして、その言った悪口が、全部ブーメランのように自分に返ってきます。

誰かの嫌いなところは、自分の嫌いなところでもあるのです。

他人に投影しているだけで自分のことを言っているに過ぎないということなのです。

気づきにもなるのですが、自分が嫌いになることもあります。

悪口は自分を虐待していることにもつながるのです。

そのことで自尊心を失います。

 

悪気の弊害はもっとあって、誰かの悪口を私に言ってくる人は、私の悪口を誰かに言っているということです。

人からの信頼を失うということです。

さらにその噂は風のように流れて私の耳に入ってくるという。

 

悪口を言いたくなったら、その道のプロにいえばいい。

なぜなら、悪口から気づきにつながることがあるから。

自分を見つめるチャンスでもあるのです。

 

悪口って恐ろしいということを実感した今日この頃でした。

 

他人の悪口を言わないということを心にメモしておこう。

 


■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


上田正敏というユニット

人は一人ではできていません。

パートナーがとても重要になってきます。

特に夫婦のパートナーシップです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

多くの人が実はユニットという考え方をしています。

 

例えばユーミン。

松任谷由実という個人の才能だけではありません。

もちろん彼女の才能はずば抜けています。

旦那さんである松任谷正隆さんという存在があり、二人でユーミンというユニットを作っているというのが正確なところでしょう。

 

例えば、岡本太郎。

岡本太郎は「自分が岡本太郎である」と決めて演じていたという話があります。

彼の言った言葉は、パートナーの岡本敏子さんが常に側にいてメモをしていて、文章として残していました。

岡本太郎は、岡本太郎と岡本敏子のユニットであるということです。

 

二人でいる時間が多いということはお互いが影響を与え合っているということです。

表に出る人は一人かもしれません。

その裏には鍵を握る大切な人が隠れていることが多いです。

光と陰のように2つで1セットのような関係性があるのです。

 

一人の人間の中でも右脳と左脳があり、一人の人間の中に二人のような関係性があると言われています。

左脳が質問を作り、右脳が答えるという仕組みあるのです。

これは一人の内側で起きていることですが、外側でも起きていることに注目することは大切です。

それがパートナーなのです。

 

お互いが質問をしあい、答えあっている。

お互いの話がさらなる深淵にいくような対話をしている。

同じ経験をしていくことで、それぞれが感じあい、シェアをしあっているのです。

一人で経験していくよりも二人で経験していくことは、豊かさが2倍どころの騒ぎではありません。

何倍にも豊かさが増えていきます。

 

僕、正敏がブログなので表現者としていることが多いのですが、うちの奥様である恵子の存在は必要不可欠です。

彼女のビジョンと洞察があるからこそ、ブログが書けているし、プロセラピストとして仕事ができているのです。

彼女がいなければ、人生はまた違った道を歩んでいたことでしょう。

 

表現者の裏に支えている人がいます。

パートナーに感謝です。

けいちゃん、ありがとう。

 

自分を支えてくれている人に感謝をすることも大切です。

憧れている人の裏にいる人はどんな人なのだろうかと観察してみるといろんなことがわかります。

僕が尊敬している人たちの多くはステキなパートナーがいる人が多いです。

一人ではいけない高みに達するために、パートナーが必要なのかもしれませんね。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 

 

 


世界は敵なのか?味方なのか?

あなたは世の中を敵だと思っていますか?

それとも味方だと思っていますか?

どのように世界を見ているかで、あなたの現実は変わってきます。

 

プロセラピストの上田正敏です。

世の中に反感や敵意を持っていると、世の中から反感や敵意を向けられると感じます。

世の中が喜びに満ちていると思っていると、世の中から祝福を与えられているように感じます。

人は焦点があってることが現実のすべてだと感じています。

 

本当の真実は、世の中は良くも悪くもありません。

自分自身がどのような価値判断をしているかにすぎないからです。

これを人は現実と呼んでいます。

 

なぜ、人によって価値判断が違うのは、その人の経験によって変わってきます。

生まれて来たばかりの世の中は親です。

学校にいけば学校が世の中です。

社会にでたら会社が世の中だったりするでしょう。

自分以外の人を世の中といってもいいかもしれません。

出会った人たちとの関係性の中で、味方が多いと感じていたのか?敵が多いと感じていたのか?で今の現実が決まってきます。

この現実は変えることができます。

敵だと感じたのか?味方だと感じたのか?という感じ方の問題だから。

 

人と出会う機会が増えれば増えるほど社会との接点が増えていきます。

 

出会う人たちを敵だと思っているのか?

出会う人たちを味方だと思っているのか?

 

チェックしてみましょう。

 

世の中が敵だと思っていると、ずっと戦っていなくてはいけないのかもしれません。

世の中が味方だと思っていると、みんなを頼ることができるかもしれません。

 

僕は世の中の人たちは味方だと思っています。

時には敵役として登場する人もいますが、それも必要な人です。

だって全員が味方だとスパイスが足りないでしょ。

スパイスとして考えるとみんな味方なのかもしれません。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


やる気がくるのを待っていたら人生終わってしまう!

やる気がないからできない。

そんな話をよく聞きます。

これ順番が逆なのです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

やる気っていったいなんでしょうか?

気という文字を使っているのでエネルギーですね。

衝動的なエネルギーでしょうか。

思ったことを現実に変えていくエネルギーがやる気。

 

やる気がないからできない。

やる気がでたらやる。

やる気がでるまで待っている。

 

これを言っているうちに人生が終わってしまいます。

なぜならやる気というものは、やらないとでないからです。

脳の仕組み上、やるからやる気が起きるスイッチが入るのです。

 

これ進化学から考えるとわかりやすいのだけれど、生物は、頭ができる前に体ができています。

やる気はホルモンにも関係していて、ホルモンは脳からの信号ではなく、体からの信号です。

つまり、体を動かさないとやる気ホルモンはでません。

 

体が動いて、頭が体が動いているのを認識するのです。

これは実験でも証明されています。

 

頭で未来を予測することはできるけれど、実際に体を動かさなければ現実することはありません。

頭はイメージすることはできるけれど、現実の影響を及ぼすことはできません。

必ず体の助けがいるのです。

 

そして、体はとても賢くて、自分がやりたいことをやりたがる性質を持っています。

つまり、直感的に動いている人や体の声を聞いている人は、体優先で動くので実現していくのです。

頭優先の人は、考えているだけで、何もしないから現実は変わりません。

シンプルなことです。

 

やる気は、動くまででません。

やる気がないなら動くこと。

動いているうちにやる気はでてきます。

 

えっ?動いてもやる気がでない?

それは・・・やりたくないことなのかもよ。

 

さらには、やりたくないと勘違いしているだけかもね。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 

 

 


決断している人・していない人

決断している人と決断しない人の「言葉」「振る舞い」は全く違うものです。

感情、思考、行動も全く違うものになります。

自分の中に意図があるかないかが決断をしているか否かをわけることになるのかもしれません。

 

プロセラピストの上田正敏です。

決断していない人は、うろうろ漂っているかのような生き方になります。

まるでクラゲのように、波の影響であっちにいったり、こっちにいったりと流されているような感じでいるのです。

決断していないと自分の意思がないので、周りに翻弄されるというわけです。

 

決断している人は、一点を見つめて、それに向かってまっすぐ歩いていきます。

目に魂が宿っているかのように輝いています。

 

ただふらふらと歩いているのか、目的を持って歩いているのか、全く違うものになります。

 

決断とは意思を持つかどうかです。

自分を感じ、自分で考え、自分が選んで、自分で動く。

シンプルなことが起きます。

自分を尊重して生きる生き方です。

 

誰かの感情や思考を自分のものだと信じることとは違います。

誰かの選択を自分で選んだものだと信じたり、誰かの欲求を満たすために行動するものでもありません。

誰かのために生きるのではないのです。

ベースは、自分のために生きることです。

その次に他者を考えることが大切なのです。

順番を間違えると不幸になります。

 

決断するには勇気が必要です。

 

本当の決断は勇気なんか必要なく、自然と選ぶものなのですが、この域に達するまでは、勇気は必要です。

その勇気とは自分の弱さを認めることなのかもしれません。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


自分を知らなければホラーになってしまう!?

ザ・人間関係の力学にご参加いただきあありがとうございました。

関係性から生まれる無意識でおこなわれた悲劇と喜劇が現れました。

参加者の許可を受けて、詳細はボヤかしたら物語を語ります。

 

プロセラピストの上田正敏です。

無意識でいると人間関係の力学が引き起こすドラマに翻弄されてしまいます。

人と人が出会うと悲劇や喜劇の物語が起こしてしまうことがあるのです。

これは今ここに意識的にいなければ、すぐに巻き込まれて生きます。

 

悲劇と喜劇は同じものです。

ニュートラルにみれば、どちらも物語にしかすぎません。

実際にあった悲劇を紹介します。

 

国家試験を合格を目指して勉強しているAさん。

がんばって勉強しているのだけどやる気が起きない。

どうすればいいのかと親に相談すると、国家資格を持って活躍している人を紹介してくれる。

そして実際にお会いして話を聞いてみる。

話を聞いている時には、「そんなように仕事してみたい!」と目が輝きやる気が沸き起こる。

ところが、その翌日には、またやる気がない状態に逆戻りしてしまう。

これをずっと繰り返していた。

 

ワークショップでこのテーマを扱ってわかったことは、

「国家資格を取得した後の理想の未来をイメージするために、実際に活躍している人に会いたい。」

そう言葉では言っているけれど、実際の体の反応は、

「理想の生き方をしている人に会うと落ち込む。」

というものでした。

 

つまり、やる気になると思ってしていた行動が、実際にはやる気を削ぐ行動だったということ。

やればやるほど健全になると思っていたことが、実際にはやればやるほど不健全になっていくものだったのです。

 

 

周りの人たちに自分が欲しいものを言わずに、自分が欲しくないものを言っていた。

だから周りの人たちは欲しくないものを喜んでくれていたのでした。

 

落語の饅頭怖いの逆バージョンです。

 

レストランに行って、食べたいものを注文すれば、食べたいものがやってきます。

食べたくないものを注文すれば、食べたくないものがやってきます。

当たり前ですね。

 

ずっと自分が欲しいと勘違いしていたものを求めていた。

だからこそ本当に欲しいものは手に入らなかったです。

 

ゾクゾクっと鳥肌が立ちました。

自分が望むものを知らないというのはホラーの物語を引き起こします。

知らないのに求めていれば、望むものはやってきません。

運良くやってくることはあるかもしれませんが難しいことです。

 

さて、この悲劇の物語から抜けるにはどうしたらいいでしょうか?

それは選択が関係してきます。

悲劇を喜劇に変えるには物語を作っているのは自分だということを知り、その物語を手放す。

そして、自分が望む世界に行くことが大切になります。

ドラマは必要ないのです。

 

人が持つ深層心理は深いですね。

 

■心の教室
ザ○○○シリーズ好評です。
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 


親と旅行するススメ

70歳を超えた父親と家族旅行をした。

旅行という非日常を経験することで、いろいろとわかることがある。

無意識の奥深くにある穏やかな気持ちも感じることができる。

オススメです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

セラピーの現場で、親との葛藤を持っている人も多く訪れます。

親子問題は人間関係のベースに必ずあります。

これを解決することでコミュニケーションがスムーズに変わります。

 

僕自身も親との葛藤を持っていました。

反抗したり、音信不通になったり、まぁいろいろとやりました。

それが、セラピーを通じて自分を見つめることで、旅行にいけるまでの関係性ができています。

そうなるとわかってくることがあるのです。

 

旅行という行為そのものはストレスがかかります。

心や体は、いつも同じということに安心します。

無意識でいるといつも同じパターンを繰り返すのが人間です。

同じことをしていれば安全だという本能です。

 

ストレスは悪いものでもなく、悪いこともありますが、ただ感じるということなのです。

非日常とはストレスを意識的にかけることなのです。

ストレスをかけることで、見えてくることがあるのです。

 

意外な側面が見えたり、やっぱりと感じることもあったり、笑ったり、怒ったり、いろんなことが起きます。

普段の同じことの繰り返しではないので、失敗ももちろんします。

アクシデントというかハプニングが起きるものです。

それに、どう対処するかで、見えてくることがあるのです。

 

もう長い旅行は無理かもしれないけれど、小さな旅行は行こう。

いつもと違う刺激をいれよう。

そう思った家族旅行でした。

 

自分の原点に立ち返り、今を振り返ることもできました。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


自分を責める暇はない!

「なんで?できないのだ!」

「なぜ?失敗してしまったのか!」

「なんてダメな奴なんだ!」

と罪悪感から自分を責めることありませんか?

 

プロセラピストの上田正敏です。

罪悪感とは自分を責めるエネルギーを持っています。

自分には罪があり、自分は悪であると感じる感情が罪悪感。

他人から責められて感じる罪悪感もあれば、自分で自分を責める罪悪感もあります。

そして、罪悪感を感じたままで、ゲームオーバーになります。

 

罪悪感が好きな人はこれでいいでしょう。

ただ、罪悪感はひっくり返すことができます。

罪悪感の反対にある感情は、対等性です。

自分が劣っているのではなく、対等なのです。

いつでも対等なのです。

 

対等であるにはどうしたらいいのか?

それはダメな自分を受け入れることです。

 

罪悪感を感じている人は、自分を受け入れずに、ダメな自分を責めているのです。

 

こういう話をしているとポジティブシンキングですね。

と言われることがありますが、そんな楽チンな話ではありません。

ダメな自分を受け入れることは痛みを伴う場合があります。

自分を受け入れるとは、どんな自分であっても受け入れるということだから。

好きな自分は受け入れるけれど、嫌いな自分を受け入れないということではないのです。

どんな自分も受け入れることが大切なのです。

 

ダメな自分を受け入れたら、ダメじゃなくなるように動けばいいのです。

もしくは、あきらめるという技もありますが。

 

ダメだから上手くなりたがるのは、本能的な欲求です。

そして、上達すると喜びに変わるように人はできているのです。

それが特に自分が好きなことだったら尚更ですね。

 

ダメな自分を受け入れること。

それは、自分を責めるよりも大事なことなのです。

 

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html