万引き家族に学ぶ関係性とは

映画「万引き家族」を見てきました。

是枝監督作品でカンヌでパルムドームという最高賞をとった作品です。

様々なテーマがちりばめられていて、受け手が試される映画です。

途中飽きずに見ることができたし、後味はスッキリしているので誰にもオススメできる映画です。

 

プロセラピスト上田正敏です。

関係性とは何か?

これを見つめることができます。

観客に想像させる余地があるので、人によって刺さる部分が違うのではないかと思ったりも。

 

家族とは何か?

社会とは何か?

常識とは何か?

つながりとは何か?

コミュニケーションとは何か?

行政とは何か?

障害とは何か?

貧困とは何か?

生きるとは何か?

幸せとは何か?

虚無感とは何か?

 

現代の社会問題が詰まっています。

これが世界で評価されるということは、日本だけでなく世界でも起きていることなのかもしれません。

 

さて、週末は親子関係を徹底的に紐解くワークショッップ開催です。

親子関係にこの問題の核があると僕は思っています。

 

幼少期の親子関係、思春期の親子関係。

この時期に何を体験してきたのか。

それが大人になっても大きな影響を与えています。

 

自分を生きるためには、周りのネガティブな影響を昇華させるのは必要なプロセスです。

これなしには、健全なる関係性を結ぶことはできないといっても過言ではありません。

カンセリングの技法を使って、キネシオロジーの技法を使って、家族というテーマをみていきましょう。

どこまで潜れるかな。

 

【講座】
■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/



【個人セッション】
■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html


ほっといてちゃん

「かまってちゃん」が進化すると「ほっといてちゃん」になります。

あなたの会社にも、「かまってちゃん」かどうかよくわからない、微妙な社員はいませんか?「ウチにいるエンジニアは、人にまったく興味がないのか、コミュニケーションをとろうとしない。あれは、かまってちゃんというよりもむしろ、『ほっといてちゃん』だな」と思い当たる人がいるかもしれません。

しかし、その「ほっておいて」という状態にいたる以前に、「私の存在に気づいてほしい!」という何かしらのサインが間違いなく出ていたはずです。

長期休暇の社員の多くも「ほっておいてくれ」と言いますが、それは「認めてほしい、かまってほしい」という承認欲求をこじらせた結果なのです。

「ほっておいてちゃん」になる前の、かまってちゃんからのサインを見逃さないでください。「承認欲求」を活用し、周囲との調和しながら前向きに行動していけるよう、サポートしましょう。



より引用しました。

かまってちゃんについては、前回のブログを。

 

ほっておいてちゃんにピッタリの歌があります。

イーグルスのデスペラードです。(リンクしたyoutubeは良いのが見つからなかったのでカバーです。)

サビのデスペラードを「孤独なわたし」と訳すと「ほっておいてちゃん」の心情がわかるかと思います。



依存の世界から自立の世界に行くのが成長のプロセスなのですが、成長をこじらすと不健全な自立になります。

誰にも頼れない孤独を味わいます。

この状態は誰にも愛させない状態です。

 

誰にも愛されないという傲慢な勘違いです。

愛されることを拒絶した状態です。

誰の愛も受け入れない。

それが「ほっておいてちゃん」です。

 

孤独は男性が味わいがちな感覚ですが、女性でも味わう人もいます。

特に起業をしている人がこの孤独を味わうことになることも多いです。

 

孤独って感覚としては寒いのです。

身も心も凍ってしまったという状態。

運の良い人は心を溶かしてくれるパートナーが現れるかもしれませんが、ほとんどの場合それは起きません。

下手にパートナーシップを作ってしまうと共依存という面倒な状態になる可能性が高いです。

 

周りが悪いと思っている人は、健全な他者から距離をおかれる傾向があるので、健全なパートナーシップを手にいれることは難しいです。

僕ら専門家に頼ることが必要になります。

これもコミュニケーションをとる第一歩になります。

 

一人はカッコよく感じるかもしれません。

でもね、昔のほぼ日のキャッチフレーズだった、

Only in not Lonely

というのがあります。

唯一無二の存在であることと孤独は違うのです。

 

ほっておいてほしい。

今はそう思うかもしれません。

時が来たら、自分の殻を破ること。

今破るのか、未来に破るのか、時間なんて夢幻ですから。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

 


英語的思考法は物事を整理する時に役立つ

おもてなし英語の話を先日ブログでしました。

この本を読んでいてちょこっと書いてある英語圏の文化だとか、考え方がとても面白いです。



メンタルトレーナーの上田正敏です。

中学校の時に通っていた秀英か高校時代に通っていた駿台予備校だったか忘れたのですが、文法って面白いと感じました。

SVO だとか、SVC だとか言葉が数学のように明確なのです。

英語は主語がハッキリしています。

SVO = 主語 + 動詞 + 目的語

 

日本語だと誰が誰に何を言っているのかサッパリわからないということがあるのですが、英語にはそれはないのです。

 

その分、日本語は感情の繊細な部分を伝えたり、自然観を伝えたりするにはステキな言語だと思っています。

詩を詠むにはいい言語なのかもしれませんが、コミュニケーションをとるには難しい言語です。

 

そもそも言語として、日本語って絵だし、英語は文字で違うものですから。

日本語は言葉や行間に意味を持たせすぎで定義をするのが難しい。

 

カウンセリングの現場でもよくあるケースは

「あの人、ひどいですよね。」

とクライアントさんから言われることがあります。

 

これを英語的に書くと

「私はあの人のことひどいと思っています。
当然、あなたもそう思いますよね?」

となります。

「私たちは、あの人のことをひどいと思っています。」

という表現でもいいかもしれません。

さらには

「世の中の人すべてが、あの人のことをひどいと思っています。」

という場合もあります。

主語がないので何を言っているのかわかりません。

 

カウンセラー的な対話の正解は

「あの人、ひどいですよね。」

「あなたは、そう感じているのですね。」

という答え方です。

誰が感じているのか、主語をハッキリさせるということです。

そして、「あなたが、あの人のことをひどいと感じているのですね」と相手の気持ちを肯定しています。

これを共感と呼んだりしています。

 

英語がこれだけ世界に広がったのは、英語がどんな文化圏の人とも意思の疎通がしやすい言語なのでしょうね。

それだけ簡単な言葉なのかもしれないと思っています。

 

身内とか付き合いが長い人たちと話をする時には、前提条件がすり合わさっているので、日本語のように主語を省略した言葉を使っても問題はありません。

これが新しい人たちと接する時に、言葉が足らないと誤解を招くことがとても多くなります。

知らない人たちに伝わるように話すことはとても重要です。

これができるようになることが大人になるということなのではないかと思っています。

 

わかりあうって大変です。

 

そんな時は英語的に日本語を話すのがいいかもしれません。

私とあなたは違う。だからこそ違いを認めて尊重し合うのです。

 

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/


直面しないままでいられるなら、なんだってやるさ!

人は本当の問題をみることができない時がある。

それは痛みがあるからだ。

体の痛みになる場合もあるけれど、特に心の痛みがある場合、本当の問題をみることを避けるようになります。

なぜなら痛みを感じたくないから。

本当の問題が見れない人は、他者とコミュニケーションをするのではなく、コントロールをしようとします。

 

メンタルトレーナー上田正敏です。

痛みがあると他者は同情してくれます。

この同情を利用して他者を操作し、自分のわがままを通そうとします。

これを意識的にやっていたり無意識でやっている場合とどちらもあります。

やっている本人は自覚がない場合もあります。

 

本当の問題に直面したくない人は、痛みや病気を作り出すことさえあります。

本当の問題に直面できた時に、痛みがなくなったり、病気が治ったりすることがあります。

心が体に与える影響はとても大きいのです。

原因がわからない痛みや病気は心の問題である可能性もあるのです。

 

心の問題とは、心の病気ではありません。

心を扱っているというと鬱病とか精神病を扱っている人だと見られることがあるのですが、セラピストとしての僕は病気を扱うことはしていません。

病気を診断するのはお医者さんであり、それを治療するのもお医者さんです。

セラピストは診断もしなければ、治療もしません。

僕は直面できない問題は何かをクライアントさんと共に探し、それに直面することを手助けすることが仕事です。

 

でもね、人は本当の問題に直面したくないのです。

直面するくらいなら逃げたいのです。

逃げるために、いろんなことをするのです。

特にコミュニケーションを避けるために、逃げ出したり、ケンカしたり、他人を操作したり、病気になったり、どれだけクリエイティブなんだというくらいに様々なことをするのです。

不健全な態度です。

 

では、どうしたらいいのか?

 

単刀直入に正直に自分の意志を伝えるということです。

「自分の意思は何か?」ということを探るのが直面することでもあるのですが、まずは自分自身に正直になること。

そして周りの人たちに、正直に自分の意思を伝えることが大切です。

相手に正直に意思を伝える以上に誠実な態度はあるでしょうか?

相手と本当に関係性を築きたいなら、正直であり現実的であり誠実に自分の意思を伝える必要があります。

 

ここであるのは、相手はわかってくれているはずだという甘えがあると、相手に自分の意思は伝わりません。

赤ちゃんと母親の時の関係性だけが言わなくても伝わる状態です。

赤ちゃんも大人になっていけば、母親さえ理解できないのは当たり前のことです。

親にも単刀直入に正直に自分の意思を伝えなければコミュニケーションはとれません。

ましてや、他人には全く伝わらないのです。

 

察してほしいというのは甘えです。

子供の態度なんです。

空気を読むのも大切かもしれませんが、それよりも自分の意思を伝えることが大切なのです。

 

人は直面しないままでいられるなら、なんだってやるのです。

それよりも、本当の問題に直面して、正直に相手に伝えるということをしていきたいものですね。

それが人として成長していくし、健全な関係性を築いていけるようになります。

 

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/


コミュニケーションとはコンテキストをすりあわせることである

他者とのコミュニケーションで大切なことは何か?

テクニックでいえば、聞くことと話すことである。

誰でもできると思われていることなので、これを鍛錬してコミュニケーションがとれるレベルまで鍛えている人は少ない。

 

なぜコミュニケーションが上手くいかないのか?

なぜ、あなたの話は伝わらないのか?

これはコンテキストの問題なのです。

 

メンタルトレーナー上田正敏です。

コンテキストというのは何でしょうか?

日本語訳は文脈という言葉です。

ちょっと難しいので、英語をばらして考えます。

コン・テキストと分解でき、コンは共に、テキストは文章です。

お互いに理解している言葉と訳するとしっくりきます。

 

コンテキストってあなたとわたしで使われている言葉の意味です。

例をだしてみましょう。

 

リンゴを想像して下さい。

 

どんなリンゴを想像しましたか?

 

リンゴと一言で言っても、赤いリンゴを思い浮かべる人、青いリンゴを思い浮かべる人、酸っぱいリンゴを思い浮かべる人、甘いリンゴを思い浮かべる人、長野を思い浮かべる人、青森を思い浮かべる人、iPhoneを思い浮かべる人、椎名林檎を思い浮かべる人もいるかもしれません。

人によってリンゴと言っても同じものを思い浮かべることはないのです。

これがコミュニケーションで起きる時の罠です。

 

ちなみにこの本オススメです。



 

言葉を覚える時に、辞書を読みながら覚えた人はいないでしょ。

誰かに教わりながら言葉を覚えていくので、人によって言葉の定義が違うのです。

特に専門家や同業の人のミスコミュニケーションは大きくなる場合が大きいのです。

相手の使っている言葉と自分の使っている言葉が同じだと信じ込んでいるから。

 

言葉の定義をちゃんと確認することが大切です。

これがコンテキストのすりあわせというものなんです。

 

日本語って省略の美学を持っています。

五七五で世界観を表現する文化を持っています。

行間を読むなんていいますが、少ない言葉から連想される豊かな世界。

アートと考えると素晴らしい言語です。

 

ただコミュニケーションとなると誤解を生むことが多いのです。

アートって多種多様が認められる世界。

意味がてんでんばらばらになることがあるのです。

人によって解釈が違うので、コミュニケーションをとるとなった時には困るのです。

世界に英語がこれだけ広がっているのは、ミスコミュニケーションが起きづらい言語だからではないかと思っています。

英語を習って感動したのは、主語があるということです。

主語、動詞、目的語と数学のようにわかりやすい言語です。

プログラミング言語も英語なのはこれが関係しているのかもしれません。

 

どうも話が噛み合っていない。

話が伝わっていない。

話を聞いてもわからない。

 

そんな時はコンテキストがずれているのかもしれません。

細かい言葉の意味を確認していくこと。

コミュニケーションには大事なことです。

 

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/