自分の中にあるタブーを解禁する(その2)

自分の中にあるタブーを解禁することは、自分の可能性を大きくすることができます。

なぜか、自分自身を鎖につないで、小さくなろう小さくなろうと人はしてしまうものです。

それは安全なことかもしれませんが、本当に安全を感じているならば人は危険をおかすことができます。

 

プロセラピストの上田正敏です。

普段はクライアントさんが持つタブーの解禁をしています。

セラピストとして大事なことは、自分自身もタブーを解禁して成長を続けることです。

自分が乗り越えてきたからこそ共感もできるし、その方法も知ることになるからです。

 

で、今年解禁するタブーその2はですね、とてもいいづらいことです。

それは同業者攻撃だと思われかねないから。

言い訳はこれくらいにしていいましょう。

 

僕の中にあるヒーラーやチャネラーの能力を解禁することです。

 

ヒーラーとは人を癒す力を持っている人のことです。

大きな視点でみるとお医者さんもヒーラーに属します。

 

僕はセラピストとして、本人が持っている自然治癒力などの力を高めることで、本人が癒すことを助けることにこだわってきました。

そして、僕には人を癒す特殊な力は備わっていないと信じていました。

そんなだいそれたことはできないと。

でもね、あるんです。ある種の特殊能力が。

それは僕が他者を癒す力を持っている。

それをこだわりのために封印していたのです。

これがひとつ。

 

もうひとつは、チャネリング能力です。

セラピストとして開業する前に、チャネラーさんと出会うことがありました。

宇宙人になったり、イルカになったり、聖人になったりと、聖霊になったり、天使になったりといろんな人がいたのですが、当たり前のことを当たり前に言っているだけだったのです。

その話を聞いて感動して涙している人もいたりして、不思議だったんですね。

普通に自分自身の言葉として言えばいいでしょうと思ったし、その人を見たら誰だってわかるでしょうということを言っているだけだったんです。

なんでそんなことするのか理解できませんでした。

えっ!それが仕事になるの?、なんだかズルイなと思ったりもしていました。

インチキくさいなとかそんなようにも思っていたのです。

そうです。僕もその能力を持っているからこそ、怪しいだとか言って否定していたんですね。

 

相手の問題がどこにあって、どうしたらいいのか?

 

それが普通にわかっていたのです。

僕にとっては当たり前すぎて誰もがそういう能力があるかと思っていたのです。

それも本人が気づくのが大切だからと、僕の自身の気づきは言わないように、自分が感じていることも無視しようとしていました。

直感を無視していたと言っても過言ではありません。

 

セラピストとしてのこだわりも、もういいんですよ。

クライアントさんが元気になり、自分を好きになって、好きなことをやっていってもらえれば何でもいいのです。

僕にとってのライバルはディズニーランドなんです。

人が幸せになればいいのです。

その方法にこだわりを持たなくてもいいのです。

僕自身が持っているすべての力を使えばいいのです。

 

自分自身を認めること。

 

それ以上に大切なことはあるでしょうか。

歴史上で誰が一番偉い人は誰か・・・

それは俺か!なんですよ。

もちろん自分自身が一番という意味ですからね。

私がいるから世界があるのです。

 

あなたも自分が課した封印から自由になりませんか?

人生を変えることはできるのです。

そんなあなたを僕たちは応援しています。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
http://www.yoriyoku.com/

■予防医療学校ナチュラルメディカル
・1/21,22 脳科学を使ったカウンセリング講座
・1/28,29 ストレスマネージメント講座(1)
・2/25,26 ストレスマネージメント講座(2)
・2/11,12 自分がわかる他人がわかる顔学講座
・2/18,19 量子キネシオロジー講座(1)
・3/18,19 量子キネシオロジー講座(1)
http://www.naturalmedical.tokyo/

■ワクワクの発見&仕事や生活に活用ソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


自分の中にあるタブーを解禁する(その1)

2017年の目標を生きると決めたらいろんなことが起きています。

自分の中にあるタブーを解禁するということがでてきました。

今、意識上に上がっているのが2つほどあります。

ひとつは「先生になる」というもの。

 

プロセラピストの上田正敏です。

今年から私は先生であることを選びます。

先生というものにストレスがあったのです。

 

理由はハッキリとしています。

うちの母方の家系が先生で、うちの母親が先生だけにはなりたくなかったという思いを持っていたから。

祖父や祖母は、母を先生にして地元にいてもらいたかったようです。

それがイヤで東京に飛び出し、教員免許はとったものの先生にはなりませんでした。

その話を子供の頃に聞かされていて、先生ってイヤだなと思ったりしたのです。

 

その他にも、学んでいたセラピーは対等性を重要視していて、権威というものに対して自分を明け渡すのはやめることが重要だと言っていました。

その権威の象徴のひとつが先生という存在なのです。

先生というものは悪なのではないかと思っていた時期もありました。

 

そうは言いつつも、2001年にセラピストとして起業した時には、セラピーをすでに教えていました。

正確にいえば、僕の中では知っていることを伝えていただけのことです。

対等性を重要視するためにワークショップのスタイルを取り入れていました。

セラピーよりもそのスタイルが好きで学んでいたのかもしれませんね。

カリフォルニア生まれのセラピーには自由の雰囲気があふれていました。

共に学ぶスタイルは、今でも好きだし、これからも変わらないかと思います。

だから呼び名も「まぁちゃん」と呼んでもらっています。

人が対等性を感じている時に学びが最大限になることを知っているからです。

教えてもらうのではなく、自ら学ぼうという姿勢が学びを深く面白くするのです。

 

ここ数年、「先生」と呼ばれる機会が増えてきました。

違和感と嫌悪感があったのですが、だんだんとそういう時期に来たのかなと思い始めていました。

 

先生もいいじゃないか。

 

そう思ったらなんだかスッキリしたのです。

いつも応援してくれている方々から

「もうすごい人なんだから、そのまますごい人でいればいいじゃないですか。」

と言われていた意味がわかった気がしています。

 

他者がどのように見ているかにも気づいていること。

他者から認知されている自分を認め受け入れること。

それが大事なんですね。

それは自分の潜在意識が求めて表現していることなのですから。

 

20後半の若者である時には違和感があったのだけど、40歳も後半を迎えたら馴染んで来ているのかもしれません。

もし天が僕に対して、教えるという役割を与えてるならば、それを受け入れようじゃないか。

そんな気がしているのです。

 

これが僕の先生宣言です。

 

もうひとつのタブーがあるのです。

それは、次回に続きます。

 

先生業を楽しんで講座をします!

■予防医療学校ナチュラルメディカル
・1/21,22 脳科学を使ったカウンセリング講座
・1/28,29 ストレスマネージメント講座(1)
・2/25,26 ストレスマネージメント講座(2)
・2/11,12 自分がわかる他人がわかる顔学講座
・2/18,19 量子キネシオロジー講座(1)
・3/18,19 量子キネシオロジー講座(1)
http://www.naturalmedical.tokyo/

■ワクワクの発見&仕事や生活に活用ソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
http://www.yoriyoku.com/