問題は解決しなくてもスッキリしていていいのだ

久々のブログスランプに陥っていました。

このスランプから抜け出た方法が、自分が設計したセミナーでした。

生徒さんにセッションをしてもらった結果、久々に大きな気づきの体験をしました。

 

プロセラピストの上田正敏です。

この週末2日間で、ザ・経絡(エネルギー心理学)と題してセラピスト講座を開催しています。

 

経絡とは中国伝統医学の一手法であり、それと西洋心理学を合わせたセミナーになっています。

僕の中で最近のブームは、ファッシア。

日本語では「筋膜」と訳されますが、筋肉の膜だけではなく、様々な膜が体にはあります。

どうもその膜が、経絡やツボに関係しているという東洋の伝統医学を西洋の最新医学が融合した考え方があって、それを夢中になって学んでいます。

今まで学んで実証してきた知恵と新しい知識が融合することで、自分の中で新たならる変化が起きているのがとても面白いのです。

 

中国哲学といってもいいであろう太極図があります。



この図です。この図を言語にすると

  • 陰陽は全体を形成する。互いなしには存在できず、一緒になれば、互いを完成させる。両者は補い合うが、夜と昼のように反対の存在である。
  • 陰陽は常に動いており、それぞれへと変化している。これは太極図の渦巻く性質で表されている。
  • 過剰な陰は陽に変わる。逆もまた同じ。これは、白黒の渦にある小さな点によって表される。
そして、この陰と陽の間にあるのが気という考え方が興味深いのです。

つまり、物質と心の間の空間に気というエネルギー満ち溢れているという考え方。

 

道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず。

ということ。

 

すみません。熱くなって脱線しました。

元に戻します。

 

そんな知識を伝えながら、具体的にセッションする方法を伝えました。

この気というエネルギーに対して、メタファーという言葉の力を使ったプローチ方です。

東洋医学といえば、指圧だったり、マッサージだったり手技をイメージするかもしれませんが、それを心理学を使った言葉からプローチします。

体にも心にも、そして気にもアプローチする方法です。

 

で、僕自身にもセラピーの手法を使ったセッションをしてもらいました。

テーマを設定して、セッションが開始しました。

 

最初のセッションでは、ブログが書けないというテーマを扱い、今現在ブログを書いているので、なんの問題もなく解決。

 

もうひとつのテーマは、これからどんなサービスを提供していくとというものでした。

そこで起きたことを書き残して起きます。

実際にセッションしてもらった時に、どうも30秒くらい寝ていたようなのです。

スーッと寝落ちをしたらしいのです。

 

セッションをしてくれた人の専門が歯科でしたので、僕のことを観察していたら、歯がカチカチカチと音をたてて噛んでいたのだそうです。

これはストレスがある時などの防御反応ということなのだそうです。

もちろん、僕は寝ていたので気づいていません。

潜在的に自分で自分を癒していたようなのです。

 

途中そんなこともありながら、セッションは終わりました。

特に劇的な気づきもなく、現状の問題の解決策も思いつくことなく、もちろん現実も変わってはいません。

 

ところが、心が晴れやかだったんですね。

霧が晴れたかのように心はクリアでした。

そうはいっても幸福感に満ち溢れているわけでもないのです。

とてもニュートラルな気分になったのです。

 

なんだか懐かしい気分でした。

セラピーを学ぶことに全身全霊を傾けていたサラリーマン時代の3年間のことをです。

その時にこのような感じ方があったなということなんです。

 

人生の問題があったとしても、落ち込む必要は全くないということ。

問題があろうがなかろうが、同じ平安な心の状態であればいいということを。

問題があれば人は解決しようとするけれど、全くそんな必要もないのだということ。

 

どうも、問題を解決しなければいけない。

結果を出さねければならない。

と思い込んでいたようです。

 

自分に不必要なプレッシャーをかけていたようなんです。

世の中のことって、自分で変えられることと変えられないことがあります。

変えられることは行動すれば変わるんだけど、変えられないことは何もやっても変えられない。

例えば、この猛暑も変えられないし、体が重いからといって地球から重力もなくすこともできません。

 

なんの問題も解決していなくてもいいのだという不思議な感覚が続いています。

 

自分が設計したセラピーでありセミナーで、自分の問題が解決する不思議さ。

自分と向き合えばいいのだという再認識をしました。

教えたことがすぐに結果がでてしまうのだから興味深いものがあります。

 

中医学の「気」の概念はとても興味深いものがあります。

これを意図的に使うことができれば、セラピストの腕は何倍にも上がるでしょう。

意識の持ち方で様々なことが変わるのです。

意識を持ったエネルギーの概念を理解できたら、何かが大きく変わるかもしれません。

 

エネルギー心理学は深いわ。

いつでも自分も学び手です。

自画自賛でした。

 

【講座】
■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

【個人セッション】
■好きで起業コンサルティング
http://www.yoriyoku.com/source/consulting.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html


好きなことしかしてはいけないの?

好きな仕事をしよう!というと、

 

嫌いなことはしなくていいのですね。

嫌いなことをしてはいけないのですね。

嫌いなことはすべてやりません。

 

ということを聞きます。

これは本当のことでしょうか?

 

好きで起業コンサルタント上田正敏です。

自分が好きなことを軸に仕事をする。

これ大切なことです。

 

仕事って多種多様な仕事があります。

特に起業すると決めた時には、すべての仕事をすることになります。

会社組織を考えるとわかりやすい。

営業、製造、人事、総務、経理、研究開発、広報宣伝・・・

全ての業務をする必要があります。

 

この時に会社ってなんて楽だったんだと思うチャンスがあります(笑)

 

好きなことを仕事にするということは、自分がしたいことのために、したくないことをする覚悟と言ってもいいかもしれません。

 

実際には、好きというのは生まれ持った気質の側面が強いのですが、嫌いって過去の経験からやってくることがほとんどです。

つまり思い込みの可能性が高いということ。

これセッションで変えることができる場合が多いです。

 

嫌いの中に好きなことがあったりもするので、人間の心理って興味深いものがあります。

 

それでも嫌いなものは嫌いという場合もあります。

それは誰かに頼むこともありということです。

自分でやるのではなく、誰かにまかせるという方法もあります。

 

嫌いなんだけど、自分でやろうという選択ももちろんOKです。

嫌いをやってはいけないというルールはありません。

今ある状況に応じて、自分で考え、自分で選ぶ必要があります。

 

どのくらいの割合が現実的かというと

好き : 嫌い = 80% :20%

好きが80%、嫌いが20%くらいの割合でしょうか。

嫌いが80%、好きが20%くらいだと辞めたくなるかと思います。

 

嫌いなことに対しては工夫が必要です。

 

できるだけ短い時間にする。

できるだけエネルギーを注がずに結果がでることをする。

お金で解決できることはお金で解決する。

嫌いの中に好きを入れて見る。

 

嫌いを0%で好きを100%にしようとしないことが大切です。

なぜなら東洋思想のバランスの考え方が理にかなっていると思っているからです。

こんな図を見たことがあるかと思います。



これは「隠極まれば陽となり、陽極まれば隠となる」と言われています。

つまり、好きを100%にすると嫌いになっちゃうよということ。

バランスが崩れるのです。

 

嫌いがあってもいいじゃないか。

 

それを受け入れるということです。

好きの中にも嫌いがあり、嫌いの中にも好きがあるのです。

 

嫌いなことをしてきた人たち、がまんをしてきた人たち、好きなことをしてこなかった人たちは、好きなことだけすればいい。

そんな考え方でちょうどバランスがとれやすいということ。

嫌いなことを減らし、好きでも嫌いでもないことを減らし、好きなことを増やしていく。

これが大切。

 

まずはここからスタートです。

仕事にするかどうかは先の話になります。

まずは生活を整えることが大切です。

 

そんな生活をしているうちに、仕事にしたいと思った時に仕事にすればいいのです。

時は来るものです。

仕事がわたしを選んでくれる時が来るのです。

 

えっ?僕?

嫌いなこともありますよ。掃除とか整理整頓とか・・・

好きの純度は一生涯あげていくのかもしれません。

 

起業をする時に営業だけは嫌だと思っていたな。

営業のイメージが、飛び込み営業や押し売りでしたから・・・

ホームページを立ち上げたり、メーリングリストを作ったり、ブログを書いたりと好きな方法をやったんですよね。

いろんなことが起きたりもしたのですが、続けていますね。

 

嫌いなこともやっていいのだと自分に許可するのも大事です。

もちろん好きなことをやってもいいのだ!

 

【個人セッション】
■好きで起業コンサルティング
http://www.yoriyoku.com/source/consulting.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

【講座】
■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


なぜ資格をとらなければならないのか?

資格をとったら仕事にできる。

そう思っていませんか?

僕も以前は、そう思っていました。

 

好きで起業コンサル上田正敏です。

資格って大きく分けて2つあります。

国家資格と民間資格。

 

国家資格は、この資格がなければ開業できないもの。

国の管理を受けるものです。

国の方針に従わなければならない仕事です。

市場原理に委ねられた仕事ではありません。

 

国家資格の合格率も人数を調整するために国策の影響を受けます。

多すぎる業界の合格率は下がり、少なすぎる業界の高確率は上がります。

厚生労働省のページで、平成30年の合格率を見ると

・医師国家試験・・・・・・・90.1%(合格者数:9,024人)
・歯科医師国家試験・・・・・64.5%(合格者数:2,039人)
・看護師国家試験・・・・・・91.0%(合格者数:58,682人)
・理学療法士国家試験・・・・81.4%(合格者数:9,885人)
・作業療法士国家試験・・・・77.6%(合格者数:4,785人)
・柔道整復師国家試験・・・・58.4%(合格者数:3,690人)
・あん摩マッサージ指圧師・・83.0%(合格者数:1,315人)
・はり師国家試験・・・・・・57.7%(合格者数:2,667人)
・きゅう師国家試験・・・・・62.5%(合格者数:2,845人)

こんな感じで抜粋してみました。

人手不足の業界は合格者数が多いし、合格率も高くなっています。

 

最近、駅前にはリラクゼーションを含めて体に触れる仕事があふれています。

国家資格、民間資格、資格なしの人まで様々な人がマッサージをしています。

厳密に言えばマッサージというと法律に触れるので違う表現をされているかと思います。

国家資格は持っているけれど、それを超えた施術をしている人もいたりするので、よくわからない状態になっています。

 

国家資格でさえ、資格をとったからといって、仕事にしている人は少ないと聞いています。

特に医師や歯科医師以外の人たちの離職率は高いという話も聞いています。

鍼灸指圧マッサージをされている方から聞いたのは、開業する時に半分になり、3年後には3割になり、10年後には1割になっているという話も聞いたことがあります。

国家資格をとったからといって、仕事が続くのかといえば、そうでもないようです。

 

国家資格が必要な仕事をしたい場合は、国家資格を取得する必要があるでしょう。

また、経営者の人たちは「国家資格を持っている人を雇えばいいんだよ」という意見もあります。

経営が好きな人はこれもありですね。

 

民間資格の場合はどうでしょうか?

僕自身も様々な養成講座を受けました。

その時にこんな質問がでることがあります。

 

「その資格をとれば、仕事になりますか?」

 

その答えは、

「難しいですね。」

「その人しだいですね。」

という答えが返ってきます。

 

最初の頃は、その答えに腹を立てていました。

「なんて無責任なんだ。資格をだすなら仕事ができるようにするべきだ。」

と怒っていました。

 

でも、ある時に気付いたのです。

国家資格を持っている人も仕事が保証されているわけではないということを。

大学をでても就職が保証されているわけでもなく、起業ができるわけでもありません。

 

資格をとる人が、何をしたいのか?

 

それが大事だということです。

そして、それを仕事にするためには、自分でなんとかしなければならないということです。

資格を発行するところは、大学と同じで、体系的に教えてくれることと、資格をとることで名前を使うことができることの2つの機能しかないということです。

 

家元ビジネスという仕組みが流行り、たくさんの民間資格ができました。

実際に仕事にしている人たちは、その資格に頼ることなく起業する人たちです。

または、今している自分の仕事に活用するために新しく資格をとった人たちです。

 

なぜ、資格をとるのか?

自分は何をしたいのか?

資格をどのように活用するのか?

 

僕の観察では、民間資格を取得した人で続けている人は、実際にやってみる人が5割、3年続く人が3割、10年で1割の人が残るか残らないかです。

 

好きなことなら学ぶことオススメします。

仲間は増えるし、知識は増えるし、できることも増えます。

仕事になるかはまた別の話。

 

好きなことを仕事にする場合、お金は後からゆっくりとついてきます。

仕事になろうがなかろうが、好きなことに出会えた人は幸せですね。

 

【個人セッション】
■好きで起業コンサルティング
http://www.yoriyoku.com/source/consulting.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

【講座】
■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 


なぜ好きなことを仕事にしなければならないのか?

好きなことを仕事にする時に大切なことがあります。

それを仕事にする必要があるのか?

好き = 仕事

にしなければならないと勘違いすることです。

 

好きで起業コンサル上田正敏です。

好きで起業をするためになぜ?なぜ?シリーズが続きます。

 

「好きを起業する」というと好きをすべて仕事にしなければならないと勘違いする人がでてきます。

好きの中に、仕事になるものがあるというのが真実です。

図にするとこんな感じ。

好きの中に仕事になることがあります。

 

好きを仕事に「しなければならない。」と思っているだけでプレッシャーが大きくなります。

ストレスも大きくなってしまいます。

 

そもそも好きなことをするって、楽しいことだし、リラックスすることだし、満足することだし、ワクワクすることです。

「この感覚を持って仕事をしようよ。」というのが好きで起業するということです。

 

好きなことをしている時、あなたはどんな感情を感じますか?

この問いの答えを大切にしてもらいたいのです。

 

好きなことを仕事にする必要は必ずしもなく、好きなことをすることが大切です。

まずは、自分が好きなことを徹底的にやるということが大切です。

時間もお金もエネルギーも注ぐことが大切です。

まずは趣味からスタートです。

 

最初のステップはシンプルです。

好きなことをするということです。

だって頭で考えているだけはわからないんですよ。

自分の体を使って動かして、初めて感じることができるのが人間です。

もちろん想像でも感じることはできますが、それが現実と同じとは限りません。

 

仕事にするための、次のステップは、その好きなことをしていることを、周りの人たちに話すことです。

まだ仕事になる可能性があるだけで、ならないものも多くある段階です。

 

好きなことを話すことで、周りの人たちとつながりを作ることです。

語れるくらいに好きであることが重要です。

同じ趣味・嗜好を持っている人たちとつながることが大切です。

好きなことを好きな人たちと好きに語るって楽しいです。

その感覚を味わい尽くします。

 

いつでも感じることがポイントなのです。

 

3つ目のステップが、好きなことを分かち合ってみることです。

ここでもお金を意識しないでいいです。

仕事になるのか見極めの段階です。

 

仕事になるかならないのかの見極めは、相手に喜んでもらえるかどうかです。

喜んでもらえなければ、仕事になりません。

 

自分の好きをケチるって、楽しいでしょうか?

 

第2ステップの好きなことを話していれば、それを教えてとか、やってとか、頼まれることがでてきます。

その時に、分かち合うのです。

相手が喜んでもらえるレベルになっているのかがわかります。

 

もし、喜んでもらえない場合は、第一ステップの好きをやることを続ければいいのです。

好きなんだからできますよね?

 

もし、できないなら、それほど好きなことではないのかもしれません。

仕事にしたら、もっと落ち込むこともあるので、趣味レベルでいいのかもしれません。

それでも仕事にしたいなら、好きなことをしながら分かち合うことを、やり続ける必要があります。

 

好きなことをできることまでに高めて、さらに相手に喜ばれるまで高めるのです。

それができることだけが、仕事になります。

 

なぜ好きなことを仕事にしなければならないのか?

僕も答えは、続ける必要があるからです。

 

続けたいことに出会えたらラッキーですね。

ラッキーとはやり続けた人だけにやってくる幸運です。

自分の中にある、いろんな好きをやりましょう。

仕事なんて意識しないでね。

誰かの役に立つことが、仕事につながるという原理原則を心の片隅に。

 

誰の役に立たなくても好きなことをすればいいのです。

これが僕がいちばん大切にしていることです。

 

【個人セッション】
■好きで起業コンサルティング
http://www.yoriyoku.com/source/consulting.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

【講座】
■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


なぜ就職するのか?

あなたは、なぜ就職するのですか?

または

あなたは、なぜ就職したのですか?

 

あなたの答えは何でしょう?

 

好きで起業コンサルタント上田正敏です。

なぜ起業するのか?というブログに反響があったので続いて就職について書きます。

 

「好きなことで起業をしたい」と思ったら、まずは就職することを考えましょう。

 

今まで会社に就職して働き、その中で培ってきたスキルを使って独立する人は違います。

どうしてもあの人と働きたいという人がいるなら、そこに転職もありですが、そのまま起業して良いと思っています。

 

なぜ就職するのか?

 

僕の答えはシンプルで、誰かがみんなが食えるシステムを作っているからです。

いやゆる先人が作ってくれたビジネスモデルの中で、どうやったら起業できるのかを学べるからです。

 

僕も会社員をしていた時代がありますが、その頃は不平不満を持っていましたが、4000人以上を食わす仕組みを持っていました。

今となって、それはすごいことだと感心しています。

自分で起業すると不平不満が尊敬に変わるんだから不思議なものです。

 

ビジネスモデルは簡単にいえば、お金の流れです。

誰からお金をもらって、誰に払っていくのか。

とてもシンプルな構造です。

お金のインプットとアウトプットを考えたら、ビジネスモデルになります。

 

家計もビジネスモデルとして考えることが可能です。

子供でもお小遣いをもらって、自分でやりくりすることで自然とビジネスモデルのスキルを学ぶことができます。

 

会社に就職することで、このビジネスモデルを学ぶことができます。

ただ、僕の場合は研究所という特殊な環境にいましたので、ビジネスモデルから遠いところで働いていました。

起業して10年以上経ってから、会社ってすごいんだなと気づいたんですよね・・・

 

ITシステム開発からセラピストとして起業したのですが、できれば就職したかったのです。

どうやって仕事をするのか学びたかった。

でも、当時はなかったんです。

だから起業しました。

 

ただ幸運なことにうちの奥様は、セラピー会社の東京支社長でしたので、その経験がとても役立っていました。

有り難いことです。

 

いきなり起業する場合、ビジネスモデルも全部自分で考えなければなりません。

他者に手伝ってもらうにしても自分で選択をする必要があります。

その他にも、何が必要なのか全部一から作っていくことになります。

 

今の日本は、社員の教育は会社の仕事だという認識があります。

欧米では自分で選んで自分を育てていく必要があるらしいのです。

できなければ首というシンプルな構造なんだそうです。

 

日本では最初に入った会社に定年まで勤めるのが当たり前だったからでしょうか。

会社が教育してくれたのです。

今は変わってきていると聞いていますが、人気講師として起業研修している友人たちを見ていると、まだまだ企業が社員を育ているのはよくあることです。

 

お金ももらえて、学ばせてもらって・・・

なんてステキな環境なのでしょうか。

これが就職するメリットです。

ただ、自分で学ぼうという意識がなければ、何も学ぶことはできません。

不平不満を学ぶ意欲に変えてたら、きっとまた違う人生があったのかもしれないなと思います。

 

バイトも同じ視点みるとどうなるでしょうか?

ビジネスモデルの仕組みを知るならセブンイレブンに興味を持っています。

様々なビジネスモデルが複合的にからんでいます。

商品を売るだけでなく、宅急便や銀行や住民票やら料理やら様々なサービスがあります。

しかも効率的にシステム化がされている。

知ろうと思ったら様々なものが学べるでしょう。

 

もちろん、セラピストならセラピー業界へ就職。

研修講師なら研修業界へ就職。

同じ業種の人たちのところに就職するといいと思うのです。

学ぶために就職するのです。

バイトでもいいだろうし、お手伝いをするだけでも違います。

 

僕の場合は、就職先はありませんでしたが、アシスタントとしてボランティア参加させてもらったことがあります。

あの経験のお陰で今があるというくらいに貴重な経験になっています。

 

なぜ就職するのか?

 

いつでも理由を考えることが大切です。

自分の目的意識をはっきりさせるためです。

 

起業を考えている人も就職先があるならそれも選択肢のひとつに入れておくのもいいかもしれません。

 

それでも就職するのではなく起業したいという人にはサポートします。

【個人セッション】
■好きで起業コンサルティング
http://www.yoriyoku.com/source/consulting.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

【講座】
■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


記憶とは何だろう?

心理セラピーは、記憶を扱う仕事です。

セッション・ルームやワークショップなどの場で、起きている問題を扱うことはありません。

つまり、今ここで起きていることではなく、過去であり、どこかで起きている問題を扱います。

それは記憶が深く関係しています。

 

プロセラピストの上田正敏です。

人間がこの現実をどのように認識しているのか?

人間が過去をどのように記憶しているのか?

これ科学的にわかっていることは、まだ少ない分野です。

 

脳が関係している。

海馬が関係している。

神経細胞が関係している。

 

と様々な分野で研究は進んでいます。

でも、まだまだわかっていないことは多いのが記憶です。

時間の認知もまだまだわかっていない分野です。

SFなどの題材にもなっていて、可能性に満ちています。

 

僕ら心理セラピストは、科学的には仕組みはわかっていないけれど、こうやったら上手くいったよという結果を頼りに様々な技術が確立されています。

 

 

記憶される時に、情報の重み付けがされています。

見たもの、聞いたもの、触れたもの、匂いや味・・・

五感で感じたことをすべて記憶しているわけではありません。

感情によって重み付けがされています。

感情によって、何を記憶するのかが違うということです。

同じことを体験しても、それぞれ覚えていることが違うのは、その人の過去の経験からの知覚の違いがあるからです。

脳が記憶することを取捨選択しているということです。

 

記憶というものは、思い出すたびに再構築されていると言われています。

つまり、思い出すたびに書き換わっているということ。

思い出は美化されていることもあるし、また全く違っている場合もあります。

 

匂いや味を感じることで、原体験の風景が思い出されることもあります。

感覚的な刺激から記憶が呼び起こされたりすることもあります。

すっかり忘れていたことが鮮明に思い出されることがあるのです。

 

記憶とは何でしょうか?

 

自分が今日、明日を生きるのに邪魔になる記憶は変えたらいいのです。

記憶を変えるとは、事実を変えるということではありません。

事実は事実です。

起きてことを起きていないことに変えることはできません。

 

何ができるのかといえば、認識を変えることです。

起きたことから何を学んだかを変えることはできるのです。

 

人は出来事に意味づけをしています。

その意味づけを変えることはできるのです。

 

「親にあの時に叩かれた。ひどい。親のいうことなんか聞くもんか!」

 

この事実は、親が自分に触れたということ。

 

叩かれた、ひどい、親のことなんか聞くもんか、というのは意味づけです。

 

あの時に、親は叩こうとしたのではなく、助けようとしたんだな。

あの時に、親が叩いたのは、自分が危ないことをしたからだったんだな。

あの時に、親の言うことなんか聞くもんかと決めたけれど、それはやりすぎだったな。

などなど。

 

これは洗脳とは違いますので、クライアントさん自身が本当に思ったことしか変えることはできません。

セラピスト側が無理矢理に記憶を変えるということはできないのです。

これは人間が持つ選択の力です。

 

映画で記憶とは何かを考えてみるのもオススメです。

 













 

【講座】
■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

【個人セッション】
■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

 

 


親から自立すること@ザ・親子関係ワークショップ

人間関係の基礎は親との関係から生まれます。

幼年期の課題は、親からどれだけ受け取れるのか、

思春期の解題は、親から自立するかです。

 

週末に開催したザ親子関係ワークショップは実感を伴いながら知識を知恵に変えていく時間でした。

 

プロセラピスト上田正敏です。

参加者の皆様と作り上げるのがワークショップ。

いつも深い学びをありがとうございます。

 

家族関係の基本的な知識を共有してから、筋反射やロールプレイを使いながら家族関係を紐解いていきます。

人の数だけで人間関係の方法が違うし、家族の形態も違います。

何1つ同じことはありません。

 

心理学もすべての人にあてはまるということはなく、人に心理学をどのように合わせていくのかが鍵となります。

つまり豊富な知識と即興力が試される場となります。

例外だらけの中で一本筋を通せるかがセラピストとしては鍵となります。

 

参加者の皆さんが本来持っている力を引き出すことだけを考えているのが僕の仕事でもあります。

 

今回の気づきのひとつをシェアします。

それは自立ということ。

親からの自立です。

 

本来ならば、思春期にホルモンのバランスが崩れて、反抗期が訪れます。

その時に親離れや子離れをしていくのですが、これが起きないケースがあるのです。

良い子であり続けて自立できないパターンと悪い子になって一見自立しているように見えて親に頼りきりのパターンがあります。

自立とは経済的自立であり精神的自立でもあります。

 

親から自立できないと何が起きるのか?

 

それはコントロールされた関係性しか築くことができないということ。

支配する・されるという関係性と言ってもいいでしょう。

王様と奴隷のような関係です。

 

コントロールを手放すことが鍵となります。

 

コントロールを手放すとは、自発的に行動するということです。

誰から言われたからやるのではなく、自分がやりたいからやるということです。

 

思春期に親に隠れてやりたいことをこっそりとやったりするのと同じです。

ちょっと大人びたことをしたりしてね。

仲間から促されてやるのではないのです。

自分で選んでやることが重要です。

 

20歳までは親の影響は大きいけれど、30歳を超えてなんでもかんでも親のせいにするのは間違いです。

自分の人生の責任は自分で取る必要があります。

自己責任という言葉がありますが、誰も自分の責任をとってくれないのが真実です。

すべて自分が引き受ける必要があるのです。

 

自立をする方法として

  1. 自分で稼ぐ
  2. 一人暮らしをする
  3. 自分で考えて自分で選び自分で行動する
  4. 一人で行動する
  5. 親と和解する
ですね。

 

特に僕がオススメなのは一人登山です。

 

自然の中に一人で身を置くことで、内省することができる。

自分が持てる装備は、自分が持てるだけ。つまり選ぶ必要がある。

トラブルやアクシデントがあったとしても自分で対処する必要がある。

 

自立に必要な要素が盛りだくさんです。

古来からある大人になるためのイニシエーション(大人になった証としての通過儀礼)が含まれています。

 

飛行機のチケットだけをとって、一人での海外旅行もいいかもしれません。

宿は、毎日自分でやることを決めなくてはいけないし、現地で自分で予約しなくちゃいけないし、そこまでの移動手段を考えたり、現地の知らない人たちに頼らなくてはいけなかったりしますから。

 

親子関係って人間関係の基本です。

ここで何を学んだかが大人になってからの人間関係を作り出しています。

もし、それが気に入らないなら、自分を見つめて変えていく必要があります。

心の問題のほとんどが人間関係の問題ですから。

 

次回はエネルギー心理学講座です。
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

 

【講座】
■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

【個人セッション】
■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html


治療家なのか?強姦魔なのか?

治療家を英語でセラピストといいます。

英語表記で書くと Therapist。

これにスペースを入れるとどうなるのか?

The rapist。

日本語に訳すと強姦魔になります。

 

プロセラピスト上田正敏です。

僕のセラピーのメンターであるダニエル・ホワイトサイド氏が言った言葉です。

彼はセラピストという言葉は使わずにファシリテーターという言葉を使っていました。

癒しではなく教育だと言っていました。

癒すのは本人の力なのだから、僕らができることは教育なんだとね。

 

セラピストがクライアントにどこまで介入するのか?

 

そんな質問をいただきました。

その答えは、クライアントさんが望んだことしかやらないということです。

 

新しい技術を学ぶと人は使いたくなるもので、相手の許可なく、カウンセリングしたり、コーチングしたり、リーディングしたり、ヒーリングしたり、コンサルティングしたりしてしまいます。

そして相手に嫌な思いをさせることを一度は経験したことあるのではないでしょうか。

場合によっては、相手はトラウマになるくらい大きな傷を負うこともあります。

 

本当に勝手に介入してくる人いるんですよ。

そのことで、相手が悩んだり、傷ついたりすることがあるのです。

それを、セラピストの語源は寄り添うということだから、不必要な介入なのに、それが正しいと思い込んでいる場合があります。

寄り添っていないのです。

 

潜在意識が望んでいる?無意識レベルで望んでいる?

もしかしたら、そうかもしれません。

それでも、相手の意思を尊重することがとても大切です。

人間の尊厳の問題です。

 

同意があれば問題はありません。

許可が必要だということです。

それが相手に対する敬意というものです。

 

昨今のハラスメント問題にもつながります。

相手の意思に許可をもらうということが重要なのです。

 

強姦魔タイプの人の特徴は、コントローラーです。

相手をコントロールするために、相手の許可なく侵入してくることがあるのです。

自分を特別な人に見てもらいたい、カリスマ性を持ちたい、教祖のようにありたい。

そう、自分が権威者になりたいです。

これは意識的にしている人もいれば、無意識でしている人もいます。

 

セラピストの基本姿勢として大切なことは、権威はいつも自分自身にあるということです。

クライアントさんの権威はクライアントさんにあるのです。

これが対等の関係性というものです。

 

もちろんお客様は神様ではありません。

セラピストの権威はセラピストにあります。

お互いがお互いの権威を尊重しあうということです。

王様と奴隷の関係性ではないのです。

 

人を癒す技術と壊す技術は同じです。

技術は技術であり、良いも悪いもなく、正義も悪もなく、正しいも間違っているもありません。

技術をどう使うのかです。

for me で使うのか、for you で使うのか?

for us もありますね。

 

さて、今日もセラピスト講座です。

尊重をキーワードに楽しみましょう。

 

【講座】
■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/



【個人セッション】
■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html


深く深くただ深く自分を見つめるということ

週末は大阪でセッションキネシオロジー入門セミナーをしてきました。

今回はたまたまアプライドキネシオロジーを知っている人たちでしたので、筋反射の精度をさらに上げる方法や体と心のつながりにより焦点をあてて、潜在意識や深層心理へのアプローチもしていきました。

実際にストレスだったり、心理ブロックだったり、トラウマを解除したら、その人自身が本来持っている力を発揮しやすくなるのです。

時間をかけて磨いていく技術ではない、自分を見つめて心の部分を扱うことで、新たな成長が起きるのです。

心が変わるとすべてが変わるんですよね。

不思議なことなのですが、どれだけ自分の可能性を自分が閉じているかということなのかもしれません。

本来の自分でいるだけで天才なのかもしれないというのが僕の仮説です。

それを邪魔しているのも自分自身ということです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

大阪での個人セッションやセミナーにご参加いただきありがとうございます。

特に今回のセミナーは、作り込んだというよりも、その場で皆さんと作り上げたものになりました。

一期一会のセミナーとなりました。

 

詳細は守秘義務もありますので割愛します。

ライブでしか味わえないのが僕のセミナーの特徴です。

即興力というか瞬発力が鍛えられます。

 

セラピーは、自分を癒すプロセスが必要であり、できないことができるようになるためにはトレーニングも必要です。

筋反射テストを使って原因を探しだし、自分を癒すためのテクニックを使い、自分が目指す方向へのトレーニングをする。

 

出来ないと思っていることって、経験がないだけということもあるのです。

それには経験を積めばいいだけ。

安全なトレーニングできる場がセミナーなのです。

 

自分だけの問題だと思っていることって、実のところ、みんなの問題だということです。

僕自身は個人的な問題はないと思っています。

誰もが持っている問題だということ。

 

自分が問題を解決することができれば、周りの人たちの問題も解決していくのです。

人と人の心は見えない力でつながっているので、そんな連鎖が起きるのです。

これが影響力ということでもあります。

 

気づきの連鎖がとても心地よかったです。

みなさま、ありがとうございました。

次回は8月に大阪にいきます。

 

また会えること楽しみにしています。

 

■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 


クライアントはセラピストの鏡

対人関係の仕事をしている人に共通していることです。

お客さんは、自分自身の写し鏡なのです。

プロのセラピストな人は、これは大切にすべき概念のひとつです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

人間の99.8%は同じDNAだそうで、差はほとんどありません。

人類のルーツもイブというアフリカを出た人につながっていると言われています。

心理学者は、自分の中にある要素しか相手にみることはできないと言っています。

 

つまり、相手だと認識しているものは、自分自身だということ。

 

セラピストとして活動したばかりの人がよくいう言葉に

「本気で治す気のあるクライアントさんに来てもらいたい。」

というものがあります。

 

これ鏡の法則を使うとこういうことになります。

「本気で治す気のあるセラピストではない。」

ということになります。

 

全部、自分自身に跳ね返って来ます。

クライアントさんは、自分を教えてくれる鏡です。

お客様は神様ですとは思わないけれど、お客さんは自分自身を教えてくれるパートナーです。

 

人の振り見て、我が振り直せ。と先人は言っています。

誰か他人に見えていることは、自分にもその要素があるということ。

あいつのあれはダメだと笑っているうちは花。

あいつのダメなところは、自分のダメなところなのです。

自分がなおすべきところなのです。

 

自分自身が本気でいるのか?

本気ならその証拠に何をしているのか?

本気だったらどんな言動をしているのか?

本気だったら何をすべきなのか?

本気だったら何を与えているのか?

 

ひとつのバロメーターとして、本気の人には世間は優しいです。

人間は多様性の動物なので、100人いたら100人が味方になることはありません。

1人でも味方がいればいいのです。

本気度があがれば80人くらいの人から応援されるかもしれません。

最初はたった1人の応援者かもしれません。

いないかもしれません。

それでも、やるのか?

やった人にしか味方は現れないのです。

頭の中の幻想から体を使った現実に変換する必要があるのです。

 

本気は好きとか嫌いとかも越えていきます。

感情を超えて意図がハッキリとしてきます。

ひとつ上の視点で物事を見ている感じです。

 

シンプルにいえば、本気な行動を自分自身がするだけです。

 

クライアントさんに対して不満がある時。

お客さんに対して不満がある時。

それは自分自身を見つめ直す時なのかもしれません。

 

■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/